現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows オペレーティング システムで構造化例外処理が上書き保護 (SEHOP) を有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:956607
2011 年 7 月 12 日に Windows Vista Service Pack 1 (SP1) の サポートが終了します。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を継続するには、 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) を実行していることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートが終了します。.
はじめに
Windows Vista の Service Pack 1、Windows 7、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のサポートを構造化例外処理が上書き保護 (SEHOP) を含めます。この機能は、攻撃を構造化例外ハンドラー (SEH) を使用する方法を上書きすることをブロックするものです。この保護機構は、実行時に提供されます。したがって、 /SAFESEHオプションなど、最新の機能強化と、コンパイルされているかどうかに関係なく、アプリケーションの保護に役立ちます。上記のオペレーティング システムのいずれかを実行している Windows ユーザーがシステムのセキュリティ プロファイルを向上させるために、この機能を有効にすることをお勧めします。

この資料では、この機能を有効にすることができます。

この機能を有効にすることに進んで、"私にとってそれを有効にします。"セクションに移動します。ではなくを有効にするこの機能手動で場合は、「自分で自分を有効"セクションに移動します。

メモ Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行している場合は、「 自分で自分を有効「Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の自動ウィザードがまだ利用できないのでセクション。
私にとってそれを有効にします。
この機能を自動的に有効にするには、この問題を解決するリンクをクリックします。、ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで、[実行を] をクリックし、このウィザードの手順を実行します。



注:
  • このウィザードは、Windows Vista の Service Pack 1 と Windows Server 2008 にのみ適用されます。
  • このウィザードは英語版のみ提供されています。ただし、自動修正他言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 問題のあるコンピューターと、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます、問題のあるコンピューターで実行することができます。
私たちはお客様からのフィードバックを歓迎します。フィードバックを提供するまたはこのソリューションでは、問題を報告するには、してくださいにコメントを記入します 「を修正」のブログ、皆様からのフィードバック、 電子メール メッセージ。
自分で自分を有効
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
既定では、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 で SEHOP は有効です。既定では、Windows Vista および Windows 7 で SEHOP は無効です。SEHOP を手動で有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し、ENTER キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel\DisableExceptionChainValidation
    メモ 宣言DisableExceptionChainValidationレジストリ エントリの下にすることはできませんする場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel\
    サブキーを作成する手順します。
    1. カーネル新規作成] をポイントして [ DWORD 値] をクリックします。
    2. タイプ DisableExceptionChainValidation、し、ENTER キーを押します。
  3. DisableExceptionChainValidationをダブルクリックします。
  4. [Ok]をクリックして、それを有効にするのには 0 に、 DisableExceptionChainValidationレジストリ エントリの値を変更します。

    メモ 1 の値は、レジストリ エントリを無効にします。0 を指定できます。
  5. レジストリ エディターを終了します。

既知の問題

SEHOP を有効にした後に Cygwin、Skype、Armadillo で保護されたアプリケーションの既存のバージョンが正しく動作しない可能性があります。

メモ この問題を解決するには、更新プログラムをソフトウェア ベンダーに連絡します。
参照

SEH の悪用を防止するを上書き

上書き SEH の悪用を防止するために使用できる手法について、次の知識のない Web サイトを参照してください。 この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。
fixit 修正更新セキュリティ修正プログラム security_update セキュリティ バグ問題脆弱性悪意のある攻撃者悪用レジストリが認証されていないバッファー オーバーラン オーバーフロー スコープの細工した特別な細工サービス拒否 DoS TSE WinNT Win2000

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:956607 - 最終更新日: 03/16/2014 05:06:00 - リビジョン: 6.0

, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  • kbfixme kbmsifixme kbexpertiseinter kbbug kbsecvulnerability kbsecbulletin kbsecurity kbexpertisebeginner kbmt KB956607 KbMtja
フィードバック
var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("