問題: サポートされていない XML スキーマ構造

Excel では、さまざまな XML スキーマ構造を通じて XML データのインポートとエクスポートがサポートされています。 ただし、Excel でサポートされていない XML スキーマ構造もいくつかあります。 次の一覧では、Excel にインポートできない XML スキーマの構造について説明します。

  • 任意の>を<する    これらの要素を使うと、スキーマで宣言されていない要素を含めることができます。

  • <anyAttribute>    これらの要素を使うと、スキーマで宣言されていない属性を含めることができます。

  • 再帰構造    これらの構造体は、組織内の管理構造体など、同じ XML 要素が複数のレベルでネストされているデータ階層を作成するために使用されます。 再帰構造体には、複数レベルの深さをネストすることはできません。

  • 抽象要素    これらの要素は、スキーマで宣言することを目的としていますが、要素としては使用しません。 抽象要素は、抽象要素を置き換える他の要素に依存します。

  • 代替グループ    これらのグループを使うと、別の要素が参照されている場所で要素をスワップすることができます。 要素は、 <substitutionGroup>属性によって、他の要素の代替グループのメンバーであることを示します。

  • 混在したコンテンツこのコンテンツは、要素に子要素以外の単純なテキストが含まれている場合に発生します。 一般的なケースの1つは、要素内のデータをマークするために、書式設定タグ (太字のタグなど) を使用している場合です。

詳細については、「 XML ファイルに接続する」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×