ピボット列 (Power Query)

テーブル内の列をピボットするには、列の一致する値を集計して、新しいテーブルの向きを作成します。 テーブルは最初に、最初の列の値によって昇順で並べ替えます。 

ピボットの概念を視覚化する

ピボットする場合は、2 つの元の列を取得し、新しい列の交差ポイントを表す新しい属性値ペアを作成します。

  • 属性 1 つの元の属性列の同じ値 (左側の緑色) は、複数の新しい列 (右側の緑色) にピボットされます。

  • の非請求列の値 (左側の青) は、対応する新しい列 (右側の青) に値として分散されます。

この手順で使用するサンプル データを次に示します。

[列のピボット] の結果

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. ピボットする列を選択します。 この例では、[日付] を 選択します。 この列の一意の値が新しい列と列見出しになります。

  3. [ピボット列>変換] を選択します。 

  4. [ピボット列 ] ダイアログ ボックスの [値の列] ボックスの 一覧、[Amt] を選択します

  5. [詳細 オプション] を選択し、[集計値関数 ] を選択します。 この例では、[合計] を 選択します。 

    使用できるオプションは、集計しない、カウント(すべて)、カウント (空白ではない)、最小値最大値中央値合計および平均です。 

    ヒント    値のないセルをカウントしない場合は、[カウント] (空白ではない) を選択します。 たとえば、列に 10 個のセルが含み、2 つが空白の場合、カウントは 8 になります。

  6. [OK] を選択します。

結果

のテーブルの Date 列がピボットされ、国と新しい各日付列の共通部分にある元のAmt列からすべての値の合計が取得されます。

[列のピボット] の例

この手順で使用するサンプル データを次に示します。

集計を使用してピボットする前のデータの例

集計できない列や値を集計しない列を操作している場合は、集計なしで列をピボットできます。

  1. クエリを開く場合は、Power Query Editor から以前に読み込まれたクエリを探し、データ内のセルを選択し、[クエリ] を選択して 、[編集]>します。 詳細については、「クエリの作成、読み込み、または編集」を参照Excel。

  2. ピボットする列を選択します。 この例では、[位置] を 選択します。 この列の一意の値が新しい列と列見出しになります。

  3. [ピボット列>変換] を選択します。 

  4. [ピボット 列] ダイアログ ボックスの [値の列] ボックスの一覧で 、[製品] を 選択します

  5. [詳細 オプション] を選択し、[集計値関数 ] を選択します。 この例では、[集計しない ] を選択します。 

  6. [OK] を選択します。

結果

集計を行う必要がないピボット後のデータ例

テーブルの [位置] 列がピボットされ、国と新しい位置の各列の共通部分にある元の製品列から値が取得されます。

この例では、"ピボットと列の集計" セクションの例を使用しています。

[列のピボット] の結果

[日付] 列をピボットする場合は、[値の列] ボックスの一覧で[Amt]を選択し、[詳細オプション] で [集計値関数] に [集計しない] を選択すると、次のエラー メッセージが表示されます。

"Expression.Error: 列挙型の要素が多すぎて操作を完了する必要はありません"。

このエラーは、[集計しない]オプションが、複数の値ではなく、国と日付の共通部分に対して返される 1 つの値で動作するように設計されている場合に発生します。

このエラーは、今すぐ表示されない場合があります。 最初に定義したデータの条件によって、交差ポイントに 1 つの値が作成されます。 将来の更新操作の後、データの条件が変更され、交差ポイントで複数の値が可能になりました。 これが発生した場合は、ピボット コマンド を集計 と一緒に使用できます。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

列のpivot解除 (Power Query)

ピボット列 (docs.com)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×