オンライン会議と電話会議のオプションを設定する

オンライン会議と電話会議のオプションを設定する

オンライン会議をスケジュールするときに、[会議のオプション] ダイアログボックスを使用して、参加者が会議に参加するまでの時間、会議中に発表者の権限を持つユーザー、会議の出席者に対して許可されている参加のレベルを判断することができます。

組織外の人とのオンライン会議をスケジュールする場合、または会議情報を多数のユーザーと共有することが想定されている場合は、「ロビーで待機する必要のないユーザー」のオプションを変更することをお勧めします。発表者が会議への参加を許可されている人をモデレートすることができるようにするには、[すべてのユーザー (制限なし)] を [組織内のすべてのユーザーに許可する] にします。

注: これらのオプションは、Skype for Business を使用するか、電話で発信してオンライン会議に参加するユーザーに適用されます。

オンライン会議のオプションを設定する場所

Outlook を起動する

  1. Outlook のカレンダーで、[新しい Skype 会議] をクリックします。

    Outlook の [新しい Skype 会議] ボタン

  2. [会議] ウィンドウで [会議オプション] をクリックします。

    Outlook の [会議オプション] ボタン

ロビーで待つ必要のない参加者

ロビーは、出席者が会議への参加を許可されるまで待つ仮想的な場所です。 次のオプションがあります。

ロビーで待たずに会議に直接参加する人を選択

結果

推奨される場合

[会議の開催者である自分のみ]

自分のみが会議に直接参加できます。 他のすべてのユーザーは、入室を許可されるまで待機してください。

高度なセキュリティを要する会議と機密情報を扱う場合。

会社内から招待した人

招待されたユーザーのみが会議に直接参加できます。 他のすべてのユーザーは、許可されるまで待機する必要があります。

機密情報についての話し合いで、特定のユーザーのみ参加できるようにする場合。

[同じ組織のユーザー]

会社内のすべてのユーザーが、招待されていなくても、会議に直接参加できます。

外部からの参加者がおらず、機密情報についての話し合いでない場合。

[すべてのユーザー (制限なし)]

(既定のオプション)

会議のリンクにアクセスできるすべてのユーザーが会議に直接参加できます。

外部からの参加者を招待しており、機密情報を話し合っていません。

会議室、会議室、システムアカウントなどのリソースアカウントは、ロビーオプションの動作が少し異なります。

オプション

結果

[会議の開催者である自分のみ]

リソースアカウントは、許可されるまでロビーで待機する必要があります。

会社内から招待した人

リソースアカウントは、許可されるまでロビーで待機する必要があります。

[同じ組織のユーザー]

リソースアカウントは、許可されるまでロビーで待機する必要があります。

[すべてのユーザー (制限なし)]

リソースアカウントは、会議に直接参加できます。

発表者になるユーザー

発表者のオプションでは、会議のスケジュールを設定するときに発表者の特権を自動的に許可する参加者を制御します。 また発表者は、ユーザーを会議のロビーで待機させることができます。 次の表で、各オプションについて詳しく説明します。

発表者のオプション

発表者になるユーザー

説明

会議の開催者である自分のみ

会議のスケジュールを設定したユーザーのみ

参加者が会議の内容を操作する必要がないプレゼンテーションの場合。 (会議中に追加の発表者を指定できます。)

選択したユーザー

あなたとあなたが選んだ参加者

複数の発表者によるプレゼンテーション用

同じ組織のユーザー

(既定のオプション)

ネットワーク上にアカウントを持つすべての招待者

参加者が組織内のユーザーであり、会議の内容を共有および変更できるグループ ワーク セッション用。

すべてのユーザー (制限なし)

招待した相手全員

ネットワーク上にアカウントを持っていないユーザーによるグループ ワーク セッション用。

[発表者の選択] をクリックし、招待するユーザーのうち、だれを出席者または発表者にするかを指定します。 この一覧に名前を表示するには、招待するユーザーを会議出席依頼に既に追加していることが必要です。

参加を制限しますか

Skype for Business 会議への参加には、インスタントメッセージの送受信、会話、ビデオの視聴などが含まれます。 参加オプションは、出席者にのみ影響します。一部の出席者に対して、他の参加者の参加を許可することはできません。 他のユーザーが会議に参加する必要がある場合は、発表者にします。

IM を無効にする

会議中に出席者がインスタント メッセージを送受信しないようにする場合

すべての出席者をミュートにする

出席者から質問を受けないで、発表者が発表を行いたい場合

出席者のビデオをブロックする

出席者に発表中のビデオを表示しない場合

通知サウンドのオフ/オンを切り替える

ユーザーが会議に参加したり退出したりするときにビープやチャイム音が聞こえないようにするには、通知サウンドをオフにすることができます。 詳細については、「着信音と効果音のオプションを設定する」を参照してください。

関連項目

Skype for Business 会議で使用する添付ファイルのプリロード

Outlook で Skype for Business 会議を設定する

Skype for Business 電話会議を開始する

Skype For business および Microsoft Teamshttps://docs.microsoft.com/SkypeForBusiness/audio-conferencing-in-office-365/set-up-audio-conferencingの電話会議をセットアップする

Skype For Business Online の電話会議用の電話番号

Skype for Business 会議のオプションを設定する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×