クエリを使ってデータを管理する

外部結合でクエリを作成する

Surface Book デバイスの写真

演習

クエリでは、1 つのテーブルからはすべてのレコードを表示し、別のテーブルからは一致するレコードを表示したいという場合があります。 これを行うには、外部結合を作成します。

内部結合では、結合された両方のデータ ソース内に一致する ID が存在する場合にのみデータを表示します。 たとえば、製品と販売量を表示する場合は、"製品" テーブルと "受注明細" テーブルとの間に内部結合を作成します。 クエリを実行すると、注文が発生した製品のみ (すなわち、両方のテーブルに表示される製品) が返されます。

これに対し、外部結合では、1 つのデータ ソースからすべてのデータを返し、別のテーブルまたはデータ ソースから一部のデータを返します。

たとえば、まだ売れていない製品を表示するには、"製品" テーブルからは製品 ID を、"受注明細" テーブルからは一致する注文 IDを返すクエリを作成します。 "受注明細" テーブル内に一致するレコードがない製品は、"注文 ID" フィールドに値が含まれていない製品名を返します。

左外部結合と右外部結合

外部結合で、含まれているすべてのレコードを表示するテーブルは、ベース テーブルと呼ばれています。 一部のレコード (一致したレコード) のみを表示するテーブルは、セカンダリ テーブルと呼ばれています。

[結合プロパティ] ダイアログ ボックスには、各種の結合で表示される内容が記述されます。

3 つのテーブルと各テーブルの結合プロパティを示すスクリーンショット

顧客が購入した製品を表示するクエリを作成したと仮定します。 出力フィールドは、"製品名" フィールド、"注文 ID" フィールド、"数量" フィールドです。

  1. 内部結合。 両方のテーブルの結合されたフィールドが等しい行 (レコード) のみを含めることができます。たとえば、注文が関連付けられている製品のみです。

  2. 左外部結合 テーブルのすべてのレコードを [左側のテーブル名] に、[テーブル名] の下にあるテーブルのレコードだけを追加します。たとえば、すべての注文は、結合されたフィールドが同じで、商品が関連付けられている注文の数量と製品 id だけです。

  3. 右外部結合。 それらの製品に対する注文がない場合でも、"注文 ID" フィールドと "数量" フィールドには空白値が表示される)。

これらの例からわかるように、左側に配置されている表と、右側にあるテーブルのどちらが、クエリウィンドウでのテーブルの配置方法とは実際に異なる場合があります。 クエリからどのデータを取得するかを理解するには、[結合プロパティ] ダイアログボックスでテキストを慎重に確認します。

1. データ ソースを追加する

  • [作成]、[クエリ デザイン] の順に選択します。

必要なすべてのテーブルとクエリをデータソースとして追加します。 (ご安心ください。 1つを忘れた場合でも、後でデータソースを追加する機会があります。)

データ ソースが検出または推測されると、Access によって、データ ソースのリレーションシップが表示される場合があります。

2. 結合を追加する

  • ソース間のリレーションシップが表示されない場合は、結合を追加します。 一方のデータ ソース内にある目的のフィールドを、別のデータ ソース内の対応するフィールドまでドラッグします。 フィールドのドラッグ元のテーブルは、[結合プロパティ] ダイアログ ボックスで左側に表示されます。 既定では、Access は内部結合を作成します。 外部結合が必要な場合は、結合の種類を変更します。

    2 つのテーブル間の結合のスクリーンショット

3. 結合を変更する

  1. 変更対象の結合を表す線をダブルクリックします。

  2. [結合プロパティ] ダイアログ ボックスで、外部結合を作成するために、2 番目または 3 番目のオプションを選択します。 [OK] を選択します。

    どのテーブルがベース テーブルであるかご注意ください。そのテーブルからはすべてのレコードが表示されます。

    左のテーブルの名前が強調表示された結合プロパティのスクリーンショット

4. クエリを実行する

クエリを作成するための一般的な手順に従い、出力フィールドを追加し、抽出条件を追加し、クエリを実行または保存します。 詳細については、「基本的なクエリの作成」をご覧ください。

さらに詳しく

基本的なクエリの作成

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×