Microsoft Dynamics 365 9.0 の Service Update 0.14


はじめに


Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0 のサービス更新9.0.14 を利用できるようになりました。 この記事では、Service Update 9.0.14 に含まれている修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

詳細情報


更新プログラムパッケージ バージョン番号
Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0 のサービス更新プログラム0.14 9.0.14.12

組織にこの更新プログラムが適用されているかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認します。 右上隅にある歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報] をクリックします。

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム0.14 が利用できるようになりました。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Dynamics 365 (オンラインおよびオンプレミス) 更新プログラム0.14 パッケージをダウンロードします。

Service Update 0.14 では、次の問題が解決されます。

Fix ステートメントの末尾にある (*) は、この修復項目が複数のサービス更新プログラムに組み込まれていることを意味します。

修復した機能

次の一覧では、機能していないダイナミクスで解決される項目を解決する問題について説明します。

  • ドキュメントの場所レコードの作成時に、ワークフローまたはプラグインがトリガーされませんでした。
  • 重複する潜在顧客を作成すると、次のエラーメッセージが表示されます。 "現在のレコードの複製は既に存在しているため、レコードは作成または更新されませんでした。"
  • AreaSwitcher dropdown 内の前の領域への戻る矢印を選択すると、"エラーが発生しました" というメッセージが返されます。 この操作をもう一度お試しください... "より.
  • 統合インターフェイス内で表示しても、送信されたメールの件名のコンテンツは表示されません。
  • Save イベントステップを含む Web リソースが実行されていませんでした。
  • レポートの最後に実行されたスケジュールスナップショットにしかアクセスできませんでした。
  • セールスリードは、必要な権限を持つことができませんでした。
  • コマンドバーは、"カスタマイズ" 内の "ビュー" セクションに表示されませんでした。
  • 必須フィールドを示すアスタリスクは、テキストの右側ではなく、左側に表示されます。
  • アカウントのドキュメントリストビュー内のフォルダーを開こうとすると、"ファイルが見つかりませんでした" というエラーが表示されました。
  • [階層] が選択されているグリッドで親アカウントと子アカウントを表示すると、レイアウトが正しく表示されません。
  • 営業案件を作成するか、または web ロールをエンティティのアクセス許可に関連付けると、次のようなエラーメッセージが表示されます。 "アセンブリコンテンツ (9.0.1.0) は、予期されるアセンブリ id (9.0.0.0) と一致しません"

リリースリストに戻る