クエリで返されるレコードの件数を計算します。

構文

Count( expr )

expr プレースホルダー は、カウント 文字列式 を含むフィールド、またはフィールドのデータを使用して計算を実行する式を識別するフィールドを表します。 exprのオペランドには、テーブルのフィールドまたは関数の名前を含めできます (組み込み関数またはユーザー定義の場合がありますが、その他の集計SQL含めません)。 テキストを含め、任意の種類のデータをカウントできます。

解説

ヒント:  Access 2010 では、式ビルダーで IntelliSense を使用できるので、式に必要な引数を確認することができます。 

Count 関数を使用すると、元になるクエリのレコード数をカウントできます。 たとえば、Count 関数を使用して、特定の国に出荷された注文件数をカウントできます。

expr ではフィールドに対する計算も実行できますが、Count 関数は単にレコード数を計算するのみです。 レコードにどのような値が格納されているかは関係ありません。

expr がワイルドカード文字のアスタリスク (*) である場合を除いて、Count 関数は、Null フィールドを含むレコードの数をカウントしません。 アスタリスクを使用すると、Count 関数は、Null フィールドを含むレコードを含めて、レコードの合計数を計算します。 Count(*) は、Count([Column Name]) よりもはるかに高速です。 アスタリスクは引用符 (' ') で囲まないでください。 次の例は、Orders テーブルのレコード数を計算します。

SELECT Count(*) AS TotalOrders FROM Orders;

expr で複数のフィールド名を指定する場合、Count 関数は、少なくとも 1 つのフィールドが Null 値ではない場合のみレコード数をカウントします。 指定したフィールドがすべて Null 値である場合、レコード数はカウントされません。 フィールド名は、アンパサンド (&) で区切ります。 次の例は、ShippedDate フィールドまたは Freight フィールドのいずれかが Null ではないレコード数のみカウントする方法を示しています。

SELECT Count('ShippedDate & Freight') AS [Not Null] FROM Orders;

クエリ式で Count を使用できます。 また、この式は、SQL オブジェクトのQueryDef プロパティで使用したり、レコード セット クエリに基づいて Recordset オブジェクトをSQLしたりすることもできます。

関数でクエリ計算

使用してデータをカウントSQLする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×