最終更新日: 2012 年 6 月

目次

Microsoft Lync 2010 for iPad のプライバシーに関する補足

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の補足情報です。 特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する補足情報は、Microsoft Lync 2010 の展開と、企業のモバイル デバイスでのiPadの使用に対処します。 Microsoft Lync Server 2010 通信ソフトウェアをサービスとして使用している場合 (つまり、サード パーティ (Microsoft など) がソフトウェアを実行するサーバーをホストしている場合)、情報はそのサード パーティに送信されます。 第三者に企業から送信されたデータの使用の詳細については、エンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーにお問い合わせください。

ページの先頭へ

通話委任 (通話転送)

この機能について: 通話呼び出しは、1 人以上の個人 (代理人) を指定して、自分の代わりに電話をかけてもらったり、通話に応答してもらったり、オンライン会議の設定や会議への参加を行ってもらうための機能です。

収集、処理、または送信される情報: 代理人を指定するときは、構成プロセスで代理人の連絡先情報を指定してください。 代理人として設定されたユーザーは、組織内の他のユーザーの代理人に指定されたことを知らせる通知を受け取ります。 代理人が自分を代理人として設定した他のユーザーの代わりに電話に応答すると、そのユーザーにこのイベントを知らせる電子メールが送信されます。 Microsoft に情報が送られることはありません。

情報の用途: Lync では、代理人が委任を受けたユーザーに代わって電話をかけたり、通話に応答したり、会議のスケジュール設定や会議への参加ができるようにするために、代理人の連絡先情報が利用されます。

選択/制御: 呼び出し委任は既定で無効になっています。 有効または無効にするには、次の手順を使用します。

  1. Lync 2010 for iPadの [マイ情報] タブで、[通話転送] をタップします。

  2. 現在の着信の転送設定をタップし、表示されたオプションの一覧から [代理人] を選択します。

注:  代理人はモバイル デバイスから構成できず、Lync デスクトップ クライアントから構成する必要があります。

ページの先頭へ

連絡先カード

この機能について: 連絡先カードは、Lync と新しいバージョンの Outlook の両方で、ユーザーとユーザーの組織内の他のユーザーに関する連絡先、プレゼンス、場所の情報を表示する機能です。 また、連絡先カードからのワンクリック アクセスで相手と通信できます。 たとえば、連絡先カードから相手に直接、インスタント メッセージの送信、通話の開始、メール メッセージの送信ができます。

収集、処理、または送信された情報: 連絡先カードの静的情報は、企業の企業ディレクトリ (Active Directory など) から収集されます。 予定表の空き時間情報などの動的な情報はMicrosoft Exchange Serverから取得されます。位置情報はいくつかの方法で取得されます (場所セクションを参照)。 電話番号は会社のディレクトリから取得するか、ユーザーが手動で入力できます。プレゼンス情報は Lync によってOutlook カレンダーを使用して管理されます。 (ユーザーによって有効になっている場合) またはユーザーが手動で入力します。 Lync サーバーは、この情報を組織内の他のユーザーと共有します。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の用途: 連絡先カードは、組織内のユーザーの連絡先、場所、プレゼンス情報を表示するために利用されます。 ユーザーの Lync と Outlook の連絡先に表示される情報の量は、"プライバシー関係" を設定し、プライバシー モード (「プライバシー モード」を参照) を有効または無効にすることによって制御できます。

選択/コントロール: 連絡先は、Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

ログ

この機能の機能: ログ記録を使用すると、デバイスの使用状況情報iPadユーザー プロファイルで Lync をログに記録できます。 この情報は、Lync for iPad ソフトウェアで発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに使用できます。

収集、処理、または送信される情報: ログ記録が有効になっている場合、デバイス ID、ユーザー エイリアスとドメイン、プレゼンス データ、メッセージの詳細、ログオン履歴、連絡先リスト、クライアント構成データ (通話転送ルール、状態、メモなど) などの情報がデバイスに保存されます。 Lync 会話の内容は保存されません。 情報は自動的に Microsoft に送信されませんが、トラブルシューティングのためにこの情報を Microsoft に手動で送信することもできます (この補足資料の「ログの送信」セクションを参照してください)。

