問題

オンプレミスの Microsoft Exchange Server 環境での Outlook Web App へのアクセスを無効にして、ユーザーがメールボックスへのアクセスをブロックすることを試みます。 たとえば、Exchange 管理センターを使用して Outlook Web App を無効にします。 または、次の Exchange PowerShell コマンドレットを実行します。

Set-CASMailbox <Identity> -OWAEnabled $False 

ユーザーが Outlook Web App を介して自分のメールボックスにアクセスしようとしたときに、次のメッセージが表示されることを想定しています。

Outlook Web App は現在、ユーザー <EmailAddress に対して無効になってい>ただし、現時点では、この設定は有効ではないため、ユーザーは引き続き Outlook Web App にアクセスできます。 ユーザーのメールボックスへのアクセスを制限する別の方法を見つけることをお勧めします。

解決方法

オンプレミスの Exchange Server 環境に Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 2 (CU2) をインストールします。 CU2 for Exchange 2013 の詳細については、次の Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2859928 Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム2の説明

回避策

この問題を回避するには、active directory ユーザーとコンピューターを使用して、Active Directory 環境へのユーザーのログオン機能を削除して、メールボックスへのアクセスを無効にします。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [Active Directory ユーザーとコンピューター] を開きます。

  2. 編集する情報が含まれているユーザーを見つけます。 これを行うには、検索機能を使用します。 または、ユーザーが所属する組織単位を参照します。

  3. ユーザーをダブルクリックし、[ <ユーザー名> のプロパティ ] ダイアログボックスで、[ アカウント ] タブをクリックします。

  4. [ アカウントオプション] で、[ アカウントは無効] を選び、[ OK] をクリックします。

詳細情報

メールボックスへのユーザーアクセスをブロックする一般的な方法は、そのユーザーの Outlook Web App などの接続プロトコルを無効にすることです。 たとえば、管理者は、ユーザーが Exchange ActiveSync にアクセスできるが、Outlook Web App を使用しないようにする場合に、この操作を行うことができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×