イタリア: Dynamics AX 2012 R3 で 2018 年 10 月 23 日の L.D. 119 による VAT 管理の変更


Hotfix and Security Content Publishing: 109676

はじめに

2018年10月23日イタリア法 法令119(L.D.119/2018)は、付加価値税(VAT)管理の変更を導入しました 2019年7月1日に発効するイタリアで。変更の概要を次に示します。

  • VAT 支払人 VAT が発生した月の VAT 決済で入力 VAT を回収できます。 購買請求書を受け取って記録した場合でも、ポイントがトリガされます。 翌月の 15 日より前の入力 VAT 元帳。このルール 会計年度に VAT ポイントがトリガーされるトランザクションには適用されません。 仕入請求書を受け取る会計年度とは異なります。

  • 対象 サービスや商品の供給の供給、請求書はによって発行することができます VAT ポイントが トリガー。15 日前に発行および予約された請求書 VAT ポイントがトリガーされた月の翌月は、 前月の VAT 決済。

  • 現在は 請求書は、トランザクションの VAT ポイント ( は、商品の国内販売の配送日)です。特に、 請求書は VAT ポイントが トリガー。2019 年 7 月 1 日以降、請求書は 10 日以内に発行できます。 VAT ポイントの。請求書が VAT ポイントで発行されていない場合は、 には、請求日に加えて、VAT ポイント日付への参照が含まれます。

請求 書 翌月の15日前に予約されているが、 前の VAT 決済への参照は、順次を中断してはいけません 投稿。前月の VAT ポイント日付が、請求日が含まれる請求書 現在の月は、時系列で予約する必要があります。 現在の月  の請求書と これらの請求書が以前の VAT に関連しているという事実への言及 決済。

企業 その変更を適用せずに、同じ日に売上請求書を発行する L.D.119/2018 によって導入された場合は、引き続き準拠します。

概要

この修正プログラム は、Microsoft Dynamics AX 2012 R3でL.D.119/2018によって導入された変更をサポートするために提供されます。

ザ 規制機能は、VAT トランザクションの新しい日付タイプ フィールドを導入します –日付 VAT レジスタの。追加の日付は VAT ポイントとして機能します VAT トランザクションをの範囲に含める場合の決定基準 売上税決済期間と、事実上 VAT 返品レポート。

"VAT 登録日" アクティブ 化

日付 VAT 登録フィールドのはグローバルに共有され、法的に有効にすることができます 任意の国の基本住所を持つエンティティ。この機能をオンにするには "日付 VAT 登録の" コンフィギュレーション キーは、システム管理で有効にする必要があります >セットアップ>ライセンス>ライセンス構成の下 総勘定元帳>売上税>トランザクション日付 VAT 登録期間:

image.png

日時 "日付 VAT レジスタの " コンフィギュレーション キーが有効になっている場合、ユーザーはさらに定義できます VAT 登録の日付を使用した税ポイント売上税トランザクションの日付 フィールド。

"日付 VAT 登録"フィールドは、20 以上のフォームに表示されます。これらのフォームには、次のものが含まれます。 仕訳帳、販売注文、発注書、自由書式の請求書、仕入先請求書 仕訳帳、およびプロジェクト請求書。ドキュメントを更新または転記すると、 税は VAT レジスターの対応する日付を使用して転記され、 日付は、顧客および仕入先請求仕訳帳フォームなどのフォームに含まれます。

注意してください。 システムでは、値が"VAT 登録の日付"の請求書を転記できません 売上税決済期間の決算済期間のフィールドを指定します。

"日付 VAT 登録"フィールドは、次のレポートにも表示されます。

  • 一般 元帳 > レポート > 調整 > 売上税 >仕様

  • 一般 元帳 > レポート > 調整 > トランザクション >売上税 トランザクション

  • 一般 元帳 > レポート > 調整 > トランザクション > グループ化 >販売 税トランザクション - 詳細

  • 一般 元帳 > レポート > 調整 > トランザクション > グループ化 >販売 元帳トランザクション別税仕様

「の日付」の自動充填 VAT レジスター"値

"日付 VAT 登録" コンフィギュレーション キーは、自動充填の方法を選択することができます 売上税の VAT 登録入力パラメーターの日付を使用して"VAT 登録日付"フィールドの グループフォーム:

image.png

このオプションは、自動的に「VAT の日付」を入力します。 請求書の作成時に""フィールドを登録します。次の方法を選択できます。

  • 手動 –いいえ 値は VAT登録の日付フィールドに対して定義されます。ユーザーは手動で定義できます。 請求書転記前の値。

  • ドキュメントの日付 – 値 VAT 登録フィールドの日付は、ドキュメントで自動的に定義されます 日付の変更。

  • 転記日付 - 値 VAT 登録の日付フィールドは、転記時に自動的に定義されます 日付の変更。

  • 最終配送日- 最後の梱包明細 (販売注文の場合) または製品受領書 (購買用) の日付 受注) は、請求書の VAT 登録の日付として設定されます。

"VAT 登録日" 請求書の転記後の充填

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×