インドのバージョンの Microsoft Dynamics AX 2012 r3 の場合、Microsoft Dynamics AX 2012 R2、および Microsoft Dynamics AX 2009 の SP1 では、企業法 2013年による減価償却の通常の機能

テンプレート: AX の修正プログラムのテンプレート

関連情報

BUG #: 3386647 (DAXSE)バグ #: 3386648 (DAXSE)は BUG #: 3386649 (DAXSE)は BUG #:コンテンツのメンテナンス (217993)

この資料は、Indian(in) の地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。

概要

2013 法の新しい減価償却の規定は、適用可能な (w.e.f. 1 2014 年 4 月) に行われます。規定する必要があります、コンパイル、2014 年 4 月から mandatorily に従ってスケジュール II では、資産の残りの耐用年数で減価償却には、携帯用のコストとされ、Nil を残りの有効期間、在庫維持費を (後の残存価値を維持したまま) 利益剰余金の期首残高に認識されるようにします。
会社法では、[2013 年減価償却が必要で以前使用していた減価償却の方法に関係なく資産の耐用年数を計算します。
今すぐコスト、資産の一部の資産の総所有コストを大幅なあり、その部分の有効期間は、残りの資産の耐用年数とは異なることの重要な要素の有効期間は決定とは別にコンポーネント ・ アカウンティングの下。同様にプラントとシフトの下で使用する機械、2 シフト制の作業が発生した場合の 50% と 100% を 3 シフト制の作業が発生した場合、減価償却費が増加を計算します。

コンポーネント ・ アカウンティングの詳細については

スケジュールの一部の c 言語で指定されている耐用年数は、資産の全体です。資産の一部のコストは、資産の総所有コストを大幅と、その部分の有効期間は残りの資産の耐用年数とは異なる、その重要な要素の有効期間を個別に決定してください。したがって、コンポーネント ・ アカウンティングは、厳重に管理、会社法の概要、2013 は必須です。
コンポーネント ・ アカウンティングのアプリケーションで、最初に、個別の減価償却費を必要とする主要なコンポーネントを識別します。スケジュール II の有形固定資産を持つ項目の部分にのみ個別の減価償却する必要があります: i) 多大なコストと耐用年数の資産の残りの部分から ii) 異なる。
Microsoft Dynamics AX インド会社法 2013の詳細についての資料を参照してください。

減価償却は、「耐用年数」または「サービスの残り」の方法に従って計算されます。

解決策

修正プログラムの変更は、この機能を有効にします。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspxこれらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contactsお客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。


「解決方法」セクションでは、最新 service pack または修正プログラムとして、この修正プログラムが提供されているかを示しています。比較およびテストには、オリジナルの修正プログラムはhttp://hotfix web サイトで利用可能です。

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用する必要があります。
この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかする必要があります。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×