[MS15-115] Windows 用のセキュリティ更新プログラムについて 2015 年 11 月 10 日

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows の脆弱性を解決します。これらの脆弱性の最も深刻な状況では、攻撃者が特別に細工したドキュメントを開くようにユーザーを誘導した場合、または埋め込みフォントが含まれる信頼されていない Web ページに移動するようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-115 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムは、次の問題を解決するために、2015年11月11日にWindows 7 および Windows Server 2008 R2用にリリースされました。
  • 特定の電子メールの読み取り時に、サポートされているすべてのバージョンの Microsoft Outlook で発生するクラッシュの問題を解決します。
  • PowerPoint プレゼンテーションを開くときに、サポートされているバージョンの Microsoft PowerPoint で発生するクラッシュの問題を解決します。
  • Internet Explorer で特定の Web ページ (グループウェアの Web ページなど) を閲覧するときに、サポートされているバージョンの Internet Explorer で発生するクラッシュの問題を解決します。
  • ユーザーがシステムにログオンしている間に発生する問題を解決します。たとえば、ユーザーがコンピュータを再起動し、次にCtrl+Alt+Delete をログオン画面で押した場合、画面は点滅し、黒い画面となった場合に、ユーザーがそれ以上続行できない場合など。またはこの問題に関連したその他の類似のログオン時の問題も考えられます。

Windows 7 コンピューターにログオンできない問題の解決方法

前述の既知の問題のため、Windows 7 ベースのコンピューターにログオンできない場合、セキュリティの更新プログラム 3097877 をアンインストールしてから、Windows Update から最新の更新プログラムをすべてインストールすることをお勧めします。

以下のセクションでは、更新プログラムをアンインストールする方法を説明します。

オプション 1: デジタイザー デバイスを取り外す

Windows 7 コンピューターに接続されているデジタイザー デバイスがある場合は (Wacom デバイスなど)、そのデバイスを取り外してから、ログオンを続行します。ログオンしたら、Windows Update から最新の更新プログラムをすべてインストールします。

オプション 2: システムの復元機能を使用して最後の復元ポイントを回復する

  1. [システム回復オプション] にアクセスします。これを行うには、コンピューターを再起動して、Windows ロゴが表示される前に F8 キーを繰り返し押します。Windows ロゴが表示された場合は、再試行します。再試行するには、Windows のログオン プロンプトが表示されるまで待ってから、コンピューターをシャットダウンして再起動します。再起動の前には、すべてのフロッピー ディスク、CD、および DVD をコンピューターから取り出しておく必要があります。
  2. [コンピューターを修復する] を選択します。
  3. 言語を選択して、コンピューターにログオンします。

    : ローカル アカウントのパスワードが不明である場合は、Windows 7 DVD またはブート可能な USB メディアを使用して起動する必要があります。次に [システム回復オプション] にアクセスします。Windows 7 DVD またはブート可能な USB メディアを入手する方法については、次のマイクロソフト Web ページにアクセスしてください。
  4. メニューから [システムの復元] を選択します。
  5. 最後の復元ポイントに復元します。これにより、セキュリティ更新プログラム 3097877はアンインストールされます。
  6. 通常モードでコンピューターを再起動します。

方法 3: コマンド プロンプトでセキュリティ更新プログラム 3097877 をアンインストールする

  1. [システム回復オプション] にアクセスします。これを行うには、コンピューターを再起動して、Windows ロゴが表示される前に F8 キーを繰り返し押します。Windows ロゴが表示された場合は、再試行します。再試行するには、Windows のログオン プロンプトが表示されるまで待ってから、コンピューターをシャットダウンして再起動します。再起動の前には、すべてのフロッピー ディスク、CD、および DVD をコンピューターから取り出しておく必要があります。
  2. [コンピューターを修復する] を選択します。
  3. 言語を選択して、コンピューターにログオンします。

    : ローカル アカウントのパスワードが不明である場合は、Windows 7 DVD またはブート可能な USB メディアを使用して起動する必要があります。次に [システム回復オプション] にアクセスします。Windows 7 DVD またはブート可能な USB メディアを入手する方法については、次のマイクロソフト Web ページにアクセスしてください。
  4. メニューから [コマンド プロンプト] を選択します。
  5. コマンド プロンプトで、以下のコマンドを実行します。
    dism /image:C:\ /get-packages
  6. セキュリティ更新プログラム 3097877 に関する結果を検索します。


    : コンピューターのパッケージの名前はコンピューターのアーキテクチャに依存するため、 "x86" ではなく "amd64" など、上記とは異なる場合があります。

    搭載している Windows が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    827218コンピューターに搭載されている Windows オペレーティング システムが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法
  7. パッケージ名をコピーし、以下に示すように貼り付けます。
    dism /image:C:\ /remove-package /PackageName:Package_for_KB3097877~31bf3856ad364e35~x86~~6.1.1.1
  8. アンインストールが成功したことを示すメッセージが表示されます。
  9. 通常モードでコンピューターを再起動します。
更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-115 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。
詳細

