現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新プログラムのロールアップ 7 のシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3066340
はじめに
この資料では、更新プログラムのロールアップ 7 の Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM) で修正される問題について説明します。3 つの更新はシステム センター 2012 R2 の VMM を使用します。サーバー、ゲスト エージェントは、1 つの更新プログラムと管理者コンソールの 1 つの更新プログラムの更新プログラムを 1 つ。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の VMM での更新プログラムのロールアップ 7 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップに追加される機能

  • 10 の Windows クライアント オペレーティング システムのサポート

    この更新プログラムをインストールした後は、プロビジョニングや、Windows の 10 クライアントの仮想マシン (Vm) をカスタマイズします。このサポートでは、Virtual Machine Manager のコンソールをインストールする 10 の Windows オペレーティング システムのクライアントには含まれません。

  • 新しい Linux オペレーティング ・ システムのサポート

    この更新プログラムをインストールした後は、プロビジョニングや、Debian の 8 Linux ゲスト オペレーティング システムとしてのカスタマイズします。

  • VMWare vCenter 5.5 管理シナリオをサポート

    更新プログラムのロールアップ 6、vCenter 5.5 の基本的な管理のシナリオのサポートを発表しました。VCenter および VMM の統合とサポート性の我々 の計画に基づいて、VMM コンソール内の vCenter インスタンスを管理するために広範なサポート ・ マトリックスを発表します。

    サポートされているシナリオの完全な一覧は、次のようにクリックします。 ここで.

  • 仮想ネットワークごとに複数の外部 IP アドレスのサポート

    今すぐ更新プログラム ロールアップ 7 がある場合は、単一の仮想ネットワークに割り当てられている複数の外部 IP アドレスまたはそれ以降のバージョンの VMM 環境にインストールされていることができます。

    更新プログラムのロールアップ 7 には、PowerShell を使用して、VMM での NAT の複数の IP アドレスを設定する機能が含まれています。この更新プログラムでは、ファブリック管理の VMM でサポートすることにより、スタックの上位レベルの機能を発生させます。

    この機能を使用する方法は?

    $natConnection = 追加 SCNATConnection の名前"NAT_Connection1_NatConnection"- VMNetworkGateway $VmNetworkGateway ExternalIPPool $externalIpPoolVar ExternalIPAddress「30.30.30.50」

    $natConnection = 追加 SCNATConnection の名前"NAT_Connection2_NatConnection"- VMNetworkGateway $VmNetworkGateway ExternalIPPool $externalIpPoolVar ExternalIPAddress「30.30.30.51」

    スタック内の深のすべての部分を調べた後、効果的で信頼性の高いソリューションの提供が追加の作業が必要ですし、1 つの UR リリースに入りきらないを実現します。したがって、段階的な方法で、HNV NAT ゲートウェイを使用して仮想ネットワークごとに複数の IP アドレスを設定する機能を提供することはお。

    VMM の将来の更新プログラムのロールアップは完全なスタックでプロパティを表示し、すべてを Windows Azure パック (WAP) の次の機能を提供します。

    • 新しい NAT 規則を追加すると、テナントここで既存の外部アドレスを使用したり、新しいパスワードを指定できます。
    • WAP 管理者がクラウド内のユーザーの役割ごとに有効になっている外部の IP アドレスの割り当て制限を設定することができます。
    弊社は、多数の要求を受け取りましたが、顧客からのフィードバックの量に基づいて、この機能があることを理解します。この機能のエンド ・ ツー ・ エンドのサポートを提供する予定です。
  • サービスまたは VM の役割に仮想マシンを再び関連付けますが孤立するオプション

    、サービス、または VM ロールの仮想マシンをホストしているホストを削除する必要があるが、ホストが VMM に recommissioned 後にそのサービスまたは VM の役割の仮想マシンを再び関連付けますの魔法の杖をウェーブにしたい場合は、更新プログラム ロールアップ 7 にするソリューションがあります。

    ここで関連付けを変更できる、孤立した仮想マシンのサービスまたは VM の役割をホスト サーバーは、VMM に recommissioned 後。

    詳細については、次のようにクリックします。 ここで.

