Outlook on the web でのメッセージの作成は、[新規作成] を選択してメッセージを作成し、[送信] を選択することで簡単に行うことができます。 受信したメール メッセージに対して [返信] または [全員に返信] を選択して返信することも、[転送] を選択して他のユーザーに転送することもできます。

注:  Microsoft 365 アカウントからメールを送信できない場合は、「メッセージが送信されない」を参照してください。

注: 指示が表示と一致しない場合は、古いバージョンのOutlook on the webを使用している可能性があります。 「従来の Outlook on the web 用の手順」を試してみてください。

  1. ページの上部で、[ + 新しいメッセージ] を選択します。

  2. [宛先] 行に、メッセージを届けるユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

    注: 新しいメールメッセージを作成するときに、ユーザーが [宛先] または [Cc] ボタンをクリックしたときに、連絡先の一覧が表示されない場合があります。 これは既知の問題です。 選択する名前を表示するには、[宛先] または [Cc] 行で入力を開始します。 関連する連絡先が表示されます。

  3. [件名を入れてください] 行に、メッセージに関する簡単な説明を入力します。

  4. メッセージにファイルを添付するには、[添付] を選択します。

    メッセージにファイルを添付する方法の詳細については、「Attach files in Outlook on the web」 (Outlook on the web にファイルを添付する) を参照してください。

  5. メッセージを入力して、[送信] を選択します。

後で送信」 機能を展開しています。これにより、メールの送信を延期し、メールメッセージの送信日時を選択することができます。

  1. メールを通常どおり作成します

  2. [メッセージの操作送信] を選択し、後で送信する

  3. メッセージを送信したい日時を選択します

  4. [送信] を選択します。

注: 

  • メッセージは、送信期限が来るまで [ 下書き] または [ 送信済みアイテム ] フォルダーに残ります。 送信予定日時まではいつでも編集または削除することができます。 編集が完了したら、もう一度 [送信] > [後で送信] を選択します。

  • メッセージの送信予定日時にオンラインである必要はありません。

注: 一度に転送できるメッセージは 1 件のみです。

  1. メッセージ一覧で、転送するメッセージを選択します。

  2. メッセージ ウィンドウの右上隅で、 転送 を選択するか、 メッセージの操作 を選択して [転送] を選択します。

  3. メッセージを入力して、[送信] を選択します。

  1. メッセージ一覧で、返信するメッセージを選択します。

  2. メッセージ ウィンドウの右上隅で、 返信 または 全員に返信 を選択するか、 メッセージの操作 を選択して [返信] または [全員に返信] を選択します。

  3. 返信を入力して、[送信] を選びます。

    注: 既定では、メッセージに返信するときには、元のメールとその履歴は表示されません。 元のメールを表示したりメールの件名を変更したりするには、メッセージ ウィンドウの下部にある メッセージ履歴を表示 を選択します。

  • [CC] または [BCC] 行に受信者を追加するには、[宛先] 行の右側で [CC] または [BCC] を選びます。

    注: メッセージの他の受信者には、[BCC] 行のユーザー名は表示されません。

    [CC] および [BCC] ボタンのスクリーンショット。

  • メッセージの下書きを破棄するには、メッセージ ウィンドウの下部にある [破棄] を選択します。

    [破棄] ボタンのスクリーンショット

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. ページの上部で [新規作成] を選択して、新しいメッセージを作成します。

    [新しいメッセージを書く] ボタンのスクリーンショット。

  2. [宛先] 行に、メッセージを届けるユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。 入力しているときに、連絡先候補の一覧が更新されます。

  3. [件名を入れてください] 行に、メールに関する簡単な説明を入力します。

  4. メッセージにファイルを添付するには、[添付] を選択します。

    メッセージにファイルを添付する方法の詳細については、「Attach files in Outlook on the web」 (Outlook on the web にファイルを添付する) を参照してください。

  5. メッセージを入力して、[送信] を選択します。

注: 一度に転送できるメッセージは 1 件のみです。

  1. メッセージ一覧で、転送するメッセージを選択します。

  2. メッセージ ウィンドウの右上隅で、 その他のアクション を選択して [転送] を選択します。

    [その他のアクション] ボタンのスクリーンショット。

  3. メッセージを入力して、[送信] を選択します。

自動転送

自動転送を設定するには、 設定、[メール]、[転送] の順に選択します。

  1. メッセージ一覧で、返信するメッセージを選択します。

  2. メッセージ ウィンドウの右上隅で その他のアクション を選択し、[返信] または [全員に返信] を選択します。

    [その他のアクション] ボタンのスクリーンショット。

  3. 返信を入力して、[送信] を選択します。

    注: 

    • メッセージが返信モードになっているときには、元のメールとその履歴は既定では表示されません。 メールを表示するには、エディターで [メッセージ履歴を表示する] を選択します。

      [メッセージ履歴を表示する] ボタンのスクリーンショット。

    • 既定のボタンを [全員に返信] から [返信] に変更することができます。 この操作を行うには、任意のメッセージを選んで、 その他のアクション を選択し、[既定値の変更] を選択します。

  • [CC] または [BCC] 行に受信者を追加するには、[宛先] 行の右側で [CC] または [BCC] を選びます。

    注: メッセージの他の受信者には、[BCC] 行のユーザー名は表示されません。

    [CC] ボタンのスクリーンショット。

  • メッセージの下書きを破棄するには、メッセージ ウィンドウの下部にある [破棄] を選択します。

    [破棄] ボタンのスクリーンショット。

  • 全員に返信して返信
    する メッセージに返信すると、[件名] 行に "RE:" と表示されます。 元のメッセージは、新しいメッセージの下に追加されます。

    注: 返信する際に、元のメッセージの添付ファイルは含まれません。

  • 転送
    メッセージを転送すると、受信者に転送されたメッセージを受信することを通知するためにプレフィックス FW: が件名行に追加されます。 転送されたメッセージには、元のメッセージとその添付ファイルがすべて含まれています。 送信前に、転送されたメッセージのテキストを編集したり、添付ファイルを追加または削除したりできます。

関連項目

Outlook on the web でファイルを添付する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×