Windows Server 2008 SP2 (KB4524105) の .NET Framework 2.0、3.0、4.5.2、4.6 のセキュリティと品質のロールアップ

適用対象: .NET Framework

概要


この資料では、Windows Server 2008 SP2 の 2.0、3.0、4.5.2、4.6 の品質ロールアップを一覧表示します。

大事な

  • 2019 年 8 月以降、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2 SP1、および Windows 7SP1 用の .NET Framework 4.6 以降の更新プログラムには、SHA-2 コード署名のサポートが必要です。インストールの問題を回避するために、この更新プログラムを適用する前に、すべての最新の Windows 更新プログラムがあることを確認してください。SHA-2 コード署名サポートの更新の詳細については、KB 4474419を参照してください。
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) 用の .NET Framework 4.6 のすべての更新プログラムでは、d3dcompiler_47.dll 更新プログラムがインストールされている必要があります。この更新プログラムを適用する前に、含まれている d3dcompiler_47.dll 更新プログラムをインストールすることをお勧めします。d3dcompiler_47.dll の詳細については、KB 4019990を参照してください。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Add language packs to Windows」(英語情報) を参照してください。

この更新プログラムの関連情報


次の資料には、個々の製品バージョンに関連するこの更新プログラムに関する追加情報が含まれています。
  • 4507003Windows Server 2008 SP2 (KB4507003) の .NET Framework 2.0 および 3.0 のセキュリティと品質のロールアップの説明
  • 4507001Windows 7 SP1 および Server 2008 R2 SP1 および Server 2008 (KB4507001) の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティおよび品質ロールアップの説明
  • 4515854Windows Server 2008 SP2 (KB4515854) の .NET Framework 4.6 のセキュリティと品質ロールアップの説明

保護とセキュリティに関する情報