文書またはプレゼンテーションにフォントを埋め込む

一部の Office アプリでは、文書にフォントを埋め込むことができます。 こうすることで、同じフォントがインストールされていない他のユーザーと文書を共有した場合、文書のフォント、レイアウト、スタイルは変更されず、特殊文字は無意味な長方形に変わりません。

近年、Office のフォントをクラウドに移行しました。すべての Office サブスクライバーがインターネットアクセスを利用できるようになりましたが、それを埋め込む必要はありません。 フォントの埋め込みは、標準以外のフォントを使用する場合や、他のユーザーがオフラインでプレゼンテーションを編集または表示することを想定している場合に便利です。

同じプレゼンテーションが、同一の外観で表示されている PC と Mac

Word または PowerPointにフォントを埋め込む

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] (ウィンドウの左下隅付近) をクリックします。

  2. 左側の列で、[保存] タブを選択します。

  3. 下部の [このプレゼンテーションを共有するときに再現性を保つ] の下にある [ファイルにフォントを埋め込む] チェックボックスをオンにします。

    ファイル > オプションを使用してファイルのフォントの埋め込みを有効にする

    [プレゼンテーションに使用されている文字のみを埋め込む] を選ぶと、ファイルサイズが小さくなりますが、同じフォントを使用してファイルの編集が制限されます。 このチェックボックスを空白のままにすると、ファイルサイズは大きくなります。ただし、他のユーザーが文書を編集して、同じフォントを保持できるようにする場合に適しています。

    他のユーザーがファイルを編集できる場合は、チェックボックスは空白のままにしておくことをお勧めします。

  4. [OK] をクリックします。

トラブルシューティング

  • フォントを埋め込むことはできますか?     すべての TrueType フォントを埋め込むことはできません。 フォントの作成者は、埋め込み、プレビュー、印刷、編集可能、インストール可能なフォントなどのさまざまなオプションを設定できます。 インストールされているフォントの埋め込みレベルを確認するには、Windows の [コントロールパネル] に移動し、[フォント] をクリックします。 フォントをクリックすると、フォント embeddabilityの設定が表示されます。

埋め込みフォントスクリーン2

Office cloud のフォントはこの一覧には表示されませんが、ファイルを開いたコンピューターにまだインストールされていない場合は、自動的にダウンロードされるため、anyhow を埋め込む必要はほとんどありません。

  • フォントを埋め込むと、ファイルサイズが大きすぎますか?     一部のフォントは、他のフォントと比べて大きくなっている可能性があるため、ファイルサイズが問題になる場合は、代替フォントの使用を検討してください。 埋め込みを削除する場合は、[ファイル> のオプション] ダイアログボックス (上記で説明) の [埋め込み] 設定をオフにして、ファイルを保存します。 次に、ファイルをいったん閉じて再び開くと、以前に埋め込まれたフォントが別のフォントに置き換えられます。 

PowerPoint for Microsoft 365 for Mac と PowerPoint 2019 for Macでは、プレゼンテーションにフォントを埋め込むことができます。

現時点では、Word 2019 for Mac と Excel 2019 for Mac は埋め込みフォントをサポートしていません。

プレゼンテーションファイルにフォントを埋め込む

この機能は、 Microsoft 365 サブスクライバー 、および PowerPoint 2019 for Mac、バージョン16.17 以降でのみ使用できます。 これはサブスクライバーのみの機能です

  1. プレゼンテーションファイルを開きます。

  2. [PowerPoint] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. ダイアログボックスの [出力および共有] で [保存] を選択します。

  4. [フォントの埋め込み] で、[ファイルにフォントを埋め込む] を選択します。

    PowerPoint > の環境設定を使用して、ファイルのフォントの埋め込みを有効にする

ファイルを保存すると、そのファイルに含まれているフォントがプレゼンテーションファイルに埋め込まれます。

PC の PowerPoint を使ってフォントを埋め込む方法については、「フォントを埋め込む」を参照してください。

フォントの埋め込みに関する推奨事項

  • フォントを埋め込む場合は、プレゼンテーションで使用されている文字だけを埋め込むのは避けてください。 必要に応じて、他のユーザーがファイルを正常に編集できるように、フォントにすべての文字を埋め込むことをお勧めします。

  • OpenType () を使用します。OTF) または TrueType (.(可能な場合)。 OpenType フォントは、 Office ドキュメントに埋め込まれている場合に、記憶領域を最小限に消費します。

  • Postscript フォントを埋め込むことは避けてください。PFB, .PFM)。 一部のユーザーは、Postscript フォントが埋め込まれた Office ドキュメントを開くことができないことを報告しています。

トラブルシューティング

  • フォントを埋め込むことはできますか?     すべての TrueType フォントを埋め込むことはできません。 フォントの作成者は、埋め込み、プレビュー、印刷、編集可能、インストール可能なフォントなどのさまざまなオプションを設定できます。 インストールされているフォントの埋め込みレベルを確認するには、フォントブックアプリを開き、左上の [情報] を選びます。 フォントをクリックすると、右側のパネルにフォント情報が表示され、多くの場合 (すべてではなく)、フォントを埋め込むことができるかどうかに関する情報を見つけることができます。

    フォントブックアプリケーション。選択したフォントのライセンス情報が表示されています。
  • フォントを埋め込むと、ファイルサイズが大きすぎますか?     一部のフォントは、他のフォントと比べて大きくなっている可能性があるため、ファイルサイズが問題になる場合は、代替フォントの使用を検討してください。 埋め込みを削除する場合は、[環境設定] ダイアログボックス (上記の手順で説明します) で埋め込み設定をオフにして、ファイルを保存します。 次に、ファイルをいったん閉じて再び開くと、以前に埋め込まれたフォントが別のフォントに置き換えられます。 

埋め込みフォントの要件

タスク、チェックリスト、計画記号

適用対象

埋め込みフォントをファイルに保存する

PowerPoint for Microsoft 365、バージョン 16.17
PowerPoint 2019 for Mac
Office のバージョン番号を確認する  

PowerPoint 2016 for Mac にフォントを埋め込むことはできませんが、より新しいバージョンの PowerPointによってファイルに埋め込まれたフォントは正しく表示されます。

その他の Office 2016 for Mac アプリでは、埋め込みフォントをサポートしていません。

埋め込みフォントを表示するための要件

タスク、チェックリスト、計画記号

適用対象

埋め込まれたフォントを表示する

PowerPoint 2016 for Mac、バージョン 16.11
では、使用している Office のバージョン番号を確認する  

関連項目

プレゼンテーションで一部のフォントを保存できない

Office で使用するカスタム フォントをダウンロードしてインストールする

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×