  • VMM DHCP 拡張 PXE と TFP の転送のサポート

    仮想マシンまたはホストを設定するのには PXE に依存している管理者では、直接を VMM の DHCP の利用を拡張して、PXE ブートを実行できます。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 50 以上のホストの規模では、VMM サービスがクラッシュまたは、断続的に使用可能な例外をスローせずに応答を停止します。

  • HYPER-V ネットワーク仮想化 (HNV) ポリシーの配布は、断続的にホストには送信されません。効果は、そのホストでアクティブな Vm が VM ネットワーク内外を問わず、他の Vm へのネットワーク トラフィックを送受信することはあります。

  • ホストに (たとえば、15 以上) の多くの仮想スイッチが設定されているとき、ホスト リフレッシャーは完了するのには 1 時間以上を受け取ります。

    WSMan を取得する反復の呼び出しは、ネットワーク効率の向上を提供するよう最適化されています。

  • VM は、複数のパススルー ディスクを持つ仮想マシンの更新は、ホストの再起動に失敗します。再起動をするときにホストが断続的に接続されているディスクを交換し、VMM は場合によって、変更を処理しません。仮想マシンが使用できなくなった場合に発生します。

  • 仮想 machiness では、PortProfile の最大帯域幅、ホストでは 0 にリセットすることは反映されません。これは、仮想マシン上での最大値と最小の帯域幅の既定値が null のために発生します。これにより、変更をスキップします。

  • セルフ サービス ユーザーは、ジョブのウィンドウ内のジョブの名前が表示されません。SC GetJob コマンドは、空の名前になります。

  • サービスをスケール アウトでは、仮想マシンの名前を再利用することはできません。ウィザードをキャンセルし、スケール アウトのウィザードの最後の段階でコミットするのではなく、もう一度同じ手順を再試行する場合、ホスト上に展開されているサービスを拡大すると、ウィザードことはできません同一のコンピューター名を再利用します。

  • VMM コンソールを使用する空のソースのクラウドを削除しようとすると、この実際には削除されません、クラウドです。このような場合は、ジョブを終了します。ただし、クラウドは、コンソールには表示されます。

  • HNV 環境でゲストのクラスターのサービスも用意されて、外部の世界は、VM ネットワーク ・ ゲートウェイを使用して、サービスに接続します。ただし、ゲスト クラスターのフェイル オーバー発生すると、CA の IP フェイル オーバー) など、サービスは、不要になった到達。エラー メッセージでは、VMM のジョブ ヒストリに記録され、ゲートウェイのネットワーク ポリシーの更新が失敗したことを示します。

    参照レコードを参照してください (ゲストのクラスターがホストされる) CA のフェールオーバーが発生するためです。ただし、ゲートウェイ上で、レコードは更新されません。したがって、HNV 環境内での内部の通信動作しますが、外部への通信サービスが応答しません。

  • (ZHH) ではなく VMM の監視パックでの CHH として ZH-(香港) 言語ロケール (Hong 香港中国語) の不適切な文字列表現。これにより、ロケール (英語版) の文字列の表示操作マネージャー ZH-(香港) のロケールのコンソールで VMM 管理パックをインポートした後。

  • サービス インスタンスから仮想マシンを削除できません。仮想マシンを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    削除-SCVirtualMachine: サポートされていないクラスター構成状態であるために、VMM でバーチャル マシンを削除できません。(エラー ID: 809、詳細なエラー:)

    仮想マシンの状態を変更し、操作を再度実行してください。

    ジョブを再起動するには、次のコマンドを実行します。
    PS > 再開ジョブのジョブ (Get VMMServer qpg3-vmm001 |取得ジョブ |場所 {$_.ID の eq"{04de37e5-d61a-4385-8860-2cac72d44d63}"})
    行: 1 文字: 1
    + 削除-SCVirtualMachine-VM T01SQL0 ドル-強制的に
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo: ReadError: (:)削除-SCVirtualMachine、CarmineException
    + FullyQualifiedErrorId: 809,Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.Cmdlets.RemoveVMCmdlet


  • 並列テスト (TFO) のフェイル オーバーを実行すると、VMM にレプリケーション グループ (RG) のロックの問題が発生します。このような場合は、別の RG のロックを配置しようとすると操作は失敗します。

  • VM テンプレートの<name###>パターンを使用すると、仮想マシンの重複したコンピューター名が作成されます。仮想マシンを作成するときにこの例では、バーチャル マシンの展開が失敗した</name###>。

  • ストレージ プロバイダーの更新は失敗し、仕入先がリカバリ ポイント目標 (RPO) の値をサポートしているプロバイダーは、レプリケーションを管理する場合、英語以外の環境で「が正しくない書式を設定」例外が生成されます。ストレージ ・ プロバイダーは、更新することはできません。これには、プロバイダーの管理ができなくなります。

  • VMM コンソールでは、不規則にクラッシュして、おを返します。以前の軽減は、VMM を再起動するのにはでした。

  • Azure サイト回復 (ASR) を使用して保護されているクラスターの仮想マシンの動的最適化 (操作) を行うことはできません。これは、クラスターの負荷分散に影響します。

