2020 年 11 月 10 日、Apple は、Apple シリコン と呼ばれるカスタム アーキテクチャに基づいた新しい Mac デバイスが利用可能になったことを発表しました。 この記事では、Apple シリコン デバイスでの Microsoft 365、Office 2021、Office 2019 のサポートの概要について説明します。

バージョン 16.55.1107.0 (以降) の Microsoft Office リリースでは、Apple シリコンと Intel ベースの Mac の両方向けにネイティブ サポートが提供されます。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、および OneNote はユニバーサル macOS バイナリとして提供され、Mac オペレーティング システムはデバイスに最適なアプリ コンポーネントを動的に読み込みます。 このリリースの Office には、macOS Big Sur の最新の最適化プログラムが含まれています。これは、Apple シリコン をサポートする最初のオペレーティング システムです。

注:  Office 2021 には、16.53 以上のビルドが必要です。

よく寄せられる質問

M1 プロセッサ装備の Mac を使用している場合は、別のパッケージをダウンロードしてインストールする必要がありますか?

いいえ。 この Office のインストールおよび更新プログラム パッケージには、Apple シリコンと Intel ベースの両方のデバイス用に最適化されたコードが含まれています。 これは、Mac App Store から Office を取得するか、Microsoft Content Delivery Network (CDN) を使用する office.com から取得するかに関係なく当てはまります。

Rosetta 2 翻訳で Office を実行する理由はありますか?

最適なエクスペリエンスを得るには、オペレーティング システムで Office アプリを読み込む方法を決定することをお勧めします。 Rosetta 2 を使用するように macOS に指示する必要があるシナリオは少数あります。 そのようなシナリオがあるのは、アプリ ワークフローは、Apple シリコンのネイティブ サポートを含めるためにまだ更新されていないサード パーティ製プラグインに依存する場合です

Rosetta 2 で Office アプリを使用する方法については、「Office for Mac と Apple シリコンで Rosetta を使用する」を参照してください。 サード パーティのプラグインの場合は、ベンダーに連絡して、利用可能な更新プログラムがあるかどうか確認してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×