クライアント アプリケーションは、Exchange Server 2019 および 2016 EwsAllowList を優先しません。

現象

2019 の Microsoft Exchange Server や Exchange Server 2016 は、クライアント アプリケーションがセット OrganizationConfigコマンドレットのEwsAllowListパラメーターを使用して、残りの部分と、EWS を使用しないようにしようとすることを想定しています。ただし、アプリケーションが、 EwsAllowListパラメーターを優先しない問題が発生します。クライアント アプリケーションは、 EwsAllowListの値が (残りの部分と、EWS を使用してすべてのクライアント アプリケーションを防止) を null に設定されている場合でも、Exchange Server への接続に、残りの部分と EWS を使用できます。

原因

この問題は、すべてのユーザーが既定では、オンプレミスの Exchange を null にEWSEnabledパラメーター セットを持っているために発生します。この設定では、 EwsAllowListをチェックせずにアクセスするためEWSEnabledに null が設定をされているすべてのクライアントができます。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムのいずれかをインストールします。Exchange Server 2019、2019 の Exchange Server の2019 の Exchange Server 用の累積的な更新の 1または後で累積的な更新をインストールします。

Exchange Server の 2016 の Exchange Server 2016 2016 の Exchange Server 用の累積的な更新 12または後で累積的な更新をインストールします。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×