設定を使用してデータベースを開いた場合の処理を指定した Microsoft Access データベース、これらの設定をバイパスして、データベースへのフル アクセスを再び回復できます。 たとえば、[Access のオプション] ダイアログボックスから、または AutoExec マクロを作成するか、Open データベースを使用して現在のデータベースのオプションを イベント プロシージャ。 データベースにスタートアップ オプション設定がある場合、この記事ではデータベースをバイパスする方法について説明します。

すべてのスタートアップ オプションをバイパスするには、次の手順を実行します。

  • Shift キーを押しながらデータベースを開く。

データベースのマクロのセキュリティ設定によっては、起動時に 1 つ以上のセキュリティ メッセージが表示される場合があります。

注: Shift キーを押しながらすべてのセキュリティ メッセージを閉じる必要があります。または、起動オプションがバイパスされません。

Shift キーを押しながらデータベースを開いた場合、[Accessのオプション] ダイアログ ボックスの [現在のデータベース] ページで設定されているオプションの多くはバイパスされます。 これらのオプションを変更するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。 

    [Access のオプション] ボックス が開きます。

  2. [ カレント データベース] をクリックし、現在のデータベースの設定を変更します。

注: 変更を有効にするために、データベースを閉じてもう一度開く必要がある場合があります。

次の表は、[カレント データベース] ページの各設定と、Shift キーを押しながらデータベースを開いた場合の動作を示しています。

オプション グループ

設定

スタートアップ オプションがバイパスされた場合の動作

アプリケーション オプション

[アプリケーション タイトル]

カスタム アプリケーションのタイトルは表示されません。

[アプリケーション アイコン]

カスタム アプリケーション アイコンは表示されません。

[フォームの表示]

指定されたフォームは表示されません。フォームのイベント プロシージャは実行されません。

Web 表示フォーム

指定された Web フォームが存在する場合にのみ使用できます。 使用可能な場合、指定された Web フォームは表示されません。フォームのイベント プロシージャはいずれも実行されません。

ナビゲーション

[ナビゲーション ウィンドウを表示する]

このオプションが選択されていない場合でも、ナビゲーション ウィンドウが表示されます。

リボンとツール バーのオプション

[リボン名]

指定されたカスタム リボンは表示されません。

[すべてのメニューを表示する]

リボンのすべての既定のタブは、設定に関係なく表示されます。

[既定のショートカット メニュー]

設定に関係なく、すべての既定のショートカット メニューが表示されます。

カレント データベースのオプションを設定する方法の詳細については、「一元管理された場所から現在のデータベースのユーザー オプションを設定する」 を参照してください

AutoExec という名前の Access マクロをデータベースに追加すると、通常、このマクロはデータベースを開くたび実行されます。 スタートアップ オプションをバイパスすると、AutoExec マクロは実行されません。

データベースに複数のユーザーが存在する場合は、ユーザーがスタートアップ オプションをバイパスするのを防ぐ方法があります。 バイパス (SHIFT) キーを無効にするには、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用して AllowBypassKey プロパティを False に設定 します

AllowBypassKey プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

True

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避できるようにします。

False

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避することを禁止します。

このプロパティは、既定のコードまたは VBA マクロ 使用して設定できます。

マクロを使用 して AllowBypassKey プロパティを設定するには、次の方法でプロパティを作成する必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb) で、CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、Database オブジェクトの Properties コレクションにその作成したプロパティを追加することで、プロパティを追加できます。

  • Microsoft Access プロジェクト (.adp) で、Add メソッドを使用することで、CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションにプロパティを追加できます。

AllowBypassKey プロパティの設定は、次にアプリケーション データベースが開くまで有効になっていません。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×