情報の使用: ログ記録を使用すると、Lync for iPadの使用中に発生する可能性がある問題のトラブルシューティングを行うことができます。

選択/制御: ログ記録は既定でオフになっています。 有効または無効にするには、次の手順を使用します。

  1. Lync for iPadの [個人用情報] タブで、[設定] をタップします。

  2. オプションの一覧から [ログ] を選択します。

  3. [ログ] オプション ページで、[ログ] トグルを [オン] にスライドします。

ページの先頭へ

緊急サービス (911)

重要:  米国の 9-1-1 などの緊急サービス プロバイダーに連絡するために、iPadに Lync を使用しないことをお勧めします。 Lync for iPadには実際の物理的な場所を特定する機能がないため、iPadに Lync を使用して緊急サービス プロバイダーに連絡する場合、プロバイダーは自分の場所を特定できません。 デバイスから緊急サービス プロバイダーに連絡する場合、Lync for iPad を閉じ、デバイスのダイヤル パッドを使用します。

ページの先頭へ

場所の共有

この機能の機能: 場所共有は、プレゼンス機能を使用してタイム ゾーンを他のユーザーと共有します。 プライバシー モードを有効にすると、位置情報が共有されます。 プライバシー モードを有効にする方法と位置情報を共有する方法の詳細については、この補足資料の「プライバシー モード」セクションを参照してください。

重要:  実際の物理的な地理的位置は、lync for iPadでは特定できません。 lync for iPadを使用して緊急サービス プロバイダー (9-1-1 など) にダイヤルしないでください。 デバイスのダイヤル パッドを使用します。

収集、処理、または送信される情報: タイム ゾーンは、モバイル デバイスのオペレーティング システムから取得され、Lync 連絡先と共有されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の使用: タイム ゾーンは、Lync デスクトップ クライアントでプレゼンス設定を構成した方法に基づいて、Lync Presence を介して共有されます。 この情報は連絡先カードに表示されます。 地理的な場所、書式設定された住所、市民の住所など、他の情報はプレゼンスを介して共有されない点に注意してください。

選択/制御: 場所の共有は、エンタープライズ管理者によって有効または無効になります。 場所の共有が有効になっている場合は、Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

個人用写真

この機能の機能: 個人用画像には、企業内の他のユーザーの画像と画像が表示されます。

収集、処理、または送信された情報: 個人用画像の共有設定は、画像の表示と画像の共有の両方に対して収集されます。 Lync for iPadには、Active Directory に保存されている写真のみを表示できます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 情報は、操作をカスタマイズしたり、写真を他のユーザーと共有するために使用されます。

選択/制御: 個人用ピクチャ設定は、Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

PowerPoint での共同作業

この機能について: PowerPoint でのグループ作業は、オンラインの会話または会議中に PowerPoint プレゼンテーションの表示、参照、コメントの付加を行うことができる機能です。

収集、処理、または送信される情報: PowerPoint に関するプレゼンテーションのアップロード、スライド間の移動、コメントの付加など、これらの機能はすべて、エンド ユーザーの操作によって行われます。 会話または会議中に発表されたファイルは、すべての出席者に送信され、出席者は自分のコンピューターのフォルダーから直接ファイルを取り出すことができます。 ファイルの所有者または発表者は、他の出席者がファイルを保存することを禁止できますが、ファイルの取得や表示を禁止することはできません。 PowerPoint ファイルは、エンタープライズ管理者が定義した会議内容の有効期限ポリシーに従って Lync Server に保存されます。 情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: PowerPoint でのグループ作業により、会話の出席者は効果的なプレゼンテーションを行ってフィードバックを受けることができます。

選択/コントロール: iPad ユーザーは、他の会議参加者が共有している PowerPoint プレゼンテーションの表示のみが可能です。 iPadからプレゼンテーションPowerPointアップロード、注釈付け、共有することはできません。

