プレゼンス状態の情報には、[連絡可能]、[退席中] などの連絡可能かどうかの状態が含まれ、緑、黄、赤などの色分けされたプレゼンス インジケーターでも示されます。

モバイル デバイスで Lync を使用していて、他のユーザーが自分を検索すると、可用性の状態の横に Mobile と表示されます。これは自分の名前の横に表示されます。 これは、現在モバイル デバイスを使っていることを示します。

設定可能な状態

状態を変更するには、[情報] 画面で現在の状態をタップし、続いて [状態を選択] 画面で次のいずれかのプレゼンス状態を選択します。

  • 連絡可能

  • 取り込み中

  • 応答不可

  • 一時退席中

  • 業務時間外

  • 退席中表示

  • 状態のリセット

  • サインアウト: サインアウトされます。

自動的に設定される状態

次の状態が状態領域に自動的に表示されます。

  • 非アクティブ: コンピューターが使用されていないか、モバイル デバイスで Lync を 5 分以上使用していません。

  • オフライン

いったんサインインすると、接続が失われない限りサインインした状態が続きます。 モバイル デバイスまたはコンピューター上の Lync でアプリを積極的に使用していない場合、状態は 非アクティブと表示されます。 接続が失われなくても、Lync を 10 日間使わないとサインアウトされます。

個人メモを設定する

Microsoft Outlookで自動返信 (Office外) の設定を変更すると、入力したメモは、 Lync の個人用メモ領域 (図の領域と名前の上にあるボックス) にも表示されます。 このメモは、Microsoft Outlookでメモを取り消すか、新しいメモを入力するまで Lync のままです。

個人メモを設定するには、次の操作を行います。

  • [自分の情報] 画面のノート領域に、必要な種類のメモを入力します。 メモが連絡先カードに表示されます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×