次の機能には、特定の Outlook ライセンスと、Microsoft Exchange Online アカウントまたは Microsoft Exchange Server Microsoft Exchange Serverクライアント ライセンス (CAL) を使用する Microsoft Exchange Server ライセンスが必要です。

  • インプレース アーカイブ

  • アイテム保持ポリシー

  • Information Rights Management (IRM) の適用

  • サイト メールボックス

  • DLP ポリシーのヒント

Outlook 製品ライセンス

これらのライセンスは、リテール購入を通じてご利用いただけます。 Outlook のリテール ライセンス版には Exchange Server または Exchange Online は含まれていませんが、Exchange に接続して特定の機能をご利用いただけるものもあります。

インプレース アーカイブ 1

アイテム保持ポリシー

IRM の適用 2

サイト メールボックス 3

DLP ポリシーのヒント 4

Outlook 2021 スタンドアロン

Outlook 2021 Microsoft Office Home & Business 2021に含まれています

Outlook 2019 スタンドアロン

Outlook Home and Business 2019 に含まれる Microsoft Office 2019

Outlook 2016スタンドアロン

Outlook 2016 Standard 2016 Microsoft Office付属

Outlook 2016 2016 年Microsoft Office Professional付属

Outlook 2016 Home and Business 2016 Microsoft Office付属

Outlook 2013 単体製品

Outlook 2013 (Microsoft Office Standard 2013 に付属)

Outlook 2013 (Microsoft Office Professional 2013 に付属)

Outlook 2013 (Microsoft Office Home and Business 2013 に付属)

Outlook 2010 スタンドアロン6

Outlook6に含まれる 2010 Microsoft Office Professional Plus 2010

Outlook 2010 に含まれる Microsoft Office 2010

Outlook 2007 単体製品5

Outlook 2007 (Microsoft Office Ultimate 2007 に付属)5

Outlook ボリューム ライセンス

これらのライセンスは、ボリューム ライセンスの場合のみ使用できます。 詳細については、「Microsoft ボリューム ライセンス プログラム」を参照してください

インプレース アーカイブ 1

アイテム保持ポリシー

IRM の適用 2

サイト メールボックス 3

DLP ポリシーのヒント 4

Outlook LTSC 2021 Microsoft Office LTSC Standard 2021に含まれています

Outlook LTSC 2021 Microsoft Office LTSC Professional Plus 2021に含まれています

Outlook LTSC 2021 スタンドアロン

Outlook Standard 2019 に付属Microsoft Office 2019

Outlook Plus 2019 に含まれる Microsoft Office Professional 2019

Outlook 2019 スタンドアロン

Outlook 2016スタンドアロン

Outlook 2016 2016 年Microsoft Office Professional付属

Outlook 2016 Standard 2016 Microsoft Office付属

Outlook 2013 単体製品

Outlook 2013 (Microsoft Office Professional Plus 2013 に付属)

Outlook 2013 (Microsoft Office Standard 2013 に付属)

Outlook 2010 単体製品

Outlook 2010 (Microsoft Office Professional Plus 2010 に付属)

Outlook 2010 (Microsoft Office 2010 に付属)6

Outlook 2007 単体製品5

Outlook 2007 (Microsoft Office Professional Plus 2007 に付属)5

Outlook 2007 (Microsoft Office Enterprise 2007 に付属)5

Outlook 2007 (Microsoft Office 2007 に付属)5

Outlookサブスクリプションの Microsoft 365

これらのサブスクリプションは、オンライン購入およびチャネルの選択を通じて利用できます。 詳細については、「サービスの説明」Office 365参照してください

インプレース アーカイブ 1

アイテム保持ポリシー

IRM の適用 2

サイト メールボックス 3

DLP ポリシーのヒント 4

Outlookの Microsoft 365 Apps for enterprise

Outlookの Office 365 Enterprise E3

Outlook (Microsoft 365 Apps for business に付属)

Outlook (Microsoft 365 Business Standard に付属)

注: Outlookは、 Office 365 Small Business Premium Midsize Business の一部として利用できます。 Microsoft 365 Business Standard これらのプランは、時間のと一度に置き換わる予定です。 この影響の詳細については、Microsoft 365 管理センター のメッセージ センターにアクセスするか、 Microsoft 365 してください。

1 In-Placeアーカイブポリシーとアイテム保持ポリシーには、2013 年Exchange Server 2013 年、Exchange Online Archiving (EOA)、Exchange Online、または Microsoft 365が必要です。 この機能を含Exchange Onlineオンラインプランについては、「サービスの説明」を参照してください。

2 IRM の適用には、Active Directory Rights Management Services (AD RMS) が必要です。 この機能を含Exchange Onlineオンラインプランについては、「サービスの説明」を参照してください。

3 サイト メールボックスには、Exchange Server 2013 + SharePoint Server 2013、Exchange Online + SharePoint Online、または Microsoft 365が必要です。 この機能を含Exchange Onlineオンライン プランについては、「Exchange Onlineサービスの説明」と「SharePoint オンライン サービスの説明」を参照してください。

4 DLP ポリシーヒント 2013、Exchange Server、または をExchange Online必要 Microsoft 365。 この機能を含Exchange Onlineプランについては、「サービスの説明」を参照してください。

5 これらを展開または変更できるのは Exchange Server 管理者だけです。 Outlook 2007 ユーザーは、Outlook Web App (OWA) が有効な場合にのみ、OWA でポリシーを表示または変更できます。

ポリシーがない場合は次の操作ができます。

  • インプレース アーカイブに、またはインプレース アーカイブからメッセージをドラッグ アンド ドロップする

  • インプレース アーカイブに、またはインプレース アーカイブからメッセージをコピーして貼り付ける

  • [移動] メニューを使ってメッセージをインプレース アーカイブに移動またはコピーする

  • クライアント側ルールを作成して、メッセージをインプレース アーカイブに移動またはコピーする

ユーザーは、選んだインプレース アーカイブのフォルダーでのみ、検索を実行できます。 また、Exchange Server プライマリ アカウントのフォルダーでクイック検索を使って検索を実行しても  ([すべてのメール アイテム]  が指定されていても)、インプレース アーカイブのアイテムは返されません。

6 Microsoft Office Standard 2010 ユーザーは、Outlook Web App (OWA) を使ってインプレース アーカイブにアクセスできます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×