2020年7月21日 KB4562900 の累積的な更新プログラムの 4.8 3.5 プレビュー: Windows 10 バージョン1903および windows Server 1903 RTM、Windows 10、バージョン1909、Windows Server、バージョン1909

適用対象: .NET

2020年7月21日、windows Server 1903 RTM、windows 10、バージョン1909、windows Server 1903 のバージョン1909には、.NET 3.5 と4.8 の累積的な信頼性の向上が含まれています。通常のメンテナンスルーチンの一部として、この更新プログラムを適用することをお勧めします。この更新プログラムをインストールする前に、 前提条件再起動の要件 に関するセクションを参照してください。

品質と信頼性の強化


CLR

-.NET Framework 4.8 での変更 regressed は、単一スレッドアパートメントオブジェクトをマルチスレッドアパートメントとして扱うことができ、ブロックエラーの原因となる可能性のある特定の EnterpriseServices シナリオを実現しています。 この変更により、シングルスレッドアパートメントオブジェクトが適切に識別され、このエラーが回避されるようになりました。

-IBC profile データを持つアセンブリの問題に対処します。これにより、Ngen ワーカープロセスがクラッシュし、完全なネイティブイメージにフォールバックバックします。

-スレッド中止配信中に発生する可能性のあるまれなクラッシュに対処します。

SQL

-SqlBulkCopy WriteToServer では、トランザクションがメモリ内の SQL テーブルに対して失敗する可能性があります。 クライアントに、"実行タイムアウトが経過しました" というメッセージの例外が表示されることがあります。 操作が完了する前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。 " SqlBulkCopy は、Sql Server にデータを送信した後にアテンショントークン (取り消しメッセージ) を送信しました。これにより、サーバーはメモリ内テーブルのトランザクションを中断します。

ASP.NET

-ASP.Net テレメトリデータで FIPS 準拠のハッシュを使用します。

-"未指定" が、[フォーム認証] と [セッションの状態の構成] セクションの ' cookieSameSite ' 属性の構成で許可されていない問題に対処します。

WPF両面

-WPF TextBox または RichTextBox でスペルチェックが有効になっている場合の問題と、"etc" などの単語は、スペルミスとして誤って識別されます。

-.NET 4.8 で実行されている監視対応の WPF アプリケーションの一部では、System.componentmodel.annotations でクラッシュすることがあります。

-レンダリング時とヒットテスト時に、または測定中に TextBlock が折り返し表示される問題に対処します。 この現象には、テキストの欠落が含まれており、プログラムによるテキスト処理中に FailFast がクラッシュします。

-間違ったスレッド上のホストのビジュアルがターゲットを切断したときに発生するレンダースレッドエラーの問題に対処します。

-ツリーが非均一である TreeView をスクロールしているときに発生する問題に対処します。指定された thata ノードの子ノードでは、サイズが大きく異なります。

-ユーザーコードによって entrantly 終了されたヒントを閉じるときに発生する可能性のある問題に対処します。

-HwndHost がビジュアルツリーを離れると、スタックトレースが作成されます。 これは料金が高く、通常は不要です。 これでロジックが変更され、異常条件が発生した場合にのみスタックトレースが作成されるようになりました。

-SpeechSynthesizer のメモリリークの対処方法を説明します。

-DataGrid の Copy コマンドは、システムのクリップボードが別のプロセスによってロックされている場合は、例外をスローします。 このエラーは、通常、スタック上に例外をキャッチするアプリコードがないためにクラッシュします。 この状況では、TextBox (およびメモ帳、Word、ブラウザーなどの他のアプリ) の動作は通知されません。クリップボードにはコピーされませんが、例外は発生しません。 WPF アプリでは、<appSettings> <add key = "ShouldThrowOnDataGridCopyOrCutFailure" 値 = "false"/> </appSettings>を app.config ファイルに設定して、この動作を有効にすることができます。

-FixedPage ドキュメントの内部モデルの構築の問題に対処します。 選択、コピー、貼り付けなどの編集操作で、一部のテキストが間違った順序で表示される。

WCF-

-NetTcpBinding または NetNamedPipeBinding を使用しているときに、またはを使用しているときに、NetworkCredential の username プロパティで、UPN の Windows ユーザー名を使用している場合、WCF でユーザー名とドメインのプロパティに username@dns 設定されたドメイン名と dns が誤って分割されます。 これは一部のシナリオでは無効であるため、認証に失敗する可能性があります。 この修正プログラムは、UPN のユーザー名を使用するときの資格情報の変更を削除します。 変更を再び有効にするには、AppSetting "wcf: enableLegacyUpnUsernameFix" を true に設定します。

Net Library

-HttpListener でのメモリリークの対処方法を説明します。

Windows フォーム

-DataGridView IsReadOnlyaccessibility state の問題に対処します: ナレーターおよびその他のアクセシビリティの高いツールは、それに応じて読み取り専用セルの状態を通知します。

