モバイル デバイスを使って SharePoint サイトを構成する

SharePoint サイト管理者として、モバイルデバイスのブラウザーでの SharePoint サイトの表示方法を指定できます。 ここでは、モバイル ブラウザー ビューの機能、複数のデバイスに正しく表示されるようにサイトを設定する方法、自動通知のセットアップ方法について説明します。 モバイルデバイスで SharePoint サイトを表示する方法については、「モバイルデバイスを使用して SharePoint サイトを操作する」を参照してください。

モバイルビューと PC ビュー

モバイルデバイスを使用すると、モバイルビューと pc ビューのいずれかの種類のビュー (一部の SharePoint サイトと 職場または学校の OneDrive ライブラリ) を選ぶことができます。 PC ビューでは、ページの上部にナビゲーションリンクが表示されます。 モバイル ビューの場合、サイトはデバイスに合わせた形式で表示されます。

デバイスでモバイル ビューをお試しいただくには、以下の手順に従ってください。

  1. デバイスで SharePoint サイトを開きます。

  2. サイトの右上隅で、[Office 365 の [設定] ボタン設定] をタップし、[サイトの設定] をタップします。

  3. [サイトの操作] の [サイト機能の管理] をタップします。

  4. モバイルブラウザービューアクティブに設定します。 既定の設定は [アクティブ] です。

モバイルビューに戻すには、[Office 365 の [設定] ボタン設定] をタップして、[モバイルビュー] をタップします。

一部のサイトは、モバイル ビュー オプションを表示するよう自動的に設定されています。 その他のサイトについては、モバイル ブラウザー ビュー機能をアクティブにする必要があります。

モバイル ブラウザー ビューをアクティブにする

最適化されたモバイルブラウザーを使用してスマートフォンにレンダリングするように SharePoint サイトを構成できます。 設定するには、サイトのモバイル ブラウザー ビュー機能をアクティブにします。 この機能をアクティブにすると、モバイル ブラウザー ビューでは、デバイスのブラウザーが HTML5 をサポートしているかどうかを判断します。 サポートしている場合、サイトはモバイル ビューで表示されます。 そうでない場合、ユーザーがコンピューターに表示する内容に似たクラシックなエクスペリエンスを使ってサイトが表示されます。

すべての SharePoint サイトでモバイルブラウザービューを有効にする必要はありません。 以下のサイト テンプレートを使ってサイトを作成した場合、この機能は既定で有効になっています。

  • コラボレーションテンプレート: チームサイト、空のサイト、ドキュメントワークスペース、グループワークサイト、Visio プロセスリポジトリ

  • 会議テンプレート: 一般的な会議ワークスペース、空の会議ワークスペース、意思決定の会議ワークスペース、イベントの会議ワークスペース、複数ページの会議ワークスペース

  • エンタープライズテンプレート: ドキュメントセンター、レコードセンター、ビジネスインテリジェンスセンター、基本検索センター、FAST 検索センター

他のすべてのサイト テンプレートの場合は、明示的に機能をアクティブ化する必要があります。 [サイトの操作] の [サイトの設定] でモバイルブラウザービューアーをアクティブ化または非アクティブ化し、[サイトの機能を管理する] を使用できます。

モバイルブラウザービューの詳細については、「 SharePoint 2013 のモバイルビューを計画する」を参照してください。 サポートされているモバイルデバイスの一覧については、「 SharePoint 2013 でサポートされているモバイルデバイスのブラウザー」を参照してください。

デバイス チャネルを使って複数のビューにサイトを表示するようセットアップする

デバイスチャネル機能は、1つのサイトを作成し、そのサイトのコンテンツを作成するより複雑な SharePoint サイトに適していますが、コンテンツをマップして、デバイスやデバイスのグループに固有の異なるマスターページとスタイルシートを使用するようにします。 デバイスチャネル機能を使うと、同じページレイアウトとページレイアウトを使って、さまざまなデバイスチャネルに異なるコンテンツを表示することができます。 この作業は通常、Web の開発者またはデザイナーが行います。 デバイス チャネルはサイトの発行でのみ使えます。

デバイスチャネルの種類とサイトでの使い方の詳細については、「モバイルデバイスと sharepoint 2013 の概要」および「sharepoint 2013 ページモデルの概要」を参照してください。

通知を設定して変更内容を通知する

職場から離れていていも、生産性が必ずしも低下するわけではありません。 他のユーザーが SharePoint リストまたはアイテムを変更した場合に通知するように通知を設定することで、サイトまたはそのコンテンツに加えられた変更について通知を受け取ることができます。

モバイルデバイスでこの手順を使用するには、[設定Office 365 の [設定] ボタン ] メニューの [ PC ビューに切り替える] をタップします。

  1. 通知の作成対象となるリストまたはライブラリで、リボンの [ライブラリ] タブまたは [リスト] タブをクリックします。

  2. [ & の共有] グループで、[通知] をクリックし、[このライブラリに通知を設定] をクリックします。 (リスト内では、このリストに [通知の設定] と表示されます)。

  3. [新しい通知] ページの [通知のタイトル] セクションで通知のタイトルを変更することもできます。

  4. [通知の送信先] で、通知の送信先のユーザー名または電子メール アドレスを入力します。

  5. [配信方法] セクションで [電子メール] または [テキスト メッセージ (SMS)] をクリックします。
    注:SharePoint Online を (Microsoft 365 の一部として) お使いの場合は、[電子メール] をクリックします。 SMS オプションは、Microsoft 365 ではお使いいただけません。

  6. [種類の変更] セクションを使用できる場合は、通知する変更の種類を選びます。

  7. [指定の変更に関する通知の送信] で、すべての変更について通知の対象とするか、特定の変更のみを通知の対象とするかを指定します。

  8. [通知を送信するタイミング] セクションで、通知を受け取る頻度 (変更の直後、毎日または毎週 1 回、特定の曜日または時間など) を選びます。

  9. [OK] をクリックします。

ユーザーがリストにアイテムを追加したときや、アイテムを更新したときなど、サイトで特定のイベントが発生したときに Windows Phone に対して通知を受け取ることができます。 通知を設定するには、モバイルデバイスアプリケーションが SharePoint サイトに登録されている必要があります。 Windows Phone 用 Microsoft プッシュ通知サービスは、通知を設定するだけではありません。通知サービスは、サードパーティの開発者に対して、回復性のある専用チャネルと永続的なチャネルを提供し、web サービスからのデータを効率的な方法で Windows Phone アプリケーションに送信します。 プッシュ通知サービスのセットアップは、通常、web 開発者によって実行され、大規模なエンタープライズサイト向けに設計されています。

SharePoint サイトでプッシュ通知サービスを設定する方法の詳細については、「 Windows phone のSharePoint 2013 アプリでプッシュ通知を構成して使用する方法」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×