オーソリテイティブ ・ リストアを実行した後、kpasswd プロトコルが失敗したときのエラー コード:"KDC_ERROR_S_PRINCIPAL_UNKNOWN"

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Krbtgt アカウントで Windows Server 2008 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのドメインで権限のある復元を実行します。この操作を実行した後、kpasswd プロトコルが失敗し、KDC_ERROR_S_PRINCIPAL_UNKNOWN のエラー コードが生成されます。また、kpasswd プロトコルを使用してユーザーのパスワードを設定することができますがあります。また、この問題は、kpasswd プロトコル、ドメインとマサチューセッツ工科大学 (MIT) 領域との間の相互運用性をブロックします。たとえば、ユーザーが提供処理中に Microsoft の個人情報のライフ サイクル管理を使用してユーザーのパスワードを設定できません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×