イベント ID 2019 の Exchange Server でストアのワーカー プロセスがクラッシュしたとき 1002 および 2016

現象

2019 の Microsoft Exchange Server または Exchange Server 2016 には、メールボックス データベースが複数存在するいくつかのデータベース可用性グループ (Dag) があると仮定します。異なるデータベース上のメールボックスを別のストアのワーカー プロセスが不規則にクラッシュするという問題が発生する可能性があります。さらに、次のイベントがアプリケーション イベント ログに記録されます。

時刻:時

ID: 1002

レベル: エラー

ソース: MSExchangeIS

マシン:コンピューター名

メッセージ: 未処理の例外 (お: オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。

Microsoft.Exchange.Server.Storage.StoreCommonServices.AddressBookEID.IsAddressBookEntryId で (コンテキストのコンテキスト、バイトのエントリ Id] 5 d &] 5 d、文字列 & emailAddr)

Microsoft.Exchange.Server.Storage.StoreCommonServices.AddressInfoGetter.GetAddressType (コンテキストのコンテキスト、ISimpleReadOnlyPropertyBag バッグ、AddressInfoType ait) で

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムのいずれかをインストールします。Exchange Server 2019、2019 の Exchange Server の2019 の Exchange Server 用の累積的な更新の 1または後で累積的な更新をインストールします。

Exchange Server の 2016 の Exchange Server 2016 2016 の Exchange Server 用の累積的な更新 12または後で累積的な更新をインストールします。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×