Outlook で予定表を共有するためのユーザーエクスペリエンスの変更

Outlook for Microsoft 365 (バージョン1805以降) の現在のチャネルビルドでは、Microsoft 365 アカウントまたは Outlook.com アカウントを使用している場合に、予定表を共有する際により簡単なユーザーエクスペリエンスを提供します。

新しい共有機能では、アクセス許可レベルとその他の関連するオプションが統合され、わかりやすく、理解しやすくなりました。 Outlook for Windows、Outlook for Mac、Outlook.com、Outlook on the web などのすべての最新の Outlook クライアントで、同じオプションと権限レベルが表示されます。

このシンプル化により、Outlook エクスペリエンスのルックアンドフィールをいくつか変更する必要がありました。 さらに、サポートされなくなった共有シナリオが2つあります。

  • メールボックスへのフルアクセス許可がある場合、予定表を共有する

  • メールボックスの作成者アクセス許可を持っている場合の予定表の共有

メールボックスへのフルアクセス許可がある場合、予定表を共有する

メールボックスへのフルアクセス許可がある場合は、[予定表のプロパティ] ダイアログボックスを開き、[アクセス許可] を選択すると、いくつかのアクセス許可を表示できないことを示すメッセージが表示されます。

権限を表示できません

詳細については、管理者が Fiddler でサーバーの応答を表示することができます。 このエラーメッセージは、次の400メッセージのようになります。

{"エラー": {"コード": "ErrorIncorrectRoutingHint"、"メッセージ": "x アンカーメールボックス ' PUID: MailboxPUID ' は要求のターゲットと一致しません。"}}

メールボックスの作成者アクセス許可を持っている場合の予定表の共有

メールボックスに対して Author アクセス許可を持っている場合、予定表を共有することはできません。 この機能は、今後の更新プログラムで復元する必要があります。

回避策

レジストリキーを設定して Microsoft 365 のユーザーのブロックを解除する

警告: このセクションは、レジストリを手動で変更する必要があるため、管理者を対象としています。 さらに、組織には、ユーザーが自分のレジストリを変更できないようにするグループポリシーが実装されている場合があります。 このセクションの手順には慎重に従ってください。 レジストリの編集を誤ると、重大な問題が発生する可能性があります。 変更を加える前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップして復元します。

従来の予定表共有 UI を取り戻すためのレジストリキーを導入しました。 この新しいレジストリキーは、現在のチャネルバージョン1903以降でサポートされています。 現在のチャネルバージョン1903は、2019年4月にリリースされました。 管理者は次のレジストリサブキーを作成する必要があります。

レジストリサブキー

種類​​

HKCU\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Calendar\ShowLegacySharingUX

REG_DWORD

1

レジストリサブキーを追加する

関連トピック

Microsoft 365 での予定表​​​の共有

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×