POP と IMAP の違い

POP3 (Post Office Protocol)

POP3 は以前のプロトコルの1つで、当初は 1 つンピューターだけで使用するように設計されていました。 双方向同期を使用する最新のプロトコルとは異なり、POP3 では片方のメール同期のみをサポートし、ユーザーはサーバーからクライアントにメールをダウンロードできるだけです。 このため、POP3 アカウントは次のようなより最新のサービスにある基本的な機能をほとんど備えていません。

  • 複数のデバイスでメッセージを既読にマークする機能。つまり、ユーザーが POP を使用して別のデバイスにメールをダウンロードするたび、他のデバイスでは既読になったことが表示されず、新しいメッセージとして表示されます。

  • 複数のデバイスからアイテムを送信する機能。 送信済みアイテムは POP を使用して同期することはできず、アイテム送信元のデバイスにのみ保存できます。

  • メールが届くたび、デバイスに送り出す機能。 この機能がない場合、自動的にメール サーバーを定期確認できるようにデバイスを設定し、新しいメッセージを受信したどうか確認する必要があります。

  • 特別なフォルダーを作成するか、そのメール アカウントを使用しているすべてのデバイスで使用できる 1 つのデバイスを設定します。 POP を使用する場合、ユーザーはすべてのデバイスでこれらを手動で作成または設定する必要があります。 つまり、ユーザーが 1 つのデバイスでメールを整理している場合、その POP メール アカウントを使用する他のすべてのデバイスでもう一度整理しなおす必要があります。

IMAP (インターネット メッセージ アクセス プロトコル)

IMAP アカウントを使用すると、メッセージはリモート サーバーに保存されます。 ユーザーは、コンピューターまたはモバイル デバイスで複数のメール クライアントからログインし、同じメッセージを読むことができます。 メールボックスに加えた変更はすべて複数のデバイス間で同期され、メッセージはユーザーがメールを削除した場合にのみサーバーから削除されます。

  • 複数のコンピューターとデバイスを使用して同時にログインすることができます。

  • メール アーカイブはサーバーで同期保存され、すべての接続デバイスでアクセスできます。

  • 送信済みメールと受信メールは、ユーザーが完全に削除するまでサーバーに保存されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×