現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

NetShell ユーティリティを使用して TCP/IP をリセットする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:299357
概要
インターネット接続の問題がある場合は、TCP/IP をリセットしようとすることができます。この資料では、howto のリセット TCP/IP について説明します。

解決方法
TCP/IP をリセットするには、次の手順を実行します。

手順を実行する管理者としてコンピューターにログオンする必要があります。

Windows 8 と Windows 8.1
  1. を開始 画面で、入力CMD.検索結果では、コマンド プロンプトを右クリックし、管理者として実行] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh int ip reset c:\resetlog.txt
    代わりに次のコマンドを実行、ログ ファイルのディレクトリ パスを指定したくないかどうかに注意してください。
    netsh int ip reset 
  3. コンピューターを再起動します。
Windows 7 および Windows Vista

  1. コマンド プロンプトを開くには、[開始] をクリックし、入力 cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスにします。
  2. [プログラム]、[CMD.exe] アイコンを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. ユーザー アカウント制御] ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh int ip reset c:\resetlog.txt
    <b>ログ ファイルのディレクトリ パスを指定しない場合は、次のコマンドを実行します。
    netsh int ip reset resetlog.txt
  5. コンピューターを再起動します。
Windows XP のため:
  1. コマンド プロンプトを開くには、開始] をクリックし、[実行] をクリックします。[名前] ボックスで、次のコマンドを入力し、し、ENTER キーを押します。
    cmd
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh int ip reset c:\resetlog.txt
    <b>ログ ファイルのディレクトリ パスを指定しない場合は、次のコマンドを実行します。
    netsh int ip resetlog.txt をリセットします。
  3. コンピューターを再起動します。

[リセット] コマンドを実行すると、TCP/IP で使用されるは、次のレジストリ キーが上書きされます。
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DHCP\Parameters
削除して、TCP/IP を再インストールすると同じ効果があります。手動コマンドを正常に実行するには、 netshのアクションを記録するログ ファイルの名前を指定する必要があります。(このログ ファイルと呼ばれるに前述の「手動の手順で"resetlog.txt」。)


詳細

NETSH INT IP の再設定のサンプル ログ ファイル

IP リセット コマンドとnetshが生成するログ ファイルのサンプルの発行を次に示します。実際のログ ファイルは、コンピューターの構成によって異なる場合があります。TCP/IP レジストリ キーが元の構成から変更されていない、ときに可能性がありますいないファイルに記録されるイベント。
reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dhcp\Parameters\Options\15\RegLocation            old REG_MULTI_SZ =                SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\?\DhcpDomain                SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TcpIp\Parameters\DhcpDomainadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\NetbiosOptionsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\NetbiosOptionsreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\NameServerList            old REG_MULTI_SZ =                10.1.1.2deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\EnableLmhostsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\AddressTypeadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DefaultGatewayMetricadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DisableDynamicUpdatedeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DontAddDefaultGatewayreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\EnableDhcp            old REG_DWORD = 0added   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\NameServeradded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\RawIpAllowedProtocolsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\TcpAllowedPortsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\UdpAllowedPortsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\DisableDynamicUpdatereset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\EnableDhcp            old REG_DWORD = 0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAddress            old REG_MULTI_SZ =                12.12.12.12deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationAddressdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationMaskdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationSeedreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\RawIpAllowedProtocols            old REG_MULTI_SZ =                0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\SubnetMask            old REG_MULTI_SZ =                255.255.255.0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\TcpAllowedPorts            old REG_MULTI_SZ =                0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\UdpAllowedPorts            old REG_MULTI_SZ =                0added   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\AddressTypeadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DefaultGatewayMetricadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DisableDynamicUpdatedeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DontAddDefaultGatewayreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\EnableDhcp            old REG_DWORD = 0added   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\NameServeradded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\RawIpAllowedProtocolsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\TcpAllowedPortsadded   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\UdpAllowedPortsreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DefaultGateway            old REG_MULTI_SZ =                10.1.1.2                reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DefaultGatewayMetric            old REG_MULTI_SZ =                0               added   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DisableDynamicUpdatereset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\EnableDhcp            old REG_DWORD = 0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAddress            old REG_MULTI_SZ =                10.1.1.1               deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationAddressdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationMaskdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationSeedreset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\NameServer            old REG_SZ = 10.1.1.2,10.1.1.3reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\RawIpAllowedProtocols            old REG_MULTI_SZ =                0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\SubnetMask            old REG_MULTI_SZ =                255.255.255.0               reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\TcpAllowedPorts            old REG_MULTI_SZ =                0reset   SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\UdpAllowedPorts            old REG_MULTI_SZ =                0deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\DontAddDefaultGatewayDefaultdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\EnableIcmpRedirectdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\EnableSecurityFiltersdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\SearchListdeleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\UseDomainNameDevolution<completed>Note In Windows Server 2003 Service Pack 1, you can use  the netsh winsock reset command to repair Winsock. 
詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
314067 Windows XP の TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法
811259 特定し、Windows Server 2003、Windows XP および Windows Vista で Winsock2 の破損から回復する方法
314053 Windows XP の TCP/IP および NBT の設定パラメーター

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:299357 - 最終更新日: 07/23/2016 01:47:00 - リビジョン: 24.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Basic, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1

  • kbhowto kbenv kbnetwork kbcip kbprodselector kbconsumer kbmt KB299357 KbMtja
フィードバック
p links" ms.cmpnm="corp">
.appendChild(m);