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.0.6002.19xxx■REP■Windows Vista SP2 または Windows Server 2008 SP2SP2GDR
    6.0.6002.23xxx■REP■Windows Vista SP2 または Windows Server 2008 SP2SP2LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.0.6002.195252,068,48017-Oct-201514:24x86
Win32k.sys6.0.6002.238352,076,16017-Oct-201514:18x86
Gdiplus.dll5.2.6002.195251,748,99217-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll5.2.6002.238351,748,99217-Oct-201515:29x86
Gdiplus.dll6.0.6002.195251,839,61617-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll6.0.6002.238351,839,61617-Oct-201515:29x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.0.6002.195252,798,59217-Oct-201514:35x64
Win32k.sys6.0.6002.238352,801,15217-Oct-201514:47x64
Gdiplus.dll5.2.6002.195252,193,92017-Oct-201515:41x64
Gdiplus.dll5.2.6002.238352,194,43217-Oct-201515:34x64
Gdiplus.dll6.0.6002.195252,425,34417-Oct-201515:41x64
Gdiplus.dll6.0.6002.238352,425,85617-Oct-201515:34x64
Gdiplus.dll5.2.6002.195251,748,99217-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll5.2.6002.238351,748,99217-Oct-201515:29x86
Gdiplus.dll6.0.6002.195251,839,61617-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll6.0.6002.238351,839,61617-Oct-201515:29x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (IA-64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.0.6002.195256,699,00817-Oct-201514:25IA-64
Win32k.sys6.0.6002.238356,708,73617-Oct-201514:23IA-64
Gdiplus.dll5.2.6002.195254,913,15217-Oct-201515:23IA-64
Gdiplus.dll5.2.6002.238354,913,66417-Oct-201514:59IA-64
Gdiplus.dll6.0.6002.195255,268,99217-Oct-201515:23IA-64
Gdiplus.dll6.0.6002.238355,268,99217-Oct-201514:59IA-64
Gdiplus.dll5.2.6002.195251,748,99217-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll5.2.6002.238351,748,99217-Oct-201515:29x86
Gdiplus.dll6.0.6002.195251,839,61617-Oct-201516:00x86
Gdiplus.dll6.0.6002.238351,839,61617-Oct-201515:29x86

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.7601.18 xxxWindows 7 または Windows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.7601.23 xxxWindows 7 または Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.1.7601.190542,386,94403-Nov-201517:46x86
Win32k.sys6.1.7601.232592,395,64803-Nov-201517:50x86
Gdiplus.dll5.2.7601.190541,723,90403-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll5.2.7601.232591,723,90403-Nov-201518:44x86
Gdiplus.dll6.1.7601.190541,625,60003-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll6.1.7601.232591,627,13603-Nov-201518:44x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.1.7601.190543,211,26403-Nov-201517:55x64
Win32k.sys6.1.7601.232593,214,84803-Nov-201518:01x64
Gdiplus.dll5.2.7601.190542,294,27203-Nov-201518:56x64
Gdiplus.dll5.2.7601.232592,294,27203-Nov-201519:03x64
Gdiplus.dll6.1.7601.190542,166,78403-Nov-201518:56x64
Gdiplus.dll6.1.7601.232592,167,29603-Nov-201519:03x64
Gdiplus.dll5.2.7601.190541,723,90403-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll5.2.7601.232591,723,90403-Nov-201518:44x86
Gdiplus.dll6.1.7601.190541,625,60003-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll6.1.7601.232591,627,13603-Nov-201518:44x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.sys6.1.7601.190547,505,40803-Nov-201517:18IA-64
Win32k.sys6.1.7601.232597,513,60003-Nov-201517:21IA-64
Gdiplus.dll5.2.7601.190544,924,92803-Nov-201518:02IA-64
Gdiplus.dll5.2.7601.232594,924,92803-Nov-201519:12IA-64
Gdiplus.dll6.1.7601.190544,603,90403-Nov-201518:02IA-64
Gdiplus.dll6.1.7601.232594,605,44003-Nov-201519:12IA-64
Gdiplus.dll5.2.7601.190541,723,90403-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll5.2.7601.232591,723,90403-Nov-201518:44x86
Gdiplus.dll6.1.7601.190541,625,60003-Nov-201518:45x86
Gdiplus.dll6.1.7601.232591,627,13603-Nov-201518:44x86

Windows 8 および Windows Server 2012 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.2.920 0.17xxxWindows 8、Windows RT、または Windows Server 2012RTMGDR
    6.2.920 0.21xxxWindows 8、Windows RT、または Windows Server 2012RTMLDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.ptxmlNot applicable4,17211-Oct-201200:38Not applicable
Win32k.sys6.2.9200.175543,387,90417-Oct-201513:29x86
Win32k.ptxmlNot applicable4,17225-Jul-201220:33Not applicable
Win32k.sys6.2.9200.216713,375,10417-Oct-201513:22x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 および Windows Server 2012 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.ptxmlNot applicable4,17211-Oct-201200:37Not applicable
Win32k.sys6.2.9200.175544,063,74417-Oct-201513:28x64
Win32k.ptxmlNot applicable4,17225-Jul-201220:29Not applicable
Win32k.sys6.2.9200.216714,061,69617-Oct-201513:20x64
Wow64_win32k.ptxmlNot applicable4,17212-Feb-201300:14Not applicable
Wow64_win32k.ptxmlNot applicable4,17212-Feb-201300:09Not applicable

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.3.920 0.17xxxWindows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2RTMGDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。
注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 (x86 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.ptxmlNot applicable4,21321-Aug-201323:39Not applicable
Win32k.sys6.3.9600.180933,521,53617-Oct-201514:00x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 (x64 ベース)

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Win32k.ptxmlNot applicable4,21322-Aug-201306:44Not applicable
Win32k.sys6.3.9600.180934,176,38417-Oct-201514:19x64
Wow64_win32k.ptxmlNot applicable4,21321-Aug-201323:39Not applicable

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート
malicious attacker exploit
プロパティ

文書番号:3097877 - 最終更新日: 11/20/2015 10:59:00 - リビジョン: 13.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3097877
フィードバック