注: 仕事用または学校 Outlook on the web アカウントを使用してアカウントにサインインする場合は、 Microsoft 365。 Outlook.com、Hotmail、Live、MSN アカウントで予定表をインポートまたはサブスクライブする手順については、「Outlook.comで予定表をインポートまたはサブスクライブする」を参照してください。

この Outlook on the web.ics ファイルから既存の予定表にイベントをインポートしたり、オンラインで予定表を購読したりして、自動更新 (ICS サブスクリプションまたは iCal サブスクリプションと呼ばれる) を受け取ります。 Web サイトまたは Apple iCal、Google カレンダー、Mozilla Lightning などの .ics ファイル形式をサポートしているカレンダー プログラムからカレンダーをインポートすることができます。

インターネットで iCals の一覧を検索できます。 劇場、スポーツ チーム、学校などの Web サイトによくある「カレンダーに追加」リンクを使って iCal をダウンロードすることができます。 Bingの候補も表示されます。

予定表の追加の詳細については、「Outlook.comまたは Outlook on the web で予定表を追加する」を参照してください。

注: Microsoft は、サード パーティの予定表の正確性やコンテンツについて責任を負いません。 サード パーティ製の予定表に対してインポートまたは購読を行う前に、使用条件を確認することをお勧めします。

注: 指示が表示と一致しない場合は、古いバージョンのOutlook on the webを使用している可能性があります。 「従来の Outlook on the web 用の手順」を試してみてください。

  1. 追加する予定表を探し、コンピューター上のフォルダーに .ics ファイルとして保存します。

  2. Outlook on the web にサインインします。

  3. ページの下部にある Calendar を選択し、[予定表] ページに移動します。

  4. ナビゲーション ウィンドウで、[予定表のインポート] を選択します

    予定表のインポートのスクリーンショット

  5. [カレンダーのインポート] の下で [ファイルから] を選択します。

  6. [ファイルからインポート] の下で、[参照] を選択し、.ics ファイルを選択してから、[開く] を設定します。

  7. [ インポート] で、ファイルをインポートする予定表を選択し、[インポート] を 選択します

  1. Outlook on the web にサインインします。

  2. ページの下部にある Calendar を選択し、[予定表] ページに移動します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、[予定表のインポート] を選択します

    予定表のインポートのスクリーンショット

  4. [カレンダーのインポート] の下で [Web から] を選択します。

  5. [予定表へのリンク] の下で、リンクする予定表の URL を入力します。

  6. [予定表の名前] の下で、予定表に使用する名前を入力します。

  7. [インポート] を選択します。

注: iCal でイベントが変更されるたびに、イベントが予定表を更新 Outlook on the web 24 時間以上かかる場合があります。

  1. Outlook on the web にサインインします。

  2. ページの下部にある Calendar を選択し、[予定表] ページに移動します。

  3. 予定表のナビゲーション ウィンドウで、[予定表のインポート] を選択します

    予定表のインポートのスクリーンショット

  4. [カレンダーのインポート] の下で [ディレクトリ から] を選択します。

  5. 追加する予定表の名前かメール アドレスを入力します。 Outlook on the web で一致するエントリが組織のディレクトリから自動的に検出されます。

  6. [追加] を選択します。

注: 一度に追加できる予定表は 1 つだけです。 追加する各予定表でこの手順を繰り返します。

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. 追加する予定表を探し、コンピューター上のフォルダーに .ics ファイルとして保存します。

  2. Outlook on the web にサインインします。

  3. ナビゲーション ウィンドウの下部にある [予定表] アイコンをクリックします。

  4. ツール バーで、[予定表の追加] をクリックします

  5. [ ファイルから] をクリック、[参照] をクリックして .ics ファイルを選択し、[開く] を クリックします

  6. [予定表] の横にある下向き矢印を クリックし、一覧から予定表を選択します。

  7. [保存] をクリックします。

  1. Outlook on the web にサインインします。

  2. ナビゲーション ウィンドウの下部にある [予定表] アイコンをクリックします。

  3. ツール バーで、[予定表の追加] をクリックします

  4. [ インターネットから]をクリックし、[予定表への リンク ] ボックスに、予定表の Web アドレスを入力するか、コピーして貼り付けます。

  5. [予定表の名前] ボックスに、リンクした予定表の名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

注: iCal でイベントが変更されるたびに、イベントが予定表を更新 Outlook on the web 24 時間以上かかる場合があります。

  1. 予定表でツールバーに移動し、[予定表の追加]、[ディレクトリから] の順に選択します。

  2. 追加する予定表の名前を [ディレクトリから] ボックスに入力します。 Outlook on the web で一致するエントリが組織のディレクトリから自動的に検出されます。

  3. 追加する予定表を選択し、[開く] を選択します。

インポートとサブスクライブの違い

.ics ファイルをインポートすると、インポート時にカレンダー内にイベントのスナップショットが作成されます。 元のカレンダーの所有者が更新した場合でも、カレンダーにインポートしたイベントは自動的に更新されません。 これは、既存のカレンダーに変更されないイベント (タイド テーブルや月のフェーズなど) を追加する場合に便利な方法です。

iCal オンライン カレンダーを購読すると自分のカレンダーに接続されます。 サブスクライブした iCal の所有者がイベントに変更を加えるたびに、 Outlook on the web を更新できます。 映画の上演時間や学校のカレンダーなどの頻繁に変更されるイベントを追跡する場合は、この方法が有効です。

注: この更新には 24 時間以上かかる場合があります。ただし、更新は約 6 時間ごとに行う必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×