オーディオまたはビデオのストリームを Windows Media サービスから Windows Media Player を使用しようとするときにエラー メッセージ:「指定されたプロトコルはサポートされていません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:940029
現象

問題 1

オーディオまたはビデオを Microsoft Windows Media サービスからストリームしようとすると、Microsoft Windows Media Player に次のようなエラー メッセージが表示される可能性があります。
指定されたプロトコルはサポートされていません。
注: <b>この問題は、ハード ディスク ドライブに保存されているコンテンツを再生するときには発生しません。

問題 2

Windows Media Player の [オプション] メニューの [ネットワーク] タブをクリックすると、何も起こりません。

問題 3

Windows Media Player ネットワーク タブで、「ストリーミング プロキシの設定] プロトコル一覧が空です。
原因
この問題は、次の条件のいずれかが true の場合に発生する可能性があります。
  • Wmnetmgr.dll ファイルの登録が解除されます。

    注: <b> Wmnetmgr.dll ファイルは、C:\Windows\System32 フォルダーにあります。
  • Wmsdkns.xml ファイルが壊れています。

    注: <b> ファイルは、Windows Media Player のネットワークの名前空間のファイルです。
  • Wmsdkns.xml ファイルが、不適切なアクセス許可を保持しています。
解決方法
この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

Administrators グループのアカウントを使用して、Wmnetmgr.dll ファイルを登録します。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
regsvr32 wmnetmgr.dll

方法 2

Windows Media Player を使用しているユーザー アカウントが、Wmsdkns.xml ファイルの変更アクセス許可を持っていることを確認します。

注: <b>Windows Vista で、ファイルにある、C:\Users\Userame\AppData\Local\Microsoft\Windows Media\11.0 フォルダーです。C:\Documents and Settings\ の Windows XP でファイルがあります。ユーザー名\Local Settings\Application 存在 Media\11.0 のフォルダーです。

方法 3

Wmsdkns.xml ファイルを削除します。それを削除すると、Windows Media Player は、Wmsdkns.xml ファイルを再作成します。
詳細

問題を再現する手順を実行します。

  1. Administrators グループのアカウントを使用して、Wmnetmgr.dll ファイルの登録を解除します。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    regsvr32 /u wmnetmgr.dll
  2. Windows Media Player を使用しているユーザー アカウントが、Wmsdkns.xml ファイルのアクセス許可の拒否権を保有しているかを確認します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:940029 - 最終更新日: 08/17/2015 00:54:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows Media Player 11

  • kbtshoot kbprb kbmt KB940029 KbMtja
フィードバック