イベント 30818: NDK の切断によって、RDMA の接続が TCP にフェールバックする

現象

Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバーを使用するいると仮定します。特定の RDMA 対応ネットワーク アダプターを使用して SMB 経由でデータを転送するときに TCP RDMA 接続は失敗します。さらに、イベント ビューアーでイベント ID 30818 SMBClient イベントを定期的なが表示されます。

解決策

この問題を解決するには、更新プログラム 2919355 をインストールします。取得する方法の詳細については 2919355 の更新は、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Windows RT 8.1、8.1 の Windows および Windows Server 2012 R2 の更新年 4 月、2014

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×