    また、次のエラー メッセージが表示されると呼び出されます。

    エラー メッセージ

    この問題は、任意の仮想マシンが仮想マシン上 (RPO とクラウドの場合) などのいくつかのクラウド属性が設定されているために、ASR を使用して保護されている場合に発生します。ですが、その雲の下にあるホストのクラウド関連の属性は表示されません。実行中にプライマリの仮想マシンを移行すると、クラウドの特徴をホスト上の配置を要求し、必要な属性が存在しないためにが見つからない、適切なホスト。

  • 動的最適化 (DO) では、新しい仮想マシンの容量制約を計算中に、回復クラウドで仮想マシンを停止したレプリカは無視されません。ある場合のホストにレプリカの仮想マシンを停止して、ホストにしない追加仮想マシンの移動をしない操作を行います。クラスターの負荷分散に影響を与えるこの可能性があります。

    この問題より多くの仮想マシンを任意のホストに仮想マシンのレプリカがある場合は、停止状態に対応するために"IgnoreMemoryForStoppedReplicaVM"のレジストリ キーが使用されるために発生します。シナリオには、このフラグも認めません。

  • ASR によって保護されているすべてのバーチャル マシンがある場合は、メンテナンス モードにクラスター ノードを配置することはできません。この状況では、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー メッセージ

  • ASR によって保護されている仮想マシンがクラスター内の移行は、VMM によって次の警告メッセージが表示されます。

    警告メッセージ

    このチェック ソフトのブロックだけで、実際の移行シナリオはブロックされませんが、ホストはゼロの評価の配置によって割り当てられます。これは、動的な最適化 (DO) の操作をブロックし、最終的に仮想マシンのライブ マイグレーションを防止します。

  • VMM のネットワーク サービスでネットワークの種類としてトランク VLAN を有効にするオプションでは使用できません。VLAN としてネットワークの種類を設定すると、これと、アウト ・ オブ ・ バンドが設定されている VLAN のトランクの設定を上書きするように VMM が原因します。

更新プログラムのプロセスを改善

  • 更新プログラムのロールアップ 7 では、前に、VM の更新プログラム ロールアップをインストールしたときに VMM コンソール表示されることが次のエラー メッセージ。

    次のエラーによりマネージ コード アドインのパイプラインを更新できませんでした。

    必要なフォルダー"C:\Program を System Center 2012\Virtual マシン Manager\bin\AddInPipeline\HostSideAdapters"は存在しません。

  • 更新プログラム ロールアップ 5 の削除によって、以前のバージョンに次のバイナリに戻すことはできません。

    Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.resources.dll


  • 昇格なしのモードで、以前の更新プログラムのロールアップをインストールする場合、IndigoTCPport のレジストリ値をリセットするのにはこれにより、します。8100 に手動で値を変更するのにはユーザーが必要です。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    場所システム Center Virtual Machine Manager 管理者の Console\Settings\IndigoTCPport 値が正しくないです。

この更新プログラムのロールアップで修正される更新プログラム ロールアップ 5 の問題

  • MSIInstaller イベント 1035年は、ホストの更新サイクル中に繰り返し発生します。
  • HyperVMeteringUsage 受信/送信には、ローカライズされた表示文字列はありません。
  • VM の作成ウィザードでは、使用率の予想] ボタンをクリックすると、期待どおりの結果は [ホストの選択] タブで表示されません。
  • 削除 CloudService VM の役割の f5 キーを押してロード バランサーを使用する場合、コマンドが失敗します。

この更新プログラムのロールアップで修正される更新プログラムのロールアップ 6 の問題

  • 管理コンソールのローカライズされたインストールは、VMM サーバーに接続しません。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Es 統合ソリューション トレーニングに「unerwarteter Fehler aufgetreten。Versuchen Sie erneut、auf ダイ Seite zuzugreifen。

    このメッセージは次のように変換されます。

    予期しないエラーが発生しました。ページにアクセスするには、再度実行してください。


入手してシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 7 をインストールする方法

ダウンロード情報

Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。
Microsoft 更新プログラム カタログ
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update <packagename>
たとえば、システム センター 2012年の Virtual Machine Manager サーバー (KB3066340) の更新プログラムのロールアップ 7 のパッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb3066340_vmmserver_amd64.msp

注: <b>VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップ 7 に更新するには、VMM コンソールとサーバーの両方の更新プログラムをインストールすることが必要です。について インストール、削除、または更新プログラムのロールアップを確認する方法 Virtual Machine Manager 2012 R2 です。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されるファイルのリストは、をクリックします。ここで.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3066340 - 最終更新日: 08/08/2015 09:09:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3066340 KbMtja
フィードバック