iPhone と Surface は、連携させて便利に使うことができます。 Apple や Microsoft のアプリとサービスを使って、デバイスを接続できます。 使っているデバイスに関係なく画像、ファイル、連絡先をどこからでも取得できます。  

注: 国または地域によっては、一部のアプリをご利用いただけない場合があります。

Surface 用 iTunes を入手する

Surface では、iTunes から音楽を購入、ダウンロード、ストリーミングすることができます。 iTunes を使って iOS デバイスと Surface を同期することもできます。 まず、Microsoft Store から iTunes をダウンロードします。 

iTunes と iTunes の以前のバージョンについて詳しくは、Apple サポートの iTunes に関するページをご覧ください。

Windows 用 iCloud をセットアップする

既に iCloud を使っている場合、そのまま iCloud を使って写真、連絡先、ブックマークを Surface に同期できます。 

  1. Surface で、Microsoft Store から Windows 用 iCloud をダウンロードします。

  2. Windows 用 iCloud をインストールしてから、デバイスを再起動します。

  3. iCloud が開き、サインインを求められます。 iCloud が表示されない場合は [スタート] にアクセスし iCloud を検索して選択します。

  4. ご自分の AppleID でサインインします。

  5. Surface に同期する対象を選択し、[適用] を選択します。

OneDrive を使用して iPhone と Surface を同期する

OneDrive を使用して、iPhone の写真やファイルを Surface に同期できます。 まず Microsoft アカウントにログインする必要がありますが、OneDrive への更新や変更は、両方のデバイスに表示されます。 

Surface で OneDrive にサインインする

  1. [スタート] > [設定] > [アカウント] > [メール & アプリのアカウント] > [アカウントの追加] を選択します。

  2. Microsoft アカウントでサインインして画面の指示に従います。

OneDrive のファイルを Surface に同期する方法については、「PC の OneDrive」をご覧ください。

iPhone で OneDrive にサインインする

  1. OneDrive アプリを Apple App Store から入手します。

  2. OneDrive アプリに Microsoft アカウントでサインインし、表示される手順に従います。

iPhone の写真を Surface に取り込む

OneDrive アプリでは、iPhone で撮影した写真を自動的にアップロードできます。 アップロードした写真は、Surface でも見ることができます。 

写真を OneDrive にアップロードする

  1. iPhone で、Apple App Store から OneDrive アプリを入手します。

  2. OneDrive アプリに、Microsoft アカウントでサインインします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

  • 初めてサインインする場合は、撮影した写真を自動的にアップロードするかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[Start Camera Upload] (カメラのアップロードの開始) を選択します。

  • OneDrive アプリに既にサインインしている場合は、[自分] > [設定] > [カメラのアップロード] を選択し、[カメラのアップロード] をオンにします。 これで、iPhone で撮影した写真はすべて、OneDrive に保存されるようになります。 ビデオを OneDrive に保存する場合は、必ず [ビデオを含める] をオンにします。

Surface で写真を見る

OneDrive は Windows 10 に組み込まれているため、OneDrive の写真にはエクスプローラーからアクセスできます。

  1. Surface で、タスク バーの [エクスプローラー] を選択します。

  2. エクスプローラーの左側で、[OneDrive] を選択します。

  3. iPhone で使用している同じ Microsoft アカウントでサインインし、Surface を OneDrive にリンクします。

  4. OneDrive フォルダーが表示されたら、[画像] > [カメラ ロール] を選択します。 iPhone で撮影した写真が表示されたら、ここから開いて表示できます。

Surface と iPhone で Office アプリを使用する

iPhone で Office ドキュメントを編集する必要がある場合、Office アプリで生産性を維持できます。 ドキュメントの作成、編集、共有を iPhone から直接行い、Surface で作業を続けることができます。 

iPhone と Surface で Office ドキュメントを編集する

OneDrive に保存したドキュメントは、Surface と iPhone の両方に表示されます。 

  1. Apple App Store で Microsoft Office  を検索します。

  2. 以下のアプリの横にある [インストール] を選択します。

  3. アプリを開いて、OneDrive に保存したドキュメントの編集を開始します。

変更内容はデバイスを越えて保存されるため、iPhone で開始した作業を Surface で続行できます。

Microsoft Outlook で 1 か所からメール アカウントとカレンダーを見る

iPhone でも Microsoft Outlook を使って情報を整理しましょう。 Apple App Store から Microsoft Outlook をダウンロードすることで、普段どおりのメール操作を行うことができます。 Microsoft Outlook をセットアップすると、次のことができます。

  • すべての重要なメールを優先受信トレイで受け取る。

  • すべてのメール アカウントから連絡先や添付ファイルを検索する。

  • すべてのアカウントについて、カレンダーの予定やリマインダーをさまざまなビューで確認する。

iPhone で Web を閲覧し、Surface で引き継ぐ

iPhone と Surface をリンクして、シームレスに Web を閲覧しましょう。 iPhone で Microsoft Edge を使用して開いた Web ページの続きを Surface で読むことができます。 

iPhone を Surface にリンクする

  1. iPhone で、App Store から Microsoft Edge アプリをダウンロードします。

  2. iPhone で Microsoft Edge を開きます。 Microsoft アカウントでサインインして、Surface にリンクします。

iPhone から Surface に Web ページを送信する

iPhone での操作: 

  1. iPhone から、Microsoft Edge で Web ページを開きます。

  2. 下部のツール バーで、[PC で続行] を選択します。
    iOS の Microsoft Edge で [PC で続行] アイコンを強調したスクリーン ショット。

  3. [この URL を開く PC を選択する] または [後で続行] を選択することにより、Web ページを Surface に送信します。

ユーザーが自分のコンピューターで Web ページを開くことができるように、iOS 上の Microsoft Edge で PC を選択することを示すスクリーンショット。

  • [この URL を開く PC を選択する] では、リンクされているコンピューターを選択できます。そのコンピューターは電源が入っていてインターネットに接続されている必要があります。

  • [後で続行] では、後でアクセスできるように、リンクされているすべてのコンピューターに Web ページが送信されます。 準備ができたら、Surface でアクション センターに移動し、Web ページを選択して開きます。

関連トピック

Windows 用 iCloud をセットアップする方法について詳しくは、Apple サポートの以下のリンクをご覧ください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×