ページの先頭へ

プレゼンスと連絡先情報

この機能について: プレゼンスと連絡先情報では、ユーザーは (組織内外の) 他のユーザーに関するプレゼンスと連絡先情報を表示したり、自分の公開情報 (プレゼンス、状態、タイトル、電話番号、場所、メモなど) を共有できます。 エンタープライズ管理者は Outlook と Exchange Server との統合を構成して、ユーザーの不在メッセージやその他の状態情報 (たとえば、Outlook 予定表に会議のスケジュールが設定されているなど) が表示されるようにすることもできます。

収集、処理、または送信される情報: ログインと認証の目的のためのサインイン アドレスとパスワード。 アクセスできるようにする追加の電話番号、不在メッセージやその他の状態情報 (Outlook と Exchange Server との統合が管理者によって構成され、Outlook で有効にされている場合)、ユーザーが手動で入力したメモや空き情報が連絡先カードで利用できるようになります。 Microsoft に情報が送られることはありません。

情報の使用: サインイン アドレスとパスワードは、Lync にログインし、Lync サーバーに接続するために使用されます。 ユーザーがプライバシー設定を構成した方法に基づいて、他の Lync ユーザーとプログラムは、公開されている場合はプレゼンス、連絡先、状態情報にアクセスできるため、ユーザーは相互にコミュニケーションを取ることができます。

選択/コントロール: プレゼンスと連絡先情報の設定は Lync デスクトップ クライアントから管理します。

ページの先頭へ

プライバシー モード

この機能について: プライバシーモードは、プレゼンス情報 (空き時間情報、取り込み中、応答不可など) を、連絡先リストに表示されている連絡先とだけ共有できるようにする設定です。

収集、処理、または送信される情報: プライバシー モードを有効にすると、Lync は、プレゼンス情報が連絡先リスト内の連絡先とのみ共有されるようにユーザーがユーザー設定を調整できるモードになります。 Microsoft に情報が送られることはありません。

情報の用途: この設定により、ユーザーはプレゼンス データの共有方法を決定できます。

選択/制御: プライバシー モードは、エンタープライズ管理者によって有効または無効になっています。 プライバシー モードが有効になっている場合は、Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

プッシュ通知

この機能の機能: プッシュ通知は、モバイル デバイスで新しいメッセージを受信したときに通知するメカニズムです。 通知は、デバイスのオペレーティング システムに応じて、ポップアップ通知、サウンド、ホーム画面アイコンの番号バッジなど、さまざまな方法で提供できます。 通知は、デバイスが新しいメッセージを受信したときに、デバイス上でローカルに生成されます。 これは、Lync for iPadがフォアグラウンドで実行されていない場合にのみ発生します。 Lync for iPadがフォアグラウンドで実行されている場合、プッシュ通知は抑制されます。 プッシュ通知は有効または無効にできますが、プッシュ通知を無効にしてもメッセージの受信は停止されません。通知機能が無効になります。 新しいメッセージの受信を停止するには、iPadのために Lync からサインアウトする必要があります。

収集、処理、または送信される情報: モバイル デバイスでは、情報は収集、処理、または送信されません。 他の Lync ユーザーからデバイスに送信されたすべてのメッセージは、Microsoft Lync Server プッシュ通知サービスを通過し、デバイスに配信するためにiPadプッシュ通知サービスにルーティングされます。 会話が確立されると、すべてのメッセージが会話の参加者間を直接移動します。 iPadプライバシー ポリシーの詳細については、Apple カスタマー プライバシー ポリシーに関するページを参照してください。

情報の使用: [プッシュ通知] 設定では、Lync for iPadがフォアグラウンドで実行されていないときに、iPadの Lync が受信する新しいメッセージについて通知を受け取るかどうかを決定します。

選択/コントロール: プッシュ通知は、エンタープライズ管理者によって、有効または無効にされます。 プッシュ通知が有効になっている場合は、次の手順を使用して、有効または無効することができます。

  1. ホーム画面で、設定 アイコンをタップします。

  2. オプションの一覧から [通知] を選択します。

  3. [通知] トグルが [オン] の位置にあることを確認します。

  4. アプリケーションの一覧から Lync を選択します。

  5. [アラート]、[サウンド]、[バッジ] の切り替えを [オン] の位置にスライドします。

ページの先頭へ

電子メールとして送信

この機能の機能: 電子メールとして送信すると、Lync 2010 を、ユーザー指定の電子メール アドレスの添付ファイルとして、デバイスにローカルに保存されているインスタント メッセージの会話履歴iPad送信できます。

