新しい Microsoft Edge  を使用するときに、Microsoft Defender SmartScreen は、報告されたフィッシング詐欺サイトとマルウェア サイトを特定するのに役立ち、情報に基づいてダウンロードの判断をするのにも役立ちます。 SmartScreen は 3 つの方法でユーザーを保護します。

  • Web を閲覧するときに、ページを解析して、疑わしいかどうかを判断します。 疑わしいページを発見すると、SmartScreen は警告ページを表示して、ユーザーの情報提供を受け付け、注意して進むようアドバイスします。

  • SmartScreen は、ユーザーがアクセスするサイトを、報告されたフィッシング詐欺サイトおよび悪意のあるソフトウェア サイトの動的な一覧と照合します。 一致が見つかった場合、SmartScreen は警告を表示して、安全のためにサイトがブロックされたことを知らせます。

  • SmartScreen は、Web からダウンロードしたファイルを、報告された悪意のあるソフトウェア サイトおよび既知の安全でないプログラムの一覧と照合します。 一致が見つかった場合、SmartScreen は、安全のためにダウンロードがブロックされたことを警告します。 SmartScreen は、ダウンロードしたファイルを、よく知られており、Internet Explorer を使う多数のユーザーによってダウンロードされているファイルの一覧とも照合します。 ダウンロード中のファイルがその一覧にない場合、SmartScreen は警告を行います。

閲覧したサイトについて SmartScreen が警告していますが、それが安全なサイトである場合、どうすればいいでしょうか。

警告ページから、このサイトが安全であることを報告できます。 [詳細情報] を選び、[このサイトに脅威が含まれていないことを報告] リンクを選んで、Microsoft のフィードバック サイトにアクセスし、指示に従います。

今後 SmartScreen が警告する必要があると思われるサイトを訪問した場合は、[ツール] ボタンをタップまたはクリックし、[セーフティ] をポイントして、[安全でない Web サイトを報告する] を選ぶことで、Microsoft に報告できます。

SmartScreen のオンとオフを切り替えることはできますか?

ほとんどの場合は可能です。 職場や学校のネットワークなどの場合、この設定はシステム管理者によって管理されている場合があり、その場合には設定は変更できません。 

新しい Microsoft Edge で SmartScreen のオンとオフを切り替えるには:

  1. [設定など] [設定][プライバシーとサービス] の順に選択します。

  2. [サービス] まで下にスクロールし、[Windows Defender SmartScreen] のオンとオフを切り替えます。

SmartScreen はポップアップ ブロックとは違うのですか。

はい。 SmartScreen は、訪問したサイトとダウンロードしたファイルにセキュリティ上の脅威がないかチェックします。 これに対してポップアップ ブロックは、ポップアップの大半をブロックします。ポップアップは、通常は広告であり、悪意があるものとは限りません。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×