Outlook の共有予定表に関する既知の問題

最終更新日:2017 年 7 月 20 日

状態: 修正済み

この問題は、最新の更新プログラムで修正されています。

予定表とメールを正常に同期するには、Outlook.com アカウントを Windows 向け Outlook に再接続します。 詳細な方法については、「引き続きメールにアクセスできるように Outlook 2016 または Outlook 2013 を Outlook.com に再接続してください」を参照してください。

最終更新日:2017 年 5 月 2 日

現在は、Outlook.com アカウントを Outlook に再接続した場合でも、Outlook.com アカウントと共有されている予定表を Windows の Outlook を使って編集することはできません。 Windows の Outlook 2016 で、共有されている予定表を編集できるようにする作業を現在行っています。

共有された予定表を編集するには、オンラインで各自の Outlook.com カレンダーにアクセスして、Windows 10 の予定表を開くか、モバイル デバイスを使用します。 詳細については、「Outlook.com アカウントを別のメール アプリに追加する」を参照してください。

最終更新日:2017 年 5 月 2 日

問題

Outlook 2016 で Microsoft 365 for business アカウントを使用して共有の Outlook.com 予定表を許可しようとすると、"問題が発生しました" というエラーが表示される、またはサインインに失敗する場合があります。

状態: 回避策

Microsoft 365 for business アカウントと共有された予定表にアクセスするには、Outlook on the web、iOS、または Android からの招待を承諾する必要があります。 Outlook 2016 で既に [承諾] ボタンをクリックした場合は、別の Outlook アプリケーションから再度招待を承諾することはできません。 招待状を送信したユーザーは、ユーザーの権限を削除して、新しい招待を送信する必要があります。

Outlook.com「問題が発生しました」エラー コード 500

共有予定表を承諾するときに、HTTP 500 エラーが表示されることがあります。 もう一度 [承諾] を選択すると、Outlook で招待の承諾が完了します。 共有予定表にリダイレクトされます。 チームはこの問題の解決に向けて取り組んでいます。 エラーが複数回表示される場合は、サポートにお問い合わせください

予定表は Outlook.com アカウントにリンクされており、接続されているアカウントではありません。 予定表の招待は、予定表にリンクされているアカウントから送信されます。

過去に割り当てられた別のアカウントまたはアクセス許可とセキュリティ プリンシパルの競合が発生している可能性があります。

回避策:

  1. Active Directory ドメイン コントローラーで ADSI エディターを開きます。

  2. Outlook on the web で予定表を共有しようとしているユーザーを探します。

  3. ユーザー名を右クリックして、[プロパティ] を選択します。

  4. [属性エディター] を選択します。

  5. 'publicDelegates' 属性と 'msExchDelegateListLink' 属性を編集して、予定表を共有している他のユーザーの名前を削除します。

詳細については、「ADSI Edit を使用してアクセス許可を適用する方法」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

注: サポートを受けるには、最初にサインインする必要があります。 サインインできない場合は、アカウント サポートにアクセスしてください。

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

関連項目

Outlook.com でカレンダーを共有する

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×