Windows Server 2008 SP2 用の拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) のライセンス準備パッケージ

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2

概要


この更新プログラムは、ESU MAK アドオンキーのインストールを有効にするためのライセンス変更の完全なセットを提供します。これは、拡張セキュリティ更新プログラムのインストールを準備するための手順の1つです。 手順の詳細については、「 KB4522133」を参照してください。 

以前に ESU キーをインストールしてライセンス認証を行ったことがある場合は、この更新を行った後に再インストールまたはライセンス認証を再実行する必要はありません。

その他の更新プログラムをインストールする前に、この更新プログラムを適用した後で再起動する必要があります。

ESU プログラムの詳細については、次のリソースを参照してください。

重要 この更新プログラムを適用する前に、「前提条件」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現時点では、この更新に影響を与える問題はまだ認識されていません。

この更新プログラムの入手方法


方法 1: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログの Web サイトにアクセスしてください。

方法 2: Windows Server Update Services

この更新プログラムはWindows Server update Services (WSUS)でも利用できます。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、次の更新プログラムがインストールされている必要があります。 Windows Update を使用している場合、これらの更新プログラムは必要に応じて自動的に提供されます。

  • この更新プログラムを適用する前に、2019年9月23日またはそれ以降の sha-1 更新プログラムをインストールしてから、デバイスを再起動する必要があります。Windows Update を使用している場合は、最新の SHA-1 更新プログラムが自動的に提供されます。SHA-1 更新の詳細については、2019 Sha-1 コード署名のサポート要件 (Windows と WSUS)
  • 2019年4月9日にインストールされているサービススタック更新 (SSU) (KB4493730) が必要です。最新の SSU の更新について詳しくは、ADV990001 |最新のサービススタックの更新。

重要以下の必要な更新プログラムをインストールした後、毎月のロールアップ、セキュリティ専用の更新プログラム、月間ロールアップのプレビュー、または単体更新プログラムを適用する前に、デバイスを再起動する必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後、デバイスを再起動する必要があります。

ファイル情報


ファイルの確認

ファイル属性

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。

参照情報


SSUs については、次の記事を参照してください。

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語を参照してください。