この資料は Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは 2010 年 7 月 13 日で終了しています。Windows 2000 からの移行をご検討のお客様は、Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューションセンターを参照してください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。

現象

Windows インストーラー 2.0 へのアップグレード後、Windows インストーラー サービスが開始せず、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。セーフ モードで Windows を実行している場合、または Windows インストーラーが正しくインストールされていない場合に発生する可能性があります。サポート担当者に問い合わせてください。

注: この現象は次の製品では発生しません。

  • Microsoft Windows XP

  • Microsoft Windows Millennium Edition

  • Microsoft Windows 98

原因

この現象は、次のいずれかの条件に該当する場合に発生することがあります。

  • DCOM のアクセス許可で、[既定の認証レベル] が [なし] に設定され、[既定の偽装レベル] が [匿名] に設定されている。

  • Windows インストーラーのアクセス先のフォルダーまたはレジストリ キーに対するフル コントロールのアクセス許可が SYSTEM アカウントに与えられていない。この条件は、NTFS ファイル システムを使用している場合にのみ当てはまります。

解決方法

問題に応じて、次のいずれかまたはすべての方法を実行します。

  • 方法 1: Windows インストーラーの登録を解除してから再登録する

  • 方法 2: DCOM のアクセス許可を確認する

  • 方法 3: SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可を与える

  • 方法 4: レジストリのアクセス許可を確認する

  • 方法 5: MsiServer サービスの破損したセキュリティ キーを修正する

手順を実行する前に: Service Pack がインストールされていることを確認する

Windows 2000 を使用している場合、SP2 がインストールされていることを確認します。
Windows NT 4.0 を使用している場合、SP6 がインストールされていることを確認します。

適切な Service Pack がインストールされていない場合、この資料の「詳細」の手順が正常に実行できないことがあります。

詳細

方法 1: Windows インストーラーの登録を解除してから再登録する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「MSIEXEC /UNREGISTER」と入力し、[OK] をクリックします。この操作を正しく実行しても、処理が行われていないように見えることがあります。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「MSIEXEC /REGSERVER」と入力し、[OK] をクリックします。この操作を正しく実行しても、処理が行われていないように見えるか、または砂時計が一瞬表示されることがあります。このコマンドを実行したら、操作は完了です。

  3. Windows インストーラー ベースのアプリケーションを再実行します。

方法 2: DCOM のアクセス許可を確認する

この方法では、DCOM の [既定の偽装レベル] を [識別する] に変更し、Msisip.dll ファイルを削除した後、Windows 2000 SP3 を再インストールします。

これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「dcomcnfg」と入力し、[OK] をクリックします。

  2. [既定のプロパティ] タブをクリックします。

    1. [既定の認証レベル] ボックスの一覧の [接続] をクリックします。

    2. [既定の偽装レベル] ボックスの一覧の [識別する] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「explorer /select, %windir%\system32\msisip.dll」と入力し、[OK] をクリックします。

  4. Msisip.dll ファイルの名前を Msisip.old に変更します。

  5. Windows 2000 Service Pack 3 を再インストールします。

方法 3: SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可を与える

  1. エクスプローラーを起動し、Windows がインストールされているドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [セキュリティ] タブをクリックし、[追加] (または [アクセス権]) をクリックします。

  3. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログ ボックスで [SYSTEM] アカウントをクリックします。[追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. [フル コントロール] の [許可] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  5. TEMP フォルダーをクリックし、SYSTEM アカウントにフル コントロールのアクセス許可が与えられていることを確認します。

方法 4: レジストリのアクセス許可を確認する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Regedt32」と入力します。

  2. レジストリ ハイブごとに、次の手順を実行します。

    1. ハイブを選択します。

    2. Windows XP の場合、[編集] メニューの [アクセス許可] をクリックします。

      Windows 2000 および Windows NT 4.0 の場合、[セキュリティ] メニューの [アクセス許可] をクリックします。

  3. SYSTEM アカウントが追加されていて、フル コントロールのアクセス許可が与えられていることを確認します。SYSTEM アカウントが追加されていない場合は、SYSTEM アカウントを追加し、フル コントロールのアクセス許可を与えます。

方法 5: MsiServer サービスの破損したセキュリティ キーを修正する

  1. Windows 2000 を使用してコンピューターを起動します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「regedit.exe」と入力し、次のキーの名前を Old_Security に変更します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSIServer\Security

  3. コンピューターを再起動します (これは必ず行う必要があります)。

  4. Windows インストーラー 2.0 の Instmsiw.exe を実行します。これによって、MSI サービスの破損したセキュリティ キーが修正されます。

プログラムを追加または削除すると表示される場合があるエラー メッセージの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

315346エラー メッセージ "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" が、Windows XP または Windows Server 2003 を搭載しているコンピューターでプログラムを追加または削除すると表示される

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×