Sway でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク

装飾アイコン。 スクリーン リーダーのコンテンツ

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」を参照してください。

キーボード Sway 、組み込みのスクリーン リーダーであるナレーター Windowsを使用して、対話型のレポート、プレゼンテーション、個人用ストーリーを作成できます。

Sway 個々のカードとしてコンテンツを構成します。 各カードは、タイトル、画像、ビデオなど、ドキュメント内の要素を表します。 新しいタイトルを作成 Sway、タイトル カードがあります。 テキスト、画像、ビデオ、埋め込みアイテムを追加するだけ。 Sway は、すべてのデバイスで完成したコンテンツが美しく表示されます。

アカウントを使用するには、組織アカウント (Microsoft アカウント、学校アカウント、仕事用アカウントなど) が Sway。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • ナレーターを使用する場合は、スキャン モードをオフにします。

この記事の内容

Windows 10 で Sway ユニバーサルを始める

  1. [スタート] メニューを開き、「Sway」と入力します。

  2. Enter キーを押します。 "メニューを離れる。 Sway.” フォーカスは Sway の [新しい作成 ] ボタン にあります。

カードの挿入

  1. Caps Lock キーを押したままにしてください。 "コンテンツの挿入、ボタン" と聞こえるまで矢印を押します。

  2. Space キーを押します。 "選択されました。 [推奨されるカードの種類] タブ項目を表示します。"

  3. Caps Lock を長押しします。 方向キーを押して、すべてのタブを順番に切り替えます。 "選択されていません。 テキストを表示する |メディア |グループ カードの種類タブ項目。 2 つ |3 つ |4 つのうちの 4 つ" と読み上げられます。

  4. 必要な場合、タブを切り替えるには、Space (または Enter) キーを押します。 チャイムが聞こえます。

  5. 各タブの下にある情報を確認するには、最初にタブを選び、CAPS キーを押したままにします。 "カードを挿入する" と聞こえるまで<押>します。 ボタン" と読み上げられるまで、方向キーを押します。 (たとえば、"見出し 1 カードを挿入します。 ボタン.")

  6. Space (または Enter) キーを押し、前のカードの下にカードを挿入します。 カードが追加されます。

Sway の保存

Sway により、作業に合わせて自動的にコンテンツが保存されます。

Sway の共有

[オプション] メニューを使用するか、ブラウザーから URL をコピーして、他のユーザーに送信すると、Sway を共有することができます。

  1. Alt + Shift + S キーを押します。 "共有" と聞こえ、次に "共有、トグル" と聞こえました。 Sway ボタンが押されています。" または "オン。 共有。 このボタンを Sway します。"

  2. [共有] ボタンがオフの場合、Space キーを押します。

  3. "世界と共有" を選択するには、docs.com に公開するか、Facebook、Twitter、埋め込みコードを使用して "友人と共有" することができます。 Tab キーを押して選択し、Enter キーを押します。

Sway の検索

  1. "検索を開くボタン" と聞こえるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 アクティブにするには、Space キーを押します。"

  2. Space キーを押し、検索用語を入力します。

  3. Enter キーを押します。 "検索していますドット ドット ドット" という音声に続いて、検索用語が見つかったインスタンスの番号が読み上げられます。 フォーカスは最初のインスタンスにあります。

  4. 次のインスタンスに移動するには、Enter キーを押します。

Sway の閲覧

スクリーン リーダーで、Sway を簡単に閲覧するには、まずユーザー補助表示に切り替えます。

  1. "App Switcher ボタン メニューの選択" とOfficeまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 フォーカスがツール バーに移動します。

  2. "その他のオプション ボタン メニュー" と聞こえるまで Tab キーを押します。

  3. Enter キーを押します。 "その他のオプション Sway リンク" と聞こえます。 ナレーターでは、"その他のオプション ボタン" と聞こえます。

  4. 下方向キーを押し、"フル キーボード機能とスクリーン リーダーですべてのコンテンツにアクセスできるハイコントラストデザイン Sway 表示するボタン" と読み上されるまで、下方向キーを押します。 Enter キーを押します。