-DataGridView ComboBox セル型を使用し、レベル3アクセシビリティに設定されているアプリケーションの場合、.NET Framework 4.8 の回帰を解決すると、セルの編集中に断続的にクラッシュが発生する可能性があります。

-ClickOnce RFC3161 タイムスタンプ確認コードの問題に対処します。

Winforms のアクセシビリティの改善

このリリースでは、アプリケーションでオプトインできる新しいアクセシビリティ機能の向上を追加しています。 既定では、これらの変更は無効になっています。 .NET 4.8 以前のバージョンで導入された アクセシビリティ機能にオプトイン されているアプリケーションは、次の互換性スイッチをアプリケーションの構成ファイルに追加できます。

"Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false"

具体的には、アプリケーションが .NET 4.8 をターゲットとする場合は、次のような Appcontextswitchoverrides セクションを追加します。

<?xml version="1.0" encoding+"utf-8" ?> <configuration> <startup> <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Versionv4.8"/> </startup> <runtime> <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of key1=true|false;key2=true|false --> <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false" /> </runtime> </configuration>

アプリケーションが旧バージョンのフレームワークをターゲットとしていて、以前にリリースされたアクセシビリティ機能のセットを選択している場合は、1つを追加します。 "Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false" 既存のに切り替える AppContextSwitchOverrides ここ

<?xml version="1.0" encoding+"utf-8" ?> <configuration> <startup> <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Versionv4.7"/> </startup> <runtime> <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of key1=true|false;key2=true|false --> <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false|Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.4=false"/> </runtime> </configuration>

このリリースに含まれる Winforms のアクセシビリティの改善は、次のとおりです。

-スクリーンリーダーによって展開された、または折りたたまれた状態の PropertyGrid コントロールアイテムおよびカテゴリのアナウンスに関する問題に対処します。

-プロパティ Grid コントロールとその内部要素のアクセシビリティパターンを更新しました。

-プロパティグリッドコントロールの内部要素のアクセシビリティ対応の名前を更新して、スクリーンリーダーで適切に通知します。

-PropertyGridView コントロールの境界四角形のアクセス可能なプロパティのアドレス

-スクリーンリーダーが DataGridView コンボセルの展開/折りたたみ状態を正しく読み上げることができるようにします。

 共通言語ランタイム (CLR)両面 Windows Presentation Foundation (WPF)- Windows Communication Foundation

この更新プログラムの既知の問題


Windows プレゼンテーションフレームワーク (WPF) 共通スレッドに属する2つ以上のホストされたビジュアル要素を使うアプリケーション。両方のホストビジュアル要素が、ほぼ同時にビジュアルターゲットから切断することを求められる場合は、次のエラーが表示され、メールが失敗します。

例外の種類: COMExceptionメッセージ: UCEERR_RENDERTHREADFAILURE (HRESULT 0x88980406)呼び出し履歴: 一番上のフレームは DUCE + チャネルの SyncFlush ()

回避策

問題のある修正プログラムを無効にするには、ここで説明したメソッドのいずれかを使用して、AppContext スイッチ "DisconnectsOnWrongThread" を true に設定します。  これにより、アプリが元のバグとして公開されるため、今後の更新プログラムを使用して修正プログラムを公開した後は、スイッチを削除する必要があります。

回避策 1

•1つのアプリケーションで問題のある修正プログラムを無効にするには、app.config ファイルに次のエントリを追加します。

<runtime>    <AppContextSwitchOverrides value="Switch.System.Windows.Media.HostVisual.DisconnectsOnWrongThread=true"/></runtime>

アプリケーションの構成に <AppContextSwitchOverrides> のエントリが既に存在する場合は、そのエントリ内に新しい設定を追加する必要があることに注意してください。

   <AppContextSwitchOverrides value="Switch.SomeOtherSwitch=true; Switch.System.Windows.Media.HostVisual.DisconnectsOnWrongThread=true"/>

回避策 2

•次のレジストリサブキーを適用して、コンピューター上のすべての WPF アプリケーションで問題がある修正プログラムを無効にします。 警告レジストリエディターまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更した場合、重大な問題が発生する可能性があります。 最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。 Microsoft は、これらの問題を解決できることを保証できません。 レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\.Netframework¥ Appcontext\Name: DisconnectsOnWrongThread のスイッチを指定します。種類: 文字列値: true

64ビットオペレーティングシステムでは、次の場所に同じ名前、種類、値のレジストリサブキーを適用する必要もあります。 HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Wow6432Node\Microsoft\.Netframework¥ Appcontext\

解決方法

弊社では、解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供しています。 

 

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムのインストール

リリースチャネル 使用可能 次のステップ
Windows Update と Microsoft Update あり

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定] に移動し > [ Windows Update> & セキュリティを更新する] を選び、[更新プログラムの確認] を選びます。

Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) なし

この更新プログラムは、WSUS に手動でインポートできます。 手順については、 Microsoft Update カタログ を参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されているファイルの一覧 については、 累積的な更新プログラムのファイル情報 をダウンロードしてください。

必要条件

この更新プログラムを適用するに は、.Net Framework 3.5 または 4.8 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法