フォント ライセンスの制限について

Publisher に含まれているフォントにはライセンスの制限はありません。つまり、文書に埋め込み、どこでも印刷できます。 ただし、Publisher に含されないフォントは制限される場合があります。

Microsoft Office Publisher ファイルを印刷サービスに持ち込む場合、文書を正しく印刷するには、印刷サービスに文書で使用したフォントが必要です。 埋め込みできないフォントを使用している場合、印刷サービスはフォントを読み込み、文書を印刷できません。 代わりに、フォントを購入するか、別のフォントに置き換える必要があります。

コンピューターにインストールされているフォントは、特定の用途のために製造元からライセンスを取得しています。 たとえば、フォント ライセンスでは、フォントを使用してモニターに表示し、デスクトップ プリンターで印刷することができます。ただし、文書の保存時に、ライセンスによってフォントの埋め込みが制限される場合があります。

Publisher では、TrueType フォントのみを埋め込む必要があります。 文書を開き、[ファイル] > [情報] > 埋め込みフォントの管理] をクリックして、文書で使用した TrueType フォントのライセンス制限を確認できます。 制限付きフォントを使用した場合は、制限されていないフォントに変更するか、印刷サービスにアドバイスを求めるかのいずれかです。

次の表は、ライセンスの制限と、ライセンスが別のコンピューターまたは印刷サービスでの文書の操作に与える影響を示しています。

フォント ライセンス

フォント ライセンスの説明の意味

ライセンスが印刷サービスに与える影響

プレビューのみ

このフォントを埋め込む方法はできますが、文書を別のコンピューターで編集した場合、それらの変更を保存することはできません。

印刷サービスでは、Microsoft Publisher ファイルを開き、文書に変更を加えることができますが、変更を保存することはできません。 このフォントを制限されていないフォントに変更してください。

埋め込み時

このフォントは埋め込みできます。 最適な結果を得る場合は、このライセンスの説明でフォントを使用します。

印刷サービスでは、このフォントを読み込み、このフォントを使用して文書に変更を加え、変更を保存できます。

埋め込みできない場合があります

このフォントは埋め込めできません。

印刷サービスのコンピューターにフォントがインストールされていない場合、Microsoft Windows では別のフォントを使用してテキストが表示されます。 選択したフォントを使用するには、印刷サービスがフォントを購入するか、別のフォントに置き換える必要があります。 このフォントを制限されていないフォントに変更してください。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×