  5. Caps Lock キーを押 Sway 右方向キーまたは左方向キーを押して、画面をスクロールします。

関連項目

Sway のユーザー補助機能

Sway のキーボード ショートカット

障碍のある方に対する、Sway デザインのアクセシビリティを高める

キーボード Sway 、 JAWS やナレーター (Windows の組み込みスクリーン リーダー) などのスクリーン リーダーを使用して、対話型のレポート、プレゼンテーション、個人的なストーリーを作成します。

Sway 個々のカードとしてコンテンツを構成します。 各カードは、タイトル、画像、ビデオなど、ドキュメント内の要素を表します。 新しいタイトルを作成 Sway、タイトル カードがあります。 テキスト、画像、ビデオ、埋め込みアイテムを追加するだけ。 Sway は残りを実行し、任意のデバイス Sway が正しく表示されます。

アカウントを使用するには、組織アカウント (Microsoft アカウント、学校アカウント、仕事用アカウントなど) が Sway。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。 ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの詳細なガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。 JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • を使用 Sway、Web ブラウザーとして Microsoft Edge 使用することをお勧めします。 Web Sway で実行される場合、キーボード ショートカットはデスクトップ プログラムとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl キー + F6 キーを使用します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) のような一般的なショートカットは、Web ブラウザーには適用され、 は適用 Sway。

  • ナレーターを使用する場合は、スキャン モードをオフにします。

  • を使用 JAWS仮想カーソルがオフに設定されている必要があります。 JAWS が自動的に仮想カーソルをオフにします。 仮想カーソルがオンになっている場合は、Insert + Z キーを押してオフにします。

この記事の内容

Sway を始める

  1. Web ブラウザーを開きます。

  2. sway.office.com に移動します。 "Microsoft Sway。 視覚的に印象的なニュースレター、プレゼンテーション、ドキュメントを数分で作成できます。 はじめに。 フォーカスは [フォーカス]ボタンはじめにされます。 Enter キーを押します。

  3. Microsoft アカウントにサインインしていない場合は、[サインイン] ダイアログが 開きます。 組織または学校のアカウントにサインインします。

    Sway の作成] ボタンにフォーカスが移動 して開 きます。

カードの挿入

  1. 新しいカードを挿入するコンテンツが聞こえるまで Tab キーを押します。

  2. "コンテンツの挿入" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 "選択されました。 [推奨されるカードの種類] タブ項目を表示します。 4 つの中から 1 つ。

  3. 左方向キーと右方向キーを使用して、カードの種類のタブを切り替える。 タブを選ぶには、Enter キーを押します。

  4. Tab キーを押し、左方向キーと右方向キーを使用して、タブ内のカードの種類を参照します。

  5. 必要なカードの種類が聞こえれば、Enter キーを押してカードを挿入します。 カードがアカウントに追加 Sway。

Sway の保存

Sway により、作業に合わせて自動的にコンテンツが保存されます。

Sway の共有

リンクを生成 Sway 連絡先に送信することで、共有を共有できます。

  1. [共有] メニュー を開 くには、Alt キーと Shift キーを押しながら S キーを押します。

  2. [共有] メニューの オプション を使用して、共有するユーザーと共有するユーザー Sway 編集できるかどうかを定義します。

  3. ファイルのリンクをコピーするには Sway、"リンクのコピー" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 リンクをメッセージに貼り付け、連絡先に送信します。

[検索] を使用して Sway

  1. "Sway" と聞こえるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、もう一度 Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 "Sway" と読み上されます。

  2. "検索を開く" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. 検索語句を入力し、Enter キーを押します。 ナレーターが検索結果の数を発表します。 フォーカスは最初のインスタンスにあります。

  4. 次のインスタンスに移動するには、Enter キーを押します。

Sway の閲覧

スクリーン リーダーで Sway を読み上げ、アクセシビリティ ビュー に切り替えます

  1. " と読み上こえるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押Sway。 フォーカスはツール バーにあります。

  2. "その他のオプション" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. "アクセシビリティ ビュー" と聞こえるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • ナレーターを使用して、Caps Sway キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押して、ウィンドウ内をスクロールします。

    • を JAWS、Insert キーを押しながら Z キーを押して仮想カーソルを有効にします。 上下の方向 Sway を使用して、画面をスクロールします。

関連項目

Sway のユーザー補助機能

Sway のキーボード ショートカット

障碍のある方に対する、Sway デザインのアクセシビリティを高める

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×