Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Microsoft Project Web Appでは、エンタープライズ プロジェクトの種類 (EPT) は、フェーズ、ステージ、1 つのワークフロー、およびプロジェクト詳細ページ (PDP) をカプセル化するラッパーを表します。 各 EPT は、1 つのプロジェクトの種類を表します。 通常、プロジェクトの種類は、マーケティング プロジェクト、IT プロジェクト、人事プロジェクトなど、個々の部署に合わせて調整されます。 プロジェクトの種類を使用すると、プロジェクトのライフ サイクルが似ている同じ組織内のプロジェクトを分類できます。 ユーザーの場合、 Project Web Appのリボンで [ 新しいプロジェクト ] をクリックすると、プロジェクトの種類のドロップダウン リストに EPT が表示されます。

新しいエンタープライズ プロジェクトの種類を作成するには:

  1. PWA ホーム ページで、[ サーバーの設定] をクリックします。

  2. [ サーバー設定] ページの [ ワークフローとプロジェクトの詳細ページ ] セクションで、[ エンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。

  3. [ 新しいエンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。 [ 名前] ボックスに、種類の名前を入力し、[説明] ボックスに簡単な説明を 入力 します。

  4. サイト ワークフローの関連付けリストからワークフローを選択します。 サイト ワークフローをプロジェクトの種類に関連付けて、その種類を保存した後は、別のワークフローを使用するように型を戻して更新することはできません。

  5. [新しいプロジェクト] ページの一覧からプロジェクトの詳細ページを選択します。

  6. サイト ワークフローの関連付けリストから [ワークフローなし] を選択した場合は、[使用可能なプロジェクトの詳細ページ] ボックスからこのプロジェクトの種類に含めるプロジェクトの詳細ページを選択し、[追加] をクリックして右側のボックスに移動します。

  7. 作成するエンタープライズ プロジェクトの種類が、すべての新しいプロジェクトで既定で使用する必要がある場合は、[ プロジェクトの作成時に既定のエンタープライズ プロジェクトの種類として使用 する] チェック ボックスをオンにします。

  8. [部門] フィールドの横にあるボタンをクリックして、このプロジェクトの種類に関連付ける部署 (該当する場合) を選択します。

  9. イメージをこのプロジェクトの種類に関連付ける場合は、[URL の入力] ボックスに画像の URL を 指定します。

  10. [順序] セクションで、このプロジェクトの種類をプロジェクトの種類の一覧の末尾に表示するか、リスト内の配置を制御するかを選択します。

  11. リストの末尾にこの型を含めるには、[ この型を末尾に配置 する] チェック ボックスをオンにします。

  12. リスト内のこの型の配置を制御するには、[ この型を最後に配置 する] チェック ボックスをオフにし、[現在の型を配置する前の型の選択] ボックスの一覧から、作成する型の直前 に表示する型を 選択します。

  13. 適切な場合は、[ プロジェクト計画テンプレート ] ボックスの一覧からテンプレートを選択します。

  14. 適切な場合は、 プロジェクト サイト テンプレート の一覧からテンプレートを選択します。

  15. [ 保存] を クリックして、このエンタープライズ プロジェクトの種類をサーバーに保存し、新しいプロジェクトまたは提案の作成に使用できるようにします。

新しいエンタープライズ プロジェクトの種類を作成するには:

  1. PWA ホーム ページで、[ サーバーの設定] をクリックします。

  2. [ サーバー設定] ページの [ ワークフローとプロジェクトの詳細ページ ] セクションで、[ エンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。

  3. [ 新しいエンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。 [ 名前] ボックスに、種類の名前を入力し、[説明] ボックスに簡単な説明を 入力 します。

  4. サイト ワークフローの関連付けリストからワークフローを選択します。 サイト ワークフローをプロジェクトの種類に関連付けて、その種類を保存した後は、別のワークフローを使用するように型を戻して更新することはできません。

