はじめに

Microsoft Dynamics 365 のサービス更新プログラムの 2 8.2.0 が可能になりました。 この資料では、修正プログラムおよびサービスの更新の 2 に含まれる更新プログラムについて説明します。

更新プログラム パッケージ

ビルド番号

サービス更新プログラム 2 の Microsoft Dynamics 365 8.2.0

8.2.0.0774

組織にこの更新プログラムの適用があったかどうかを確認するのには、Microsoft Dynamics 365 のバージョン番号を確認します。 右上隅で、歯車アイコンをクリックし、[バージョン情報

サービス更新プログラム 2 には、次の問題が解決されます。

パフォーマンスの向上

次の一覧では、Dynamics の機能、速度、解像度を向上させる問題について説明します。

  • システム全体にわたるパフォーマンスの更新プログラムがこの更新プログラムで行われました。

予期しない動作

次のリストの詳細解像度を修正する問題が意図したとおりに動作しない Dynamics のアクションが実行されます。

  • 8.0 からアップグレードする組織では、アップグレード後は使用不可にするビジネス プロセス フローの原因で、null の BusinessProcessType 値を持つことができます。

修復機能

次のリストの詳細解像度の問題が機能していないように内の項目を修復します。

この更新プログラムで修正された機能に関連する修正プログラムはありません。

エラー メッセージ、例外、およびエラー 

次のリストの詳細解像度を修正する問題エラー、例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を生成する操作です。

  • 主エンティティとしてのシステムのユーザーに同期ワークフローがトリガーされたときにエラーをスローします。

  • 組織では次のエラーによりアップグレードが失敗する:"'機会' エンティティ名を持つ属性を含まない = 'msdyn_workordertype'」。

リリース一覧に戻る

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×