はい。Web 用 Word、変更の追跡機能のセットが制限されています。 Word デスクトップ アプリケーションの [変更の記録] 機能ほど多くはありません。ただし、ほとんどのレビュー タスクは、他のユーザーWeb 用 Wordできます。

ページ上部のウィンドウでWeb 用 Wordで [変更の記録] をオンにする場合は、[確認中] を選択します

[変更の記録] をオンにする場合は、[変更の記録] を選択します。

Web 用 Wordには、変更を共有および追跡する 3 つのモードがあります。

  • [編集] に設定   すると、文書の変更は変更の記録として表示されません。

  • [確認] に設定すると、   変更は変更の追跡と表示されます。 ドキュメントが共有されている場合、ユーザーは、すべてのユーザーの追跡を許可するか、変更のみを追跡に制限できます。

  • [表示] に設定   すると、文書に変更を加えらねない。

Web 用 Word コメントを 追加、表示、削除したり、他のレビュー担当者からのコメントに返信したりすることもできます。

  • 機能が制限されている場合は、Web 用 Wordと Word デスクトップ アプリケーション Web 用 Word簡単に切り替えます。

Word デスクトップ アプリケーションを持っている場合は、[Word で開く] を使用して文書を開き、[変更履歴の記録] をオンにします。 完了して、文書を保存すると、Web 用 Word で開いた場所に引き続き保存されます。 変更の記録は保持され、 Web 用 Wordで文書を開く前に [変更の記録] をオンにした場合、 Web 用 Word で行った変更も追跡されます。

Word をお持ちでない場合は、最新バージョンのWord を今すぐ試Officeできます。

ヒント: この機能に関するご提案がある場合

アイデアの投票や新しいアイデアの提供などは、word.uservoice.com の提案ボックスにお寄せください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×