ユーザーのファイルへの「有効なアクセス」を表示しようとすると、「コード 0x80070057 パラメーターが正しくありません」エラーが発生する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3041857
Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 8 の場合、または Windows Server 2012 内のファイルにユーザーの「有効なアクセス」を表示しようとするときに発生する問題について説明します。Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 は、この問題を解決するにを使用して、 更新 参照してください。この更新プログラムをインストールする前にチェック アウトします 必要条件 セクションです。A 回避策 提供されます。

注: <b>この更新プログラムは、Windows 8 または Windows Server 2012 には適用されません。これらのシステムで潜在的な問題の解決方法に関するフィードバックを提供するにお問い合わせください。 マイクロソフトのサポート.
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • ファイルまたはファイル共有上のフォルダーにユーザーの「有効なアクセス」を表示するには、Windows エクスプ ローラーを使用します。
  • 非 Microsoft サーバー メッセージ ブロック SMB 3.0 のサーバー製品には、ファイルまたはフォルダーがあります。
  • フォルダーの汎用名前付け規則 (UNC) パスを入力します。などを入力します。 \\server\share.
このシナリオでは、要求が失敗した場合、および次のエラー メッセージが表示されます。
コード 0x80070057 パラメーターが正しくありません。
ただし、ファイル共有を最初のドライブ文字をマップする場合「有効なアクセス」アクセス許可が表示され、エラー メッセージが表示されません。
原因
この問題は、Windows エクスプ ローラーを NetShareGetInfo の呼び出しが返されるときに、サーバーによって返される正しく構造が NULL の所有者フィールドを含むために発生します。
この更新プログラムを入手する方法
この問題を解決するには、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の Windows Update および Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムをリリースしましたが。解決策では、省略された構造の存在を必要としないように Windows Authz を変更します。

重要: この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールしないでください。インストールした場合は、その言語に対する変更が適用されず、再度更新プログラムをインストールする必要があります。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されているオプションの Windows Update から更新プログラムとして。Windows Update を実行する方法の詳細については、次を参照してください。Windows Update から更新プログラムを取得する方法.

方法 2: マイクロソフト ダウンロード センター

次のファイルは、マイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8.1ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2ダウンロードパッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要 Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) の更新プログラムのロールアップを 2014 年 4 月 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報とメモ

重要: 同じパッケージには、Windows 8.1 修正プログラムおよび Windows Server 2012 R2 の修正プログラムが含まれます。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページの「Windows 8.1/Windows Server 2012 R2"下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.3.960 0.16xxxWindows 8.1 および Windows Server 2012 R2RTMGDR
    6.3.960 0.17xxxWindows 8.1 および Windows Server 2012 R2RTMGDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされているそれぞれの環境には、します。 別に一覧表示 。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Authz.dll6.3.9600.17796180,2242015 年 4 月-13-22:34x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の場合
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Authz.dll6.3.9600.17796275,9682015 年 4 月-13-22:37x64
Authz.dll6.3.9600.17796180,2242015 年 4 月-13-22:34x86
サポートされているすべての Windows RT 8.1 の
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Authz.dll6.3.9600.17796161,7922015 年 4 月-13-22:27該当なし

追加ファイル情報

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の追加のファイル情報
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8.1 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名X86_92e26f8aef62f02ea5afa6fa5cb29a0a_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_b1661a7e2d169e2a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ720
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)04:36
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-s.entication usermode_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_ceb8a9328ff45e38.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,489
日付 (UTC)2015 年 4 月-13-
時刻 (UTC)23:15
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての x 64 ベース バージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_5b0d33b5970731b635f52ec18a59bcfc_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_b997fca4a430ab73.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ724
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)04:36
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_92e26f8aef62f02ea5afa6fa5cb29a0a_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_0d84b601e5740f60.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ722
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)04:36
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-s.entication usermode_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_2ad744b64851cf6e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,491
日付 (UTC)2015 年 4 月-13-
時刻 (UTC)23:23
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-s.entication usermode_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_ceb8a9328ff45e38.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,489
日付 (UTC)2015 年 4 月-13-
時刻 (UTC)23:15
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての Windows RT 8.1 用の追加ファイル
ファイル名Arm_1c6e8729633e2881fec6fc038d7f18da_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_81451903e1df229f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ720
日付 (UTC)2015 年 4 月-14-
時刻 (UTC)04:36
プラットフォーム該当なし
ファイル名Arm_microsoft-windows-s.entication usermode_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17796_none_cebb1b8a8ff17cfe.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ2,489
日付 (UTC)2015 年 4 月-13-
時刻 (UTC)23:08
プラットフォーム該当なし
回避策
この問題を回避するには、共有フォルダーに Windows エクスプ ローラーを実行しているコンピューターからマップされたドライブを確立します。ユーザーは、マップされたドライブ上のリソースからのビューの有効なアクセスを選択する場合、ユーザーの有効なアクセス許可が表示し、問題は発生しません。
詳細
Windows エクスプ ローラーがサーバー名 (UNC パス)、ネット名、レベルと NetrShareGetInfo を呼び出してフォルダーの UNC パスに接続するとき: 502 です。サーバーの応答よりも。応答には、所有者フィールドを含むされた構造体が含まれています。された構造体の戻り値は必須ではあるが、[MS SRVS] プロトコルの仕様に従って、[所有者] フィールドはオプションですが。ただし、Windows Authz は存在している [所有者] フィールドに依存しています。これが原因で「有効なアクセス許可の表示] が失敗します。Windows は常に、[所有者] フィールドがいくつかのサードパーティ製のファイル サーバー製品は、ネットワーク共有のセキュリティ記述子に関連付けることができませんのでないの操作を行います。詳細については、 2.2.4.26 SHARE_INFO_502_I.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

Properti

ID Artikel: 3041857 - Tinjauan Terakhir: 08/17/2015 01:13:00 - Revisi: 5.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows 8 Enterprise, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows Server 2012 Datacenter, Windows 8 Pro

  • kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3041857 KbMtja
Tanggapan