サービス スタックの更新プログラムが Windows 8 と Windows Server 2012 を使用できます。

現象

この資料では、Windows 8 と Windows Server 2012 で利用可能なサービス スタック更新プログラムについて説明します。更新プログラムをインストールした後、次の問題は解決されます。

問題 1

Windows 8 または Windows Server 2012 ベースのコンピューターでは、Windows の更新プログラムの適用性のスキャンを実行するときに高い CPU 使用率が発生します。さらに、適用性のスキャンに時間が予想よりもかかります。

問題 2

重複したエントリは、Windows 8 または Windows Server 2012 ベースのコンピューターが自動の Windows 更新プログラムの適用性のスキャンを実行すると、CBS ログ ファイルに記録されます。

注 CBS ログ ファイルのパスは、C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log です。

問題 3

次のような状況を考えます。

  • Windows 8 または Windows Server 2012 ベースのコンピューター上には、Windows Internet Explorer を起動します。

  • Internet Explorer (更新 2755399) で、Adobe Flash Player はマイクロソフトの更新プログラムをインストールします。

  • 次の操作のいずれかを実行するとします。

    • ドライバーを含む更新プログラムをインストールします。

    • ドライバーに含まれていない更新プログラムをインストールし、ドライバーを含む更新プログラムをインストールします。

  • 別の更新プログラムをインストールして、コンピューターを再起動します。

このシナリオでは、更新プログラムがインストールされていません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

0x80004004 (E_ABORT)

問題 4

Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターで最新のドライバー更新プログラムをインストールすると、次の場所の特定のシステム ドライバー (たとえば、Acpi.sys) は更新されません。

systemdrive:\Windows\System32\drivers

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×