注: この一覧にワークフローが表示されない場合は、サーバー管理者が Microsoft Project Server 2010 コンピューターにワークフローをインストールして構成していることを確認します。 Project Server 2010 ワークフロー プラットフォームは SharePoint ワークフロー プラットフォーム上に構築され、Windows ワークフロー プラットフォーム上に構築されます。

  1. [新しいプロジェクト] ページの一覧からプロジェクトの詳細ページを選択します。

  2. サイト ワークフローの関連付けリストから [ワークフローなし] を選択した場合は、[使用可能なプロジェクトの詳細ページ] ボックスからこのプロジェクトの種類に含めるプロジェクトの詳細ページを選択し、[追加] をクリックして右側のボックスに移動します。

  3. 作成するエンタープライズ プロジェクトの種類が、すべての新しいプロジェクトで既定で使用する必要がある場合は、[ プロジェクトの作成時に既定のエンタープライズ プロジェクトの種類として使用 する] チェック ボックスをオンにします。

  4. [部門] フィールドの横にあるボタンをクリックして、このプロジェクトの種類に関連付ける部署 (該当する場合) を選択します。

  5. イメージをこのプロジェクトの種類に関連付ける場合は、[URL の入力] ボックスに画像の URL を 指定します。

  6. [順序] セクションで、このプロジェクトの種類をプロジェクトの種類の一覧の末尾に表示するか、リスト内の配置を制御するかを選択します。

  7. リストの末尾にこの型を含めるには、[ この型を末尾に配置 する] チェック ボックスをオンにします。

  8. リスト内のこの型の配置を制御するには、[ この型を最後に配置 する] チェック ボックスをオフにし、[現在の型を配置する前の型の選択] ボックスの一覧から、作成する型の直前 に表示する型を 選択します。

  9. 適切な場合は、[ プロジェクト計画テンプレート ] ボックスの一覧からテンプレートを選択します。

  10. 適切な場合は、 プロジェクト サイト テンプレート の一覧からテンプレートを選択します。

  11. [ 保存] を クリックして、このエンタープライズ プロジェクトの種類をサーバーに保存し、新しいプロジェクトまたは提案の作成に使用できるようにします。

新しいエンタープライズ プロジェクトの種類を作成するには:

  1. PWA ホーム ページで、[ サーバーの設定] をクリックします。

  2. [ サーバー設定] ページの [ ワークフローとプロジェクトの詳細ページ ] セクションで、[ エンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。

  3. [ 新しいエンタープライズ プロジェクトの種類] をクリックします。 [ 名前] ボックスに、種類の名前を入力し、[説明] ボックスに簡単な説明を 入力 します。

  4. この EPT によって作成されたプロジェクトごとに プロジェクト ID を 生成する場合は、プロジェクト ID セクションで次の操作を行います。

    • [プレフィックス] フィールドに、生成された各プロジェクト ID の先頭にある文字を入力します。 たとえば、財務部の EPT で作成するプロジェクト ID は、先頭に FIN_ が付くようにすることができます。 このフィールドは省略可能です。

    • [開始番号] フィールドには、この EPT 用に生成されるプロジェクト ID の始点となる数値を入力します。 たとえば、最初のプロジェクト ID を 10001 にするには、「10001」と入力します。 このフィールドは必須です。

    • [ポストフィックス] フィールドには、この EPT で生成されるプロジェクト ID に付加するときに使用できる文字を入力できます。 たとえば、この EPT が財務部の高リスク プロジェクトを作成する場合にのみ使用される場合、「_HR」と入力することができます。 このフィールドは省略可能です。

    • [最小数パディング] フィールドには、新しく生成されたプロジェクト ID の開始番号の増分に使用される数値を入力します。 たとえば、このフィールドに「1」と入力し、[開始番号] に「10001」と入力した場合、この EPT から作成される新しいプロジェクトには、前のプロジェクトの ID 値に 1 を足した一意のプロジェクト ID が割り当てられます。 たとえば、この EPT から生成される 2 つ目のプロジェクトには "10002"、3 つ目には "10003" などのプロジェクト ID が割り当てられます。

