時間の経過と共に、ブックは使用しない非表示の情報を含むセルを収集できます。 これらのセルにはデータはありませんが、書式設定、空白、または印刷以外の文字が含まれているため、スペースを占有します。

その結果、これらのセルの数が多すぎると、ブックの速度が低下したり、応答しなくなる可能性があります。 パフォーマンスチェック機能を使用して、これらのセルを見つけて削除できます。  

  1. [確認>パフォーマンスの確認] を選択します。

    パフォーマンスを確認する

  2. [ブックのパフォーマンス] ウィンドウには、ブックで使用されるセルの数と、最適化できるセルの数が表示されます。 [ すべて最適化 ] ボタンをクリックすると、ブック内のすべてのセルがクリーンアップされます。

    ブックのパフォーマンス

  3. クリックすると、特定のシート上の最適化可能なセルに関する特定の詳細が表示されます。 [ シートの最適化 ] ボタンは、その特定のワークシートのセルのみをクリーンアップします。

    セルのパフォーマンス

警告:  ブックにピクセル アート専用の 1 つまたは複数のシートが含まれている場合は、シートの最適化またはすべて最適化を使用しないでください。 ピクセル アートを含むセルは削除されます。 Excelピクセル アート セルと、データのない不要な書式設定されたセルを区別できません。  [シートの最適化] または [すべて最適化] を使用した場合は、[元に戻す] を使用してこれらのセルを回復します。 

注: グリッドに表示される不要な書式設定されたセルの数と、作業ウィンドウで識別された最適化するセルの数の間に、小さな違いがある場合があります。 これは、 Check Performance によって、セル数を表示するときにグリッドに表示される不要な書式設定されたセルに関連付けられた追加の内部セル データ構造を識別して削除するためです。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×