収集、処理、または送信された情報: インスタント メッセージ会話内のすべての受信コンテンツと送信コンテンツは、1) ユーザーが会話を削除するか、2) ユーザーがアプリケーションをアンインストールするか、3) 新しいユーザーが同じデバイスにサインインしない限り、無期限に分離ストレージ内のデバイスにローカルに保存されます。 電子メールとして送信機能を使用して送信されたインスタント メッセージ履歴は、ユーザーの電子メール アドレスに電子メールの形式で配信されます。 Microsoft に情報が送信されることはありません。

情報の使用: ユーザーは、アーカイブや共有などの目的で、デバイスの外部でインスタント メッセージの会話を利用できるように、指定された電子メール アドレスにインスタント メッセージ会話履歴を電子メール添付ファイルとして送信できます。

選択/制御: インスタント メッセージの会話履歴は、デバイスに自動的に保存されます。 この機能を無効にする方法はありません。 インスタント メッセージの会話履歴は、次のように削除できます。

  1. [チャット] タブで、[ 編集] をタップします。

  2. 削除する会話を選択します。

  3. [削除] をタップします。

インスタント メッセージの会話履歴は、次の手順を使用して送信されます。

  1. 会話ウィンドウで、ナビゲーション バーの [アクション] ボタンをタップします。

  2. メニューから、[電子メールとして送信] を選択します。

  3. 自分以外のユーザーに履歴を送信する場合は、宛先の電子メール アドレスを入力します。

  4. [送信] をタップします。

ページの先頭へ

ログの送信

この機能の機能: ログを送信すると、iPad ログに対して Lync を送信できます (この補足資料の「ログ記録」セクションを参照)。 サポート チームは、発生する可能性のあるオーディオまたは接続の問題を調査できます。

収集、処理、または送信された情報: ログが収集する情報のみが送信されます (ログが有効になっている場合)。 ログに記録される情報については、この補足資料の前の「ログ記録」セクションを参照してください。

情報の用途: デバイスから収集された情報は、検出された問題のトラブルシューティング、および Lync を向上させるために使用されます。

選択/制御: iPadの Lync では、デバイスからログが自動的に送信されません。 代わりに、デバイスでログが有効になっている場合にのみログが送信されます (この補足資料の「ログ記録」セクションを参照してください)、次の手順を使用して Lync ログを手動で送信します。

  1. Lync for iPad の [自分の情報] タブで、[オプション] をタップします。

  2. オプションの一覧から [ログ] を選択します。

  3. [ログ] オプション ページで、[ログファイルを送信] をタップします。

  4. ログが添付された電子メール フォームが開くので、リンク先の電子メールアドレスを入力し、[送信] をタップします。

ページの先頭へ

ユニファイド連絡先の保存

この機能について: ユニファイド連絡先の保存は、3 つの主要な機能で構成され、次の 2 つは Lync for iPad で使用できます。

  • 検索マージ - 検索マージでは、グローバル アドレス一覧 (GAL) と Lync 連絡先がマージされるため、連絡先を検索するときに検索結果に 1 つのエントリのみが含まれます。

  • 連絡先の結合: 連絡先の結合機能は、電子メール識別子、サインイン識別子、またはその両方を使用して、GAL、Lync Server、および iPad 連絡先リスト間の連絡先情報を集約します。 一致が決定されると、Lync for iPadはこれらのソースのデータを集計し、検索結果、連絡先リスト、連絡先カードなど、さまざまなユーザー インターフェイス コンポーネントに集計データを表示します。

収集、処理、または送信された情報: iPadの Lync は、Outlook、Active Directory、Presence、およびiPadからの連絡先情報を集計します。 この情報は Lync for iPad 内部で使用されます。

情報の使用: Outlook、Active Directory、Presence、およびiPadからの連絡先情報は、lync for iPad ユーザー インターフェイスに表示されます。

選択/コントロール: 統合連絡先ストアの設定は Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×