UML 要素のアクションを編集する

  1. アクションの名前を入力します。

  2. ボックスの一覧から必要なステレオタイプを選びます。 使用するステレオタイプが一覧にない場合は、[ UML ] メニューの [ステレオタイプ] をクリックして、新しいステレオタイプを追加したり、既存のステレオタイプを編集したりすることができます。

  3. 要素に追加するドキュメントを タグ付き値として入力します。 要素を表す図形またはアイコンを選択すると、ここで入力したドキュメントも [ドキュメント] ウィンドウに表示されます。

  4. 選択した通話の種類に応じて、次の表で説明するように、他のプロパティを完了させることができます。

    プロパティ

    説明

    適用対象

    Governor

    作成 動作 の実行時にインスタンスを作成する 分類子 を選びます。

    アクションを作成する

    モード

    呼び出し元が操作が実行されるまで待機しても、すぐに続行する場合は、[非同期] を選びます。 操作が実行されるまで、呼び出し元が待機する場合は、[同期] を選びます。

    通話アクション

    Operation

    通話アクションまたはローカル呼び出しによってディスパッチされる 操作​​ を選択します。

    呼び出しアクション、ローカル呼び出し

    電波

    送信アクションによってディスパッチされている シグナル または例外を選択します。 ステートマシンに関連付けられているクラスに対して受信したシグナルおよび例外のみが一覧表示されます。

    送信アクション

    '96'7b

    解釈されないアクションの定義を入力します。

    解釈のないアクション

関連項目

のタグ付き値

の制約

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×