2020 年 8 月 1 日 - KB4562899 Windows 10 Version 2004 用の .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム プレビュー

適用対象: .NET

2020 年 8 月 1 日の Windows 10 Version 2004 用更新プログラムには、.NET 3.5 および 4.8 の累積的な信頼性の強化が含まれています。 定期的な保守ルーチンの一環としてこの更新プログラムを適用することをお勧めします。 この更新プログラムをインストールする前に、「必要条件」と「再起動の必要性」のセクションを参照してください。

品質と信頼性の強化


CLR1

- .NET Framework 4.8 の変更により、特定の EnterpriseServices シナリオに回帰が生じました。この問題により、シングルスレッド アパートメント オブジェクトがマルチスレッド アパートメントとして扱われ、ブロック エラーが発生します。 今回の変更により、シングルスレッド アパートメント オブジェクトが正しく識別されるようになり、このエラーが回避されます。

- Ngen ワーカー プロセスがクラッシュし、完全なネイティブ イメージにフォールバックする原因となる、IBC プロファイル データを含むアセンブリの問題を修正します。

- スレッド中止の配信中にまれに発生する可能性があるクラッシュを修正します。

SQL

- SqlBulkCopy.WriteToServer が原因で、メモリ内の SQL テーブルへのトランザクションが失敗する可能性があります。 クライアントで、"実行タイムアウトの期限が切れました。 操作完了前にタイムアウト期間が過ぎたか、サーバーが応答していません" というメッセージの例外が発生することがあります。 SqlBulkCopy.WriteToServer から、データを SQL Server に送信した後に Attention トークン (キャンセル メッセージ) を送信していたため、サーバーでメモリ内テーブルのトランザクションが中止されていました。

ASP.NET

- ASP.Net テレメトリ データで FIPS 準拠のハッシュを使用します。

- フォーム認証の "cookieSameSite" 属性の構成とセッション状態の構成セクションで、"未指定" が許可されていなかった問題を修正します。

WPF2

- WPF TextBox または RichTextBox でスペルチェックが有効な場合の問題 (たとえば、“etc.” と “e.g.” が誤ってスペルミスと識別されるなど) を修正します。

- .NET 4.8 上で実行されるモニターごとに対応の WPF アプリケーションの一部が、exceptionSystem.ComponentModel.Win32Exception でクラッシュすることがある問題を修正します。

- レンダリング時およびヒットテスト時と、測定時とで、TextBlock のリフローが異なる (改行の判断が異なる) 問題を修正します。 テキストの欠落、プログラムによるテキスト処理中に FailFast がクラッシュするなどの現象があります。

- HostVisual が間違ったスレッドでターゲットを切断することによって発生するレンダー スレッドの失敗に関する問題を修正します。

- ツリーが均一でない (指定されたノードの子が、サイズがまったく異なるサブツリーを管理するという意味) TreeView をスクロールしているときにハングする問題を修正します。

- ユーザー コードによって再入可能に閉じられたツールチップを閉じるときに発生する可能性があるクラッシュの問題を修正します。

- HwndHost がビジュアル ツリーを離れると、スタック トレースが作成されます。 これはコストが高く、通常は不要です。 ロジックが変更され、異常な状態が発生した場合にのみスタック トレースが作成されるようになりました。

- System.Speech.SpeechSynthesizer のメモリ リークを修正します。

- システム クリップボードが別のプロセスによってロックされている場合、DataGrid のコピー コマンドから例外がスローされます。 この結果、クラッシュします。通常、スタックには例外をキャッチするアプリ コードがないためです。 このような状況の場合、TextBox (さらに、メモ帳、Word、ブラウザーなどの他のアプリ) は警告なしで失敗します。クリップボードには何もコピーされませんが、例外は発生しません。 WPF アプリでは、この動作をオプトインできるようになりました。app.config ファイルで <appSettings> <add key="ShouldThrowOnDataGridCopyOrCutFailure" value="false"/> </appSettings> を設定してください。

- FixedPage ドキュメントの内部モデルを構築する際の問題を修正します。 選択やコピー/貼り付けなどの編集操作の場合に、一部のテキストが間違った順序で表示されていました。

WCF3

- NetTcpBinding または NetNamedPipeBinding を使用しているときに、NetworkCredential の username プロパティで username@dns.domain のような形式の UPN Windows ユーザー名を使用すると、WCF ではユーザー名と dns.domain が適切に分割されず、UserName プロパティと Domain プロパティに配置されます。 これはシナリオによっては無効であり、認証に失敗します。 今回の修正により、UPN ユーザー名を使用するときに資格情報の変更が削除されます。 AppSetting "wcf:enableLegacyUpnUsernameFix"を true に設定することで、変更を再度有効にすることができます。

.NET ライブラリ

- HttpListener のメモリ リークを修正します。

Windows フォーム

- DataGridView IsReadOnlyaccessibility 状態の問題を修正します。 ナレーターやその他のアクセシビリティ対応ツールでは、それに応じて読み取り専用セルの状態が読み上げられます。

- DataGridView ComboBox セルの種類を使用しているアプリケーションがレベル 3 のアクセシビリティをオプトインしている場合に、セルの編集中に断続的なクラッシュが発生する可能性があるという .NET Framework 4.8 の不具合を修正します。

- ClickOnce RFC3161 タイムスタンプ検証コードの問題を修正します。

Winforms のアクセシビリティの機能強化

今回のリリースでは、アプリケーションでオプトインできる新しいアクセシビリティの機能強化が追加されています。 既定では、これらの変更は無効になっています。 .NET 4.8 以前で導入されたアクセシビリティ機能をオプトインするアプリケーションでは、次の互換性スイッチをアプリケーションの構成ファイルに追加できます。

"Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false"

具体的に説明すると、アプリケーションが .NET 4.8 をターゲットにしている場合は、次の AppContextSwitchOverrides セクションを追加します。

<?xml version="1.0" encoding+"utf-8" ?>
<configuration>
<startup>
<supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Versionv4.8"/>
</startup>
<runtime>
<!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of key1=true|false;key2=true|false -->
<AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false" />
</runtime>
</configuration>

アプリケーションが以前のバージョンのフレームワークをターゲットにし、以前のリリースのアクセシビリティ機能をオプトインする場合は、1 つの "Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false" スイッチを既存の AppContextSwitchOverrides セクションに追加します。

<?xml version="1.0" encoding+"utf-8" ?>
<configuration>
<startup>
<supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Versionv4.7"/>
</startup>
<runtime>
<!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of key1=true|false;key2=true|false -->
<AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false"/>
</runtime>
</configuration>

今回のリリースに含まれる Winforms のアクセシビリティの機能強化は次のとおりです。

- 展開または折りたたまれた状態の PropertyGrid コントロール項目とカテゴリのスクリーン リーダーによる読み上げに関する問題を修正します。

- プロパティ グリッド コントロールとその内部要素のアクセシビリティ対応のパターンを更新しました。

- プロパティ グリッド コントロールの内部要素のアクセシビリティ対応の名前を、スクリーン リーダーで正しく読み上げられるように更新しました。

- PropertyGridView コントロールの四角形領域のアクセシビリティ対応のプロパティを修正します。

- DataGridView ComboBox セルの展開および折りたたみの状態を、スクリーン リーダーで正しく読み上げられるようにします。


1 共通言語ランタイム (CLR)
2 Windows Presentation Foundation (WPF)
3 Windows Communication Foundation

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update はい

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

Microsoft Update カタログ はい この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。
Windows Server Update Services (WSUS) なし

この更新プログラムは、手動で WSUS にインポートすることができます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロードしてください。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5 または 4.8 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法