EPS ファイルのセキュリティの脆弱性が原因で、Office 2019、Office 2016、Office 2013、Office 2010、および Microsoft 365 では、EPS ファイルを Office ドキュメントに挿入する機能が無効になっています。 この変更は、2017 年 4 月 11 日のセキュリティ更新プログラムの時点で有効です。

セキュリティ更新プログラムの技術的な詳細については、このセキュリティ情報を参照してください

Windows 版のすべてのバージョンの Office が影響を受けます。 (この変更は、2015 年から既に Office 2007 で適用されています)。

Office for Mac 2011 および Office 2016 for Mac はこの変更によって影響を受けません。

2018 年 5 月以降の変更箇所

2017 年 4 月のセキュリティ更新プログラム以降、EPS ファイルの挿入のサポートは既定で無効になっています。 ただし、レジストリ キーに変更を加えた EPS ファイルを挿入する機能を元に戻すことは可能です。 2018 年 5 月から、2019 年 12 月のサブスクライバーおよび 2019 Microsoft 365 のレジストリ キー Office無効にされました。この変更は、5 月と 6 月の間にすべてのユーザーに対して段階的に展開されます。 サブスクライバーが EPS ファイルを Office ドキュメントに挿入することは完全にできなくなります。

製品のバグのように見えますが、意図的なものです。

EPS ファイルを Office ドキュメントに挿入しようとした場合、画像のプレース ホルダーと画像を表示することができないことを伝えるメッセージが表示されます。

エラー メッセージ:この写真は表示できません

EPS ファイルの場合、このメッセージは、悪意のある攻撃に対する脆弱性が大きすぎるので、Office で EPS ファイルを挿入する機能を無効にしていることを意味します。

Office 2010 以降、Office ドキュメントに挿入されるときに、EPS ファイルをより安全なメタファイル形式 (EMF) に自動的に変換することによってこの脆弱性が解決されました。 これらの変換された EMF ファイルを含むファイルは引き続き正常に動作します。メタファイルは保持され、ドキュメント内に表示されたままになります。

この変更が加えられた理由

この変更は、ファイルを含むアクティブなセキュリティ インシデントに対応するために実施されました。 EPS ファイルは、埋め込みスクリプトを許可し、そのために、EPS ファイルを挿入するか、EPS ファイルが含まれるドキュメント開くユーザーに対する悪意のある攻撃の手段となっていました。 Office ドキュメントの問題を軽減するための前の努力にもかかわらず、引き続き EPS 形式は悪意のある攻撃のソースになっています。 悪意のあるコードを含む EPS ファイルのリスクを完全に排除するために、Office では、それらを挿入する機能を完全に無効にすることに決定しました。

Office で EPS ファイルを引き続き使用できますか?

いいえ。 、 Microsoft 365、 Office 2019、および Officeの今後のリリースでは、ドキュメント内で EPS ファイルを使用 Office はありません。 この変更は、4 月と 5 月の間に顧客へと展開されます。

使用しないことを強く推奨しますが、EPS ファイルを挿入する機能を有効に戻すことはできます。 手順については、サポート技術情報の記事 2479871 を参照してください。この手順は複雑であり、Windows レジストリの変更が含まれます。 この変更によって、悪意のあるコードに対する脆弱性が増加することに注意する必要があります。

レジストリの変更を実行した場合は、レジストリの変更を適用したアプリケーションに EPS ファイルを挿入することができます。 EPS ファイルは、自動的に EMF へと変換され、保存され、レジストリの変更を実行していないユーザーも保存したドキュメントで表示できます。 レジストリにこの変更を加えると、EPS ファイルに基づく悪意のある攻撃に対して脆弱になることに注意してください。

次のセクションで説明するように、Office ドキュメントに EPS 画像を追加せず、代わりに代替画像を使用することをお勧めします。

使用しないことを強く推奨しますが、EPS ファイルを挿入する機能を有効に戻すことはできます。 手順については、サポート技術情報の記事 2479871 を参照してください。この手順は複雑であり、Windows レジストリの変更が含まれます。 この変更によって、悪意のあるコードに対する脆弱性が増加することに注意する必要があります。

レジストリの変更を実行した場合は、レジストリの変更を適用したアプリケーションに EPS ファイルを挿入することができます。 EPS ファイルは、自動的に EMF へと変換され、保存され、レジストリの変更を実行していないユーザーも保存したドキュメントで表示できます。 レジストリにこの変更を加えると、EPS ファイルに基づく悪意のある攻撃に対して脆弱になることに注意してください。

次のセクションで説明するように、Office ドキュメントに EPS 画像を追加せず、代わりに代替画像を使用することをお勧めします。

使用しないことを強く推奨しますが、EPS ファイルを挿入する機能を有効に戻すことはできます。 手順については、サポート技術情報の記事 2479871 を参照してください。この手順は複雑であり、Windows レジストリの変更が含まれます。 この変更によって、悪意のあるコードに対する脆弱性が増加することに注意する必要があります。

レジストリの変更を実行した場合は、レジストリの変更を適用したアプリケーションに EPS ファイルを挿入することができます。 EPS ファイルは、自動的に EMF へと変換され、保存され、レジストリの変更を実行していないユーザーも保存したドキュメントで表示できます。 レジストリにこの変更を加えると、EPS ファイルに基づく悪意のある攻撃に対して脆弱になることに注意してください。

次のセクションで説明するように、Office ドキュメントに EPS 画像を追加せず、代わりに代替画像を使用することをお勧めします。

EPS ファイルの代替

EMF および SVG は、EPS ファイル形式の代わりに使用できるその他のグラフィックス メタファイル形式です。

ファイルの種類

このバージョンの Office でサポートされています

EMF

Office 2007、2010、2013、2016、および Microsoft 365

SVG

Microsoft 365

EPS から別の形式にエクスポートまたは変換する

Adobe Illustrator などのグラフィック アプリケーションを使用している場合は、そのアプリケーションで EPS ファイルを開き、EMF または SVG でファイルを保存、またはエクスポートできます。

同様に、CloudConvert.comConvertio.co などのオンライン変換ツールを使用して、EPS ファイルを EMF または SVG に変換できます。

ファイルを Office と互換性のある形式に変換してコンピューターに保存したら、通常どおりそのファイルをドキュメントに挿入します。

EPS ファイルの使用を回避すると、Office ドキュメントの安全性が全般的に向上します。

Office でサポートされている画像ファイル形式

ファイル名拡張子

画像の種類の名前

ラスターか、ベクターか

SVG

スケーラブル ベクター グラフィックス

ベクター

EMF

Windows 拡張メタファイル

両方を含めることができます

WMF

Windows メタファイル

両方を含めることができます

JPEG、JPG、JFIF、JPE

JPEG ファイル交換形式

ラスター

PNG

ポータブル ネットワーク グラフィックス

ラスター

BMP、DIB、RLE

Windows ビットマップ

ラスター

GIF

グラフィックス交換形式

ラスター

EMZ

圧縮 Windows 拡張メタファイル

両方を含めることができます

WMZ

圧縮 Windows メタファイル

両方を含めることができます

PCZ

圧縮 Macintosh PICT

ラスター

TIF、TIFF

Tagged Image File Format

ラスター

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×