    注: プロジェクト ID は EPT の作成に必要ではないため、この手順は省略可能です。

  5. [ SharePoint タスクリスト プロジェクトとして新しいプロジェクトを作成する] を選択します (該当する場合)

  6. サイト ワークフローの関連付けリストからワークフローを選択します。 サイト ワークフローをプロジェクトの種類に関連付けて、その種類を保存した後は、別のワークフローを使用するように型を戻して更新することはできません。

    注: 以前に SharePoint タスク リスト プロジェクトとして新しいプロジェクトを作成 するを選択した場合、このオプションは使用できないことに注意してください。

  7. [新しいプロジェクト] ページの一覧からプロジェクトの詳細ページを選択します。 これは、EPT を使用してプロジェクト センターで新しいプロジェクトを作成するときにユーザーが最初に表示するページです。

    サイト ワークフローの関連付けリストから [ワークフローなし] を以前に選択した場合は、[使用可能なプロジェクトの詳細ページ] ボックスからこのプロジェクトの種類に含めるプロジェクトの詳細ページを選択し、[追加] をクリックして右側のボックスに移動します。

  8. 作成するエンタープライズ プロジェクトの種類が、すべての新しいプロジェクトで既定で使用する必要がある場合は、[ プロジェクトの作成時に既定のエンタープライズ プロジェクトの種類として使用 する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [部門] フィールドの横にあるボタンをクリックして、このプロジェクトの種類に関連付ける部署 (該当する場合) を選択します。

  10. 新しいプロジェクト メニューに表示するイメージをこのプロジェクトの種類に関連付ける場合は、[URL の入力] ボックスに画像 の URL を 指定します。

  11. [順序] セクションで、このプロジェクトの種類をプロジェクトの種類の一覧の末尾に表示するか、リスト内の配置を制御するかを選択します。

  12. [ サイトの作成 ] セクションで、新しいプロジェクトに対してプロジェクト サイトを作成するタイミングを選択します。 次の方法を選択できます。

    • プロジェクトが最初に発行されたときにサイトを自動的に作成 すると、新しいプロジェクトの発行時にプロジェクト サイトが自動的に作成されます。

    • ユーザーの選択を許可 すると、ユーザーは発行時にプロジェクトのプロジェクト サイトを作成できます。

    • サイトを作成しない 場合、ユーザーはプロジェクトのプロジェクト サイトを作成できません。

  13. [ サイトの作成場所] セクションでは、[ 場所の URL ] フィールドでプロジェクト サイトを作成する場所を指定できます。 プロジェクト サイトは、指定した場所にサブサイトとして作成されます。

    注: PWA サイト コレクションの外部にプロジェクト サイトを作成する場合、ユーザーのアクセス許可または SharePoint タスク リストを同期することはできません。

    注: このセクションは、PWA が有効なサイトが Project Server アクセス許可モードの場合にのみ表示されます。 アクセス許可モードとその変更方法の詳細については、「Project Onlineのアクセス許可管理の変更」を参照してください。

  14. [ 同期 ] セクションで、次の操作を行います。

    • [ ユーザーのアクセス許可の同期 ] を選択して、プロジェクトの作業リソースにプロジェクト サイトへのアクセス権を付与します。

    • [SharePoint タスク リストの同期] を選択して、プロジェクト サイトの SharePoint タスク リストにタスクをコピーします。 Project Web App サイト内に作成されたプロジェクト サイトのみが同期されます。 

      注: これらのオプションに関するベスト プラクティスについては、「Project Onlineパフォーマンスのチューニング」を参照してください。

  15. [サイト言語] セクションで、既定のサイト テンプレート言語の一覧から、サイトをプロビジョニングする 既定の言語 を選択します。

  16. 適切な場合は、[ プロジェクト計画テンプレート ] ボックスの一覧からテンプレートを選択します。

  17. 適切な場合は、 プロジェクト サイト テンプレート の一覧からテンプレートを選択します。

  18. [ 保存] を クリックして、このエンタープライズ プロジェクトの種類をサーバーに保存し、新しいプロジェクトまたは提案の作成に使用できるようにします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×