メール メッセージで背景画像、文具、または書式設定のテーマが気が散る場合、Outlookテキスト形式で開いたメッセージを表示できます。 これにより、メッセージに含まれる可能性のある書式もすべて削除されます。

注:  この記事では、受信したメッセージについて取り上します。 送信するメッセージの背景を変更する方法を探している場合は、「電子メール メッセージの文具を作成 する」を参照してください

メッセージの形式に関する詳細情報

Outlook は、次の 3 つのメッセージ形式をサポートしています。

  • HTML     これは、 の既定のメッセージ形式 Outlook。 また、さまざまなフォント、色、箇条書きを使用して、従来のドキュメントに似たメッセージを作成する場合に使用する最適な形式です。 既定では、書式設定が可能なオプションのいずれか ([HTML] または [リッチ テキスト形式]) を選択すると、メッセージは HTML 形式で送信されます。 このため、HTML 形式を使用した場合は、送信した内容がそのまま受信者側に表示されます。

  • <c0>テキスト形式</c0> すべての電子メール アプリケーションでサポートされている形式です。     受信するメッセージをテキスト形式のみで開くように Outlook を設定することができます。 テキスト形式でのみ Outlook メッセージを開くメッセージを構成できます。 また、メッセージ本文に画像を直接表示することもできません。 添付ファイルとして画像を含めることができますが、メッセージ本文に直接表示される画像もサポートされていません。

  • Outlookリッチ テキスト形式 (RTF)     これは、Microsoft がサポートする Microsoft の形式で、 Outlook およびMicrosoft Exchange Server。

    Rtf は、Microsoft アカウントを使用する組織内でメッセージを送信するときに使用Exchange。 HTML 形式を使用することをお勧めします。 RTF では、箇条書き、配置、リンク オブジェクトなどのテキストの書式設定がサポートされています。 既定では、 Outlook の書式設定が維持され、添付ファイルを受信するために、RTF 形式のメッセージをインターネット受信者に送信すると、RTF 形式のメッセージが HTML に自動的に変換されます。 Outlook メッセージの既定の形式に関係なく、これらのアイテムをインターネット上の他の Outlook ユーザーにそのまま送信できるよう、会議やタスクの要求と投票ボタンを持つメッセージの書式も自動的に設定されます。 インターネットに接続されたメッセージがタスクまたは会議出席依頼の場合、 Outlook はインターネット予定表アイテムの一般的な形式であるインターネット予定表形式に自動的に変換されます。 これは、他の電子メール アプリケーションがサポートできるような機能です。

  1. [File >Options >Trust Center >]をクリック設定。

  2. [電子メール セキュリティ] をクリックします

  3. [ テキスト形式で読み取る] で、[すべての標準メールをテキスト形式で読み取 る] チェック ボックス をオンにします。

    デジタル署名で署名されたメッセージを含めるには、[すべてのデジタル署名されたメールをテキスト形式で読み取る] チェック ボックス オンにします。

ヒント: プレーン テキスト メッセージを元の形式で表示する場合は、メッセージの上部にある 情報バー をクリックし 、[HTML として表示] または [リッチ テキストとして表示] を選択 します

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×