WinHTTP が Windows での既定のセキュリティで保護されたプロトコルとして TLS 1.1 および TLS 1.2 を有効にする更新プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3140245
この更新プログラムでは、トランスポート層セキュリティ (TLS) 1.1 および TLS 1.2 のサポートを Windows Server 2012 、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、および Windows Server 2008 R2 SP1 で提供します。
この更新プログラムについて
アプリケーションと WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS フラグを使用する Secure Sockets Layer (SSL) 接続に WinHTTP を使用して記述されているサービスは、TLS 1.1 または TLS 1.2 プロトコルを使用できません。このフラグの定義は、これらのアプリケーションおよびサービスに含まれていないためにです。

この更新プログラムでは、WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS フラグを使用する場合に使用する SSL プロトコルを指定するのにはシステム管理者を可能にする DefaultSecureProtocols レジストリ エントリのサポートを追加します。

WinHTTP 既定のフラグを使用して新しい TLS 1.2 またはアプリケーションの更新の必要なしでネイティブに TLS 1.1 プロトコルを活用して構築された特定のアプリケーションを許可するこのことができます。

これは、WebDav、WinRM では、そのを使用して、WebClient などのテクノロジを使用して SharePoint ライブラリまたは Web フォルダーでは、DirectAccess 接続を IP HTTPS トンネルからドキュメントを開くときにいくつかの Microsoft Office アプリケーションや他のアプリケーションの場合です。

この更新プログラムでは、手動で設定するパスの代わりにセキュリティで保護されたプロトコルの既定のフラグのアプリケーションの動作は変更されません。
この更新プログラムの入手方法
重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

方法 1: Windows Update

この更新プログラムが提供されている Windows Update での推奨される更新プログラムとして。詳細については、「Windows Update を実行する方法Windows Update から更新プログラムを取得する方法.

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft 更新プログラム カタログ

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールする必要があります。 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1.

Windows Server 2012 でこの更新プログラムを適用する前提条件はありません。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、 DefaultSecureProtocolsのレジストリ サブキーを追加してください。

<b>これを行うには、レジストリ サブキーを手動で追加したり、インストールします」簡単な解決策レジストリ サブキーを作成します。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。
詳細
支払いカード業界 (PCI) には、コンプライアンスのための TLS 1.1 または TLS 1.2 が必要です。

WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS フラグの詳細については、次を参照してください。 オプション フラグ.

DefaultSecureProtocols レジストリ エントリがどのように動作

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細についてを参照してください。 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法.

アプリケーションでは、WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS を指定する場合システムは、DefaultSecureProtocols レジストリ エントリを確認し、存在する場合は、レジストリ エントリで指定されたプロトコルで、WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS で指定された既定のプロトコルをオーバーライドします。レジストリ エントリが存在しない場合は、WinHTTP は Win WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS の HTTP の既存のオペレーティング システムの既定値を使用します。WinHTTP 既定値は既存の優先順位の規則に従うし、SCHANNEL が無効になっているプロトコルによって取り消され、WinHttpSetOption でアプリケーションごとのプロトコルを設定します。

<b>修正プログラム インストーラーは、DefaultSecureProtocols の値を追加しません。管理者は、優先プロトコルを決定した後、エントリを手動で追加する必要があります。または、インストールすることができます、「簡単な解決策」に、自動的にエントリを追加します。

DefaultSecureProtocolsレジストリ エントリは、次のパスに追加できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\WinHttp
X64-ベースのコンピューターで、 DefaultSecureProtocolsも Wow6432Node パスに追加する必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\WinHttp
レジストリ値は、DWORD のビットマップです。使用する値は、必要なプロトコルに対応する値を追加することによって決まります。

DefaultSecureProtocolsプロトコルが有効になっています。
0x00000008既定で SSL 2.0 を有効にします。
0x00000020既定で SSL 3.0 を有効にします。
0x00000080既定で TLS 1.0 を有効にします。
0x00000200既定で TLS 1.1 を有効にします。
0x00000800TLS 1.2 を既定で有効にします。
次に例を示します。

管理者が TLS 1.1 および TLS 1.2 を指定する WINHTTP_OPTION_SECURE_PROTOCOLS の既定値をオーバーライドしようとするとします。

TLS 1.1 (0x00000200) の値を取得する TLS 1.2 (0x00000800) の値、それらを加算 (プログラマ モード) では、電卓で、レジストリ値が 0x00000A00 であるとします。

簡単な解決策

自動的にDefaultSecureProtocolsのレジストリ サブキーを追加するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。

注:
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • いない場合に、問題があるコンピューターを簡単に修正プログラム ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、し、問題のあるコンピューターで実行します。

<b>だけでなく、 DefaultSecureProtocolsのレジストリ サブキーを簡単に修正プログラムはまた Internet Explorer の TLS 1.1 および 1.2 を有効にするために次の場所にSecureProtocolsを追加します。

TLS 1.1 および 1.2 を有効にするための 0xA80 の値を持つSecureProtocolsのレジストリ エントリは、次のパスに追加されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。
ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2

注:
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン 製品 マイルストーン サービス区分
    6.1.760 1.23xxxWindows 7 または Windows Server 2008 R2 SP1 LDR
  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションに一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
x86 Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Webio.dll6.1.7601.23375316,4162016 年 3 月-09-18:40x86
Winhttp.dll6.1.7601.23375351,7442016 年 3 月-09-18:40x86
ia64 Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Webio.dll6.1.7601.23375695,8082016 年 3 月-09-17:57IA-64
Winhttp.dll6.1.7601.23375811,5202016 年 3 月-09-17:57IA-64
Webio.dll6.1.7601.23375316,4162016 年 3 月-09-18:40x86
Winhttp.dll6.1.7601.23375351,7442016 年 3 月-09-18:40x86
x64 Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Webio.dll6.1.7601.23375396,8002016 年 3 月-09-19:00x64
Winhttp.dll6.1.7601.23375444,4162016 年 3 月-09-19:00x64
Webio.dll6.1.7601.23375316,4162016 年 3 月-09-18:40x86
Winhttp.dll6.1.7601.23375351,7442016 年 3 月-09-18:40x86

Windows Server 2012

注:
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は、次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン 製品 マイルストーン サービス区分
    6.2.920 0.21xxxWindows Server 2012RTMLDR
  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションに一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
x64 Windows Server 2012
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Webio.dll6.2.9200.21797587,7762016 年 3 月-08-15:40x64
Winhttp.dll6.2.9200.21797711,6802016 年 3 月-08-15:40x64
Webio.dll6.2.9200.21797416,7682016 年 3 月-08-16:04x86
Winhttp.dll6.2.9200.21797516,0962016 年 3 月-08-16:04x86

追加ファイル情報

x86 Windows 7
ファイルのプロパティ
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,138
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_431cdab002fb5e83e17b846b04fcaf65_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_43266eeed47e442d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ693
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_74b492584f59e56bd20ffc14c5e5ba0f_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_3e7a009385a3da4d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ695
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_5f3b2e545642f01b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,484
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)19:23
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_5ef020609ae7c078.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ50,395
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)19:21
プラットフォーム該当なし
ia64 Windows Server 2008 R2
ファイルのプロパティ
ファイル名Ia64_4d2eee3faf61ec5f12517a4957f4537f_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_2a392926b32c8fac.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,034
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_a7157a3864eb3625c6f2570464d8d82e_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_cc5980c8656c3813.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,038
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_5f3cd24a5640f917.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,486
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)18:59
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_5ef1c4569ae5c974.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ50,400
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)19:00
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,447
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:57
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_c5ae742a4301234c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,486
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)18:56
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_c563663687a5f3a9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ48,208
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし
x64 Windows Server 2012
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_9958f97250c31c67f643ef2fb115082b_31bf3856ad364e35_5.1.9200.21797_none_f923d4febdcecc46.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ699
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)17:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_d36ca06f7655111911d5d7858096c818_31bf3856ad364e35_5.1.9200.21797_none_a2ac544257eab672.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ699
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)17:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_f087a62cc82b760ae1e9fd7c56543a7b_31bf3856ad364e35_6.2.9200.21797_none_41ca502c248372a3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ697
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)17:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_f42986041442c9e99c4c4c4ae61a8e52_31bf3856ad364e35_6.2.9200.21797_none_d0b7a18b852fef62.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ697
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)17:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.2.9200.21797_none_b6359e29819a8949.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,527
日付 (UTC)2016 年 3 月-08-
時刻 (UTC)17:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.9200.21797_none_edbbc2f127740085.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ51,759
日付 (UTC)2016 年 3 月-08-
時刻 (UTC)17:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,795
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)17:46
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.2.9200.21797_none_c08a487bb5fb4b44.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,525
日付 (UTC)2016 年 3 月-08-
時刻 (UTC)16:28
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.9200.21797_none_f8106d435bd4c280.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ49,547
日付 (UTC)2016 年 3 月-08-
時刻 (UTC)16:28
プラットフォーム該当なし
x64 Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_6f902e1f26c1d885023f2728be29b310_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_4011a397f4e0c754.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ697
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_80b3c903f951066b9a3317caef015722_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_f4346c5570187f00.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,040
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_c2062bbf6a689a3048e6f61793b61cdd_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_5e1a5c9308b3bb64.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,036
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_d19a822d9b98f35a9157bafd2ad0441b_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_6f3e7f9a649df87a.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ699
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_ef2ea44ccf005d132e8a752d1e218e84_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_23e107a24a3a80ce.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ697
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_bb59c9d80ea06151.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,488
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)20:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_bb0ebbe4534531ae.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ50,407
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)20:03
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,774
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)21:58
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-webio_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_c5ae742a4301234c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,486
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)18:56
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft.windows.winhttp_31bf3856ad364e35_5.1.7601.23375_none_c563663687a5f3a9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ48,208
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)18:57
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3140245 - 最終更新日: 08/03/2016 17:09:00 - リビジョン: 8.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1

  • kbsurveynew kbfix atdownload kbexpertiseinter kbmt KB3140245 KbMtja
フィードバック