現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

不正なソフトウェアによる Windows またはソフトウェアの予期しない動作可能性があります。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:827315
現象
1 つまたは複数、次の現象が発生する可能性があります。
  • コンピューターを起動するときに、または多くの分間アイドル状態が続いたときに、web サイトの広告を表示するインターネット ブラウザーを開きます。
  • お使いのブラウザーを使用して web サイトを表示するときに web サイトの広告を表示するには、ブラウザーの別のインスタンスを開きます。
  • Web ブラウザーのホーム ページが突然変わる。
  • Web ページは、予期せず [お気に入り] フォルダーに追加されます。
  • 突然、新しいツールバーが web ブラウザーに追加されました。
  • プログラムを起動することはできません。
  • プログラムでリンクをクリックすると、リンクは機能しません。
  • お使いの web ブラウザーは突然終了または応答を停止します。
  • 開始するか、コンピューターを再開するには、非常に長い時間がかかります。
  • 他のプログラムまたは Windows のコンポーネントが機能しなくなります。
原因
「Grayware、」と呼ばれるスパイウェアなどの不正なソフトウェア コンピューターにインストールされている場合、この問題が発生します。この種のソフトウェアが付属してソフトウェアをインストールするか、ダウンロードした web コンポーネントに含まれている場合があります。
解決方法
この問題を解決するのを識別し、コンピューターからスパイウェアを削除してみてください。これを行うには、次の方法のいずれかまたはすべてが使用します。

注: <b>Microsoft Windows の複数のバージョンがあるため、次の手順はコンピューターによって異なる場合があります。場合は、これらの手順を完了するには、製品マニュアルを参照してください。

注: <b>など、Windows XP、Windows Vista または Windows 7 システムの復元機能を持つオペレーティング システムを使用する場合、次の手順を実行する前に、有効な復元ポイントを設定することをお勧めします。復元する、コンピューターの構成にすることが前に、変更した場合は、変更されないようにするには、復元ポイントを使用できます。

注: <b>アドウェア プログラムはインストールのための標準的なプラクティスに従わないことがあります。そのため、ソフトウェアが見つかりません、次の手順に記載されている場所に。

コントロール パネルのプログラムと機能を使用してください。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. プログラムをクリックし、[プログラムと機能] をクリックします。
  3. アンインストールまたは変更するプログラム、検索プログラムを認識しない、または予期しない現象の原因となっているプログラムに類似した名前を。

    注: <b>プレインストールされている一部のプログラムは不正なソフトウェアをできない場合があります。一部のプログラム可能性がありますがプレインストール コンピューターの製造元からの他のコンピューターにインストールされているソフトウェアの重要なコンポーネントがあります。コンピューターからプログラムを削除する場合は、注意を使用することをお勧めします。
  4. プログラムを削除するをクリックし、[アンインストール] をクリックします。プログラムを削除するには、画面に表示される指示に従います。コンピューターを再起動する必要があります。

組み込みプログラムの削除ツールを使用します。

プログラムと機能には、プログラムを削除するが表示されない、プログラムを削除するには、組み込みプログラムの削除ツールを使用することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [開始] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。
  2. を見つけてし、次のフォルダーを選択します。
    C:\Program Files (86)
    C:\Program Files
    注: <b>次のフォルダーは、64 ビット オペレーティング システムを実行しているコンピューターにしか存在しません。
    C:\Program Files (86)
  3. 両方のこれらのフォルダー内の検索を削除するプログラムの名前、または可能性があります、プログラム削除することにはが含まれているプログラムの名前を持つフォルダー。
  4. 開いている、専用フォルダー、し、プログラムを削除します (ファイルが存在する) 場合、プログラムの「アンインストール」のファイルをクリックします。Uninst.exe、アンインストール、またはアンインストールのファイルの名前などがあります。 専用.
  5. プログラムを削除する指示に従います。
注: <b>、削除するプログラムのフォルダーを検索するプログラムを削除するのには、「アンインストール」ファイルが見つからない場合は、フォルダーまたはフォルダーの内容は削除しないでください。フォルダーまたはフォルダーの内容を削除する場合は、する可能性がありますに悪影響をコンピューターのパフォーマンスと動作。たとえば、Windows を起動できません可能性がありますプログラムが起動せず、またはプログラムが実行を停止する場合があります。

ウイルス対策ソフトウェアを使用します。

一部のウイルス対策プログラムによって、いくつかの不正なソフトウェアを削除できます。ただし、すべてのウイルス対策企業は検出またはウイルスは異なるために、このソフトウェアを削除します。不正なソフトウェアを削除する方法の詳細については、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

ウイルス対策ソフトウェアの製造元への問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
49500ウイルス対策ソフトウェア ベンダーの一覧

自動削除ツールを使用します。

不正なソフトウェアを削除することがでくツールの詳細については、次のマイクロソフト安全 & セキュリティ センターの web ページを参照してください。
詳細
アドウェア、スパイウェア、および許可されていないアドウェアの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Microsoft のプライバシー ポリシーを表示するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 コンピューターを保護するのに役立つ方法の詳細については、マイクロソフトのコンピューターを保護するための web サイトを参照してください。
アドウェア スパイウェアの不正なソフトウェアのマルウェア

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:827315 - 最終更新日: 01/03/2015 09:38:00 - リビジョン: 5.0

  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 Service Pack 2
  • Windows Vista Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3
  • kbPubTypeKC kbwebbrowser kbprb kbmt KB827315 KbMtja
フィードバック
cript> 050&did=1